無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/2-14は真冬のロシア旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ポーランド

ザリピエ旅の小まとめ(2017年9月) 可愛いペイントの家とかダヌータさんとか、とても印象的な村です

   

投稿日:

こんにちは。

ポーランドのザリピエを旅した小まとめを書いてみます。

各記事へのリンクは、タグのザリピエをご覧ください。

2017/9/10に、クラクフから日帰りでザリピエを旅しました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

場所


↑地図

ザリピエはポーランド南部にある小さな村です。

近隣の都市はクラクフやタルヌフなので、そこを拠点として日帰りで観光するのが良さそうです。

 

移動

クラクフから

まずはタルヌフまで移動します。

バスで1時間半くらいです。

 

タルヌフから


↑タルヌフの街並み

駅やバスターミナルの近所に公園があって、その脇にバス停があります。

ザリピエまでは直通のミニバスで1時間くらいです。

土日は本数が減るのでご注意ください。

 

ちなみに『Dabrowa Tarnowska』という町を経由して、ミニバスを乗り継いで行く事もできます。

私はそうしましたが、けっこう大変でしたので、直通のミニバスをオススメします。

 

観光

ペイントされた家


↑家

ザリピエ最大の見所は、綺麗にペイントされた家たちです。

可愛い家を見ながらのんびり散歩すると、とても癒されます。

 

文化センター(Dom Malarek)


↑施設

文化センターのDom Malarekです。

小さな博物館とかインフォメーションも兼ねてるらしいのですが、よく分かりませんでした。

敷地にある小屋とか井戸は可愛いです。

ベンチもあるのでゆっくり休憩できます。

 

フェリツィア・ツリウォ博物館


↑博物館?

残念ながら私が行った時は閉まっていました。

改装中っぽいです。

 

ダヌータさんの家


↑ダヌータさんと家

いちばん印象に残っているのは、こちらのダヌータさんの家です。

さっきの文化センターから、南に300メートルくらいです。


↑ダヌータさんの家

道を歩いていたらダヌータさんが声をかけてくれて、家の中を見学させてくれました。

親切で朗らかなおばさまです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

食事

謎です。

私が歩いた範囲では、レストランどころか売店も見当たりませんでした。

日曜日という事もあるのかもしれませんが、もともとお店は少ないようです。

飲食物を持参して行くのが良いかと思います。

 

宿泊

こちらも謎です。

地球の歩き方によると『民宿が2軒ある』そうですが、それらしき家は見当たりませんでした。

クラクフやタルヌフから日帰りで行くのが無難ですね。

 

買い物


↑鳥

ダヌータさんの家に、小さな民芸品コーナーがありました。

ザリピエらしい綺麗なペイントの小物類です。

左が25ズウォティ(≒750円)で、右が20ズウォティ(≒600円)でした。

ちなみにダヌータさんの家以外で、何か売っているお店を見つける事はできませんでした。

 

動画

移動に苦労したり、ザリピエで感激したりしてます。

旅っぽい内容になっていて、自分でもお気に入りの一本です。

無職旅 東欧編の再生リスト

 

その他

クラクフやタルヌフからレンタカーで移動すると、だいぶ楽だと思います。

またザリピエの中も、レンタサイクルで回った方が楽そうです(どこで借りたらいいのか分かりませんが)

 

まとめ


↑看板

そんな感じの、ザリピエ旅の小まとめでした。

結論としては、とてもとても良かったです。

今回の東欧旅でいちばん印象的だったのは、ザリピエかもしれません。

 

・苦労して移動した
・ヨーロッパののどかな村を散歩できた
・地元の人と触れ合えた

などなど、旅っぽさをたくさん味わえたからです。

もちろんペイントされた家も、とても可愛かったですし。

 

ザリピエは色々な魅力があります。

ちょっと不便なところも含めて楽しいので、オススメです。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ポーランド
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.