無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/2-15は東欧に行ってきます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

タイ

バンコク旅の小まとめ(2017年7月) 小さくまとめられないくらい魅力が多くて楽しい町!

   

投稿日:2017-08-22 更新日:

こんにちは。

前回のタイ旅の小まとめとして、バンコクについて書いてみます。

各記事へのリンクは、タグのバンコクをご覧ください。

以前の旅も出てきちゃいますが、2017年7月8日~18日が今回の旅の分です。

 

それにしても書きたい事が多過ぎるので、上手くまとめられるか心配です。

それだけバンコクが魅力の大きな町という事ですね。

【追記】上手くまとまらなくて、長くなってしまいました

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

場所


↑地図

タイの首都バンコクは、ここら辺にあります。

タイだけではなく、東南アジア旅の拠点としても重要な町です。

日本よりもだいぶ南にあるので、けっこう暑いです。

 

移動(成田から飛行機)

今回は成田空港から、エアアジアでバンコクへ往復しました。

成田からバンコクへは、直行便でだいたい6時間くらいです。

安くて便利なLCC(格安航空会社)のエアアジアですが、日本からの就航本数も増えてくれて助かります。

 

エクスペディアで予約して、往復で31,150円くらいでした。

個人的には、まあまあの値段かなーと思います。

ちなみに私が行った近辺だと、一番安い日は24,500円くらいでした。

航空券比較(予約)の他のオススメ⇒スカイスキャナーJTB海外航空券サプライス

 

観光

寺院の見学

ワット・プラケオ


↑寺院

バンコクには色々な観光スポットがありますが、やはり寺院見学がメインというか基本なのかなーと思います。

まずはタイを代表する格式高いお寺のワット・プラケオ

久々に見学しましたが、色々と凄くて、タイっぽさを存分に味わえました。

あと『初めての旅の初めての観光』を思い出して、少ししんみりしました。

関連記事:7/10バンコクのワット・プラケオを見学、旅の原点でもある思い出深いお寺です

 

ワット・ポー


↑仏像

その隣にある、ワット・ポー

敷地が広くて静かなエリアもあるので、じっくりゆっくり見学できて良かったです。

入場料が割安という事もあって、個人的にはワット・プラケオよりもお気に入りです。

関連記事:7/17カオサン近所のGecko Barでカレー、そしてワット・ポーをじっくり見学

 

ワット・アルン


↑寺院

お次はワット・アルン

スケジュールや天気の都合で、入場はしませんでした。

でもチャオプラヤー川を船で行ったり来たりするだけでも、けっこう楽しいんですよねー。

 

ルンピニー公園


↑公園

改めて振り返ってみたら、寺院以外はほとんどバンコク観光していない、という事に気づきました。

でもその分、町歩きをたっぷり楽しんでますしね。

行きそびれてしまった場所もいくつかありますが、『割と適当に過ごす』という方が、バンコクらしくていいのかも。

 

ターオ・マハー・ブラマ


↑祠

お参りとかお願いとかは、何回かしました。

最近いい事がしばしばあるので、ご利益あったように思います。

 

カオサン通り


↑街並み

観光のくくりに入れるのはおかしいかもしれませんが、旅人の聖地のカオサン通りです。

特に何をしたって事もないのですが、ここら辺を散歩すると楽しい気持ちになります。

色々な人がいるので、良い面もあれば悪い面もありますが、そういうのを全部含めて面白い場所だと思います。

定期的に行きたくなりますね。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

宿泊


↑カプセルホテルっぽい宿

「情報を集めて提供したい!」という謎の使命感(?)もあって、バンコクでは6ヶ所に泊まりました。

宿ごとに情報をまとめましたので、興味がある方は合わせてお読み頂けると嬉しいです。

ドンムアン空港で野宿(バンコク、0円)空港野宿のなかでは比較的良い環境かも
ザ ミックス ホステル(バンコク、ドミトリーで594円でした) カオサン周辺から近くて安くて無難なドミトリー
ファン ワン ホステル(バンコク、ドミトリーで445円でした) 値段は安いけど快適、ナーナー駅から近くて便利でコスパ良しの安宿
ビーンホステル(バンコク、ドミトリーで1,139円でした) MBKから徒歩圏内というのが超嬉しい安宿
フォーサンズ プレイス(バンコクのカオサン通り周辺、1,642円、カオサン周辺で快適に泊まるならここがオススメ)
ザ キューブ ホステル(バンコク、ドミトリーで1,221円でした) 安くて快適なカプセルホテル、BTSの駅からも近くて便利

