無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/5-15は台湾旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 【東ヨーロッパ】 ポーランド チェコ

-

東欧旅全体の費用集計&まとめ2017 チェコとポーランド14日間で総額111,537円です!安く感じる!

   

投稿日:2018-02-23 更新日:

2017年9月の東欧旅の、全体の費用集計とまとめの記事を書いてみます。

各記事へのリンクは、タグの2017旅-6をご覧ください。

旅の期間は、2017年9月2日~15日の14日間です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

移動日程と経路


↑地図

こんな感じで移動しました。

2017年
9/02 日本出発(羽田空港)
9/03 ⇒プラハ⇒ターボル⇒チェスキー・クルムロフ
9/04 チェスキー・クルムロフ
9/05 チェスキー・クルムロフ⇒ブルノ

9/06 ブルノ⇒ミクロフ
9/07 ミクロフ⇒ヴァルチツェ⇒レドニツェ⇒ブルノ
9/08 ブルノ
9/09 ブルノ⇒クラクフ
9/10 クラクフ⇒ザリピエ⇒クラクフ

9/11 クラクフ⇒ヴロツワフ
9/12 ヴロツワフ⇒プラハ
9/13 プラハ
9/14 プラハ⇒
9/15 日本帰着(成田空港)

機内2泊を含めて、合計13泊14日間の旅でした。

行った国はチェコとポーランドの2ヶ国です。

日程を書きだして改めて気づいたのですが、盛りだくさんの忙しい旅でしたねー。

移動してないのが3日間しかありませんから。

 

といったところで、各項目ごとに費用集計結果をご紹介します。

 

全体の費用集計

食費17,625円(平均1,602円/日)

この値段は納得どころか、むしろ安く感じます。

美味しい東欧料理とかビールとかを、たっぷり楽しんできましたから!


↑チェコ料理

例えばこのチェコ料理(サーロイン)は209コルナ(≒1,045円)で、

ビールは35コルナ(≒175円)です。

見た目のわりに安くないですか!?


↑ポーランド料理

ポーランドのヴロツワフのバーなんて、もっと安かったです!

ビールは4ズウォティ(≒120円)で、ソーセージとパンは8ズウォティ(≒240円)でした。

安くて美味しくて本当に幸せでした。

 

宿泊費:18,140円(平均1,649円/日)

数年前と比べると値上がりした感もありますが、それでもまだ割安に感じます。

だってヨーロッパの観光地ですしね!

宿泊情報は別ブログにまとめてありますので、よろしければご参考にしてください。

無職旅のホテル情報より、『チェコのホテル』一覧と、『ポーランドのホテル』一覧です。


↑部屋

いつもドミトリー(相部屋)に泊まってましたが、

チェコのミクロフで1回だけ贅沢してシングルルームに泊まりました。

30ユーロ(≒3,897円)は痛い出費でしたが、部屋は広いし眺めはいいしで、最高の宿泊でした。

 

って、改めて見直すとさほど高くないですね。

東京だと高めのカプセルホテルなら同じくらいしますし。


↑部屋

何故か分かりませんが、ポーランドは宿泊費が安いんですよねー。

ドミトリーが朝食付きで1,000円くらいでしたから。

東南アジアと同じくらいです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

交通費:72,022円

日本からの航空券 58,970円 中国東方航空:東京⇔プラハ往復(上海経由)
旅先の国内交通 6,022円 地下鉄とか長距離バスとか
旅先の国際交通 2,850円 国際バスに2回乗車


↑移動経路

さっきの地図をもう一度。

こうしてみると、旅先の交通費は安かったかなあと思います。

この青い線の部分に加えて、町中の交通(地下鉄とか)も合わせて、それで8,872円ですから。

 

日本からの航空券は、スカイスキャナー で検索して、航空券予約 サプライスで手配しました。

欲をいえばもう1万円くらい安くしたかったですが、ヨーロッパの往復で5万円台ですから、まあ良しとしましょう。

 

入場料:1,750円


↑ターボルの街並み

町歩きを多めに楽しんだという事もあって、この項目は安くなりました。

もし仮にプラハ城とか美術館とかに多めに入場したとしても……それでも総額5,000円くらいですかねえ。

チェコやポーランドは入場料が安いのも嬉しいです。

例えばターボルの教会の塔だって、この景色+展示室で50コルナ(≒250円)でしたし。

 

