無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/2-14は真冬のロシア旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ポーランド

ヴロツワフ旅の小まとめ(2017年9月) 素敵な旧市街を落ち着いて楽しめる良い町です

   

投稿日:2017-11-30 更新日:

おはようございます。

今日はポーランドのヴロツワフの小まとめです。

各記事へのリンクは、タグのヴロツワフをご覧ください。

2017/9/11~12であちこち回りました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

場所


↑地図

ヴロツワフはポーランドの南西部にあります。

ドイツやチェコからも近いです。

 

移動

クラクフから

バスで3時間ちょいです。

私は安くて快適なポルスキバスを愛用しています。

日付や時間で異なりますが、私が乗ったバスは16ズウォティ(≒480円)でした!

東南アジア並に安いですね。

 

チェコのプラハから

私はポルスキバスを使って、5時間で移動しました。

渋滞がなければもっと早いと思います。

 

観光

ヴロツワフ旧市街の散歩


↑街並み

今回の小まとめシリーズだと、だいたいまず最初に『旧市街の散歩』をオススメしてますね。

でも決して手抜きではなくて、本当にそれが一番楽しいと思っているからなのです。

でもこの綺麗な街並みを見て頂ければ、それも納得ですよね。

観光客が少なめなので、落ち着いて散策できるのも嬉しいです。


↑街並み

私は入場しませんでしたが、旧市街の中心部にある市庁舎(アート博物館)は興味をそそります。


↑アート

ヴロツワフにはパブリックアートも多くて楽しいです。

地下に潜っていく人たちは、道路の向こうから出現していました。


↑アート

市内200ヶ所以上に、こういった妖精の像があります。

インフォメーションでマップをもらえるらしいので、それを見ながら完全制覇を目指すのも楽しいかも。

 

百周年記念ホール


↑噴水ショー

郊外にある百周年記念ホールは、世界遺産に登録されています。

正直なところ私の心にはそれほど響きませんでしたが、世界遺産好きな人はチェックしてみてもいいかと思います。

町中からトラムで簡単に移動できます。

 

日本庭園(シチトゥニツキ公園)


↑看板

百周年記念ホールのすぐ隣に公園があり、その中に日本庭園があります。

入場無料です。


↑庭園

『面白ファンタスティックな日本っぽさ』は皆無で、完璧に完全に日本の雰囲気でした。

癒しと感動の気持ちになりましたので、こちらは普通にオススメです。

 

その他

バスで1~2時間かかりますが、『ヤヴォルの平和教会』とか『シフィドニツァの平和教会』なども、ヴロツワフを拠点として観光に行けるようです。

世界遺産に登録されていますし、きっと立派な教会なのだと思います。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

食事

Przedwojenna


↑バー

トリップアドバイザーで調べて、人気店のPrzedwojennaに行ってみました。

地元の人で賑わうバーなのですが、美味しいのに値段が安くて、とても素晴らしいです。

ビールは4ズウォティ(≒120円)、ソーセージとパンは8ズウォティ(≒240円)でした。

私はビールは苦手なのですが、これは超美味しいと思いました。

 

Pierogarnia Stary Mlyn


↑ポーランド料理

もう一軒は市庁舎の隣にあるPierogarnia Stary Mlynです。

こちらはレストランで、ポーランド料理を気軽に楽しめます。

自家製パスタ入りのトマトスープは、10.76ズウォティ(≒323円)。

酸味があって美味しいです。


↑ポーランド料理

ポーランドを代表する料理のひとつであるピエロギは、16.46ズウォティ(≒494円)でした。

餃子みたいですが、中身や味付けはヨーロッパ風です。

 

宿泊

シナモン ホステル (Cinnamon Hostel)


↑宿

シナモン ホステル (Cinnamon Hostel)に泊まりました。

ドミトリー(相部屋)で33ズウォティ(≒990円)です。

旧市街からも近くて便利なので、スケジュールに余裕があればもっとゆっくり滞在したかったです。

 

買い物


↑市庁舎

市庁舎の周辺にはお土産物屋さんがたくさんありました。

中世っぽい民芸品とかを買うと、いい記念になりそうですね。

 

動画

動画もご覧いただけると嬉しいです。

ビールの美味しさに感激して上機嫌になって、細かすぎるモノマネとかをしています。

無職旅 東欧編の再生リスト

チャンネル登録もぜひぜひよろしくお願いします!

 

まとめ

そんな感じの、ヴロツワフ旅の小まとめでした。

穏やかで可愛らしい雰囲気が、とても気に入りました。

ゆったりした気持ちでヨーロッパの旧市街を味わえます。

旅をした時のブログ記事もお読み頂けると嬉しいです⇒タグのヴロツワフ

 

私はクラクフ⇒ヴロツワフ⇒プラハというルートで移動しました。

ドイツにも近いですし、周辺国からの中継都市としてヴロツワフに立ち寄ると、効率の良いルート作りができそうです。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ポーランド
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.