エンターテイメント:0円

劇場とかアトラクションとかの項目ですが、そういうのはありませんでした。

2018年は文化的な活動も増やしてみますかねえ。

 

ツアー代:0円

今回の旅では、現地ツアーには参加しませんでした。

宿がツアーデスクを兼ねている所も多いですし、こういう活動も増やしてみてもいいかもです。

ガイドブックに載っていないような、マイナーで楽しい場所とかに行けるかもしれませんので。

 

その他:165円

この項目は3つありました。

・石けんを買った

・有料のトイレに入った

そして、


↑自販機

チケットの自販機にお金を飲まれた(約90円)という事です。

そういえば東欧旅はずっと順調だったので、トラブルらしいトラブルはこれ1件だけですね。

 

お土産代:内緒


↑お菓子とかワインとか

正直なところ、けっこう買いました。

集計してて驚いちゃったくらい、あれこれ買ってました。

でもいいんです。

皆が喜んでくれましたし、買い物してる時間も楽しかったですから。

 

東欧旅のお土産については、別記事にまとめてあるので、そちらをご覧ください。

……と思ったら、まだ書いてなかったみたいです!!!

近日中に書きます!

 

書籍代:1,836円

チェコとポーランドは1冊の本にまとまっているので便利です。

Amazon ⇒ 地球の歩き方『チェコ・ポーランド・スロヴァキア編

 

 

それでは各項目が出そろったところで、合計金額の発表です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

総合計

13泊14日のチェコ・ポーランド旅の総額費用

 

 

 

 

 

 

 

111,537円

 

 

でございます。
(お土産代抜きで)

だいたい想定通りでした。

いつも使っているようなフレーズではありますが、

あれだけ楽しんだ事を考えると、けっこう安かったんじゃないかと思います。

 

しかもヨーロッパですからね!

『ヨーロッパなのに意外と安い』というのが、東欧旅の最大の魅力なのではと思います。

例えば宿泊を、ドミトリー(相部屋)から全てシングルルームに変更しても、プラス2~3万円くらいですし。

お城とか多めに観光しても、総額15万円もあれば余裕で足りる事でしょう。

 

いつも書いてるので聞き飽きた方もいらっしゃるかもしれませんが、今回も書いておきます。

超面白くて
しかも物価が安いので
東欧(特にチェコとポーランド)の旅を
強く強くオススメします!

 

そういえば「無職旅を読んで実際に行ってみました」という話を、定期的に聞いたりします。

もしチェコとかポーランドの偉い人がこれをお読みでしたら、できれば褒めてくれると嬉しいです。

 

まとめ


↑チェスキー・クルムロフの街並み

各国とか各都市の魅力とか情報をまとめてありますので、合わせてお読みいただけると嬉しいです。

国ごとのまとめ

チェコ旅の費用集計&まとめ2017 首都も田舎も素晴らしすぎ!何回も行きたくなる!(これで4回目)

ポーランド旅の費用集計&まとめ2017 特に強調したいのは『物価が安い』こと。強くオススメの国です!

 

町ごとのまとめ

ターボル旅の小まとめ(2017年9月) 素晴らしい街並み+旅っぽさを味わえる!

チェスキー・クルムロフ旅の小まとめ(2017年9月) 中世の雰囲気、個人的ベスト5に入る素晴らしい町です!

ブルノ旅の小まとめ(2017年9月) 町中だけじゃなく郊外にも世界遺産の観光地等があります

ザリピエ旅の小まとめ(2017年9月) 可愛いペイントの家とかダヌータさんとか、とても印象的な村です

クラクフ旅の小まとめ(2017年9月) 東欧を代表する観光都市!凄く楽しいので超オススメです!

ヴロツワフ旅の小まとめ(2017年9月) 素敵な旧市街を落ち着いて楽しめる良い町です

プラハ旅の小まとめ(2017年9月) 楽しくて美味しくて安くてほぼ完璧な観光都市、超オススメ!

 

個々のブログ記事

タグの2017旅-6

 

参考資料

現地費用の集計表

 

東欧で泊まったホテル情報

無職旅のホテル情報より、『チェコのホテル』一覧と、『ポーランドのホテル』一覧です。

 

東欧旅の動画


↑最初の動画

リンク:Youtubeの再生リスト 無職旅 東欧編

全32回で、まったりと東欧旅の様子をレポートしています。

チャンネル登録して頂けるととても嬉しいので、ぜひぜひよろしくお願いします!

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, 【東ヨーロッパ】, ポーランド, チェコ
-

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.