 

どの宿も良かったですが、特に印象的だったのはキューブホステルですね。

とにかく快適で快適で。

旅人だけじゃなく、経費削減中のビジネスマンにもオススメしたいくらい良かったです。

 

食事

タイ料理は何もかもが美味しかったので、食べた物を全部紹介したい所です。

でも心を鬼にして厳選します。

 

プーパッポンカリー


↑カニ

まずは超有名店ソンブーンのプーパッポンカリーです。

これとチャーハンとジュースで総額2,287円もしたので、一般的なタイ料理に比べるとかなり高いです。

でもその値段も納得……どころか、むしろ割安に思えるくらい美味しかったです。

お店の雰囲気も良いですし、誰かを案内する機会があったら、真っ先にお連れしたいです。

関連記事:7/11ソンブーンのプーパッポンカリー美味しい、それからバンコク⇒サメット島の移動

 

トムヤムクンラーメン(全部乗せ)


↑麺

人気店のP’Aorのトムヤムクンラーメン(全部乗せ)です。

エビにイカにその他諸々入ってて100バーツ(≒330円)でした。

しかもスープが超美味しいんです。私が食べたトムヤムクンの中で、過去最高に美味しかったです。

 

美味しいものを安く気軽に食べられる。

タイ旅の醍醐味のひとつですね。

関連記事:7/14サメット島⇒バンコク(船とバス)、P'Aorのトムヤムクンラーメンが感激の美味しさ!

 

屋台のラーメン


↑麺

カオサン周辺の屋台で食べたラーメンは、20バーツ(≒66円)でした。

結局はどこで何を食べても美味しいんですよね。

『私の好みに合う』という事もあるのでしょうが、実際にタイ料理はレベルが高いのだと思います。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

買い物

MBK


↑商業施設

大きなショッピングセンターのMBK(マーブンクロンセンター)

前から「ここに来ればたいがいの用事は済ませられる」と思ってましたが、やっぱりその通りでした。

メイドカフェも楽しかったし、お土産物とか電化製品とか色々見て回ってたら、MBKに5時間も滞在してました。

関連記事:7/15昼のバンコク散策 美味しいトムヤムクンラーメンとか、MBKのメイドカフェとか

 

セントラルワールド


↑スーパー

ここは初めて行きましたが、セントラルワールド7階のスーパーマーケットも、とても良かったです。

タイ食品をたくさん買いました。

次にバンコクに行く時は、もっと大きなカバンで行こうと思いました。

関連記事:7/17セントラルワールド7階のスーパーでお土産を買う、そしてカオマンガイの超人気店で夕食

 

ウィークエンドマーケット


↑商品

ウィークエンドマーケット(チャトゥチャック)にも行きました。

16年ぶりくらいに訪れたのですが、品揃えが凄いし値段も安いしで、かなり驚いたり興奮したりしました。

日中の屋外は暑いですが、それでもまた行きたくなる魅力的な市場です。

関連記事:7/16バンコクのウィークエンド・マーケットを散策、品揃えが凄すぎるので強くオススメな場所です

 

エンターテイメント

タイマッサージ


↑足マッサージ

マッサージも何回かしてもらいました。

観光地の相場としては、1時間250バーツ(≒825円)くらいです。

カオサン周辺は安心できるお店が多くて良いです。

散歩⇒観光⇒食事⇒買い物⇒マッサージみたいな行動をすると、

「優雅に楽しく過ごせてるなー」という実感があって嬉しくなります。

 

その他

バンコクの他のエンターテイメントは、ムエタイとかニューハーフのショーとかが有名ですね。

場所とかお金とか諸々の都合により、今回は行きませんでしたが、もし行ってたら行ってたで大興奮だったと思います。

 

まとめ

そんな感じの、バンコク旅の小まとめでした。

この記事を書いてみて改めて思ったのですが、やっぱりバンコクは面白過ぎる町です。

最初から最後まで、だいたい全部が楽しかったですからね。

私はバンコクに行くのは6回目くらいですが、飽きるどころかより強く楽しめた気がします。

 

もちろんこの記事に書ききれなかった部分にも、楽しい事がたくさんありました。

『ハイライトがどこなのか分からない』という点で、記事としては単調になってしまったかもですが……でも全部楽しかったんだから仕方ないですよね。

 

広告リンク:H.I.S. タイ旅行

東南アジアの中では、バンコクはぶっちぎりに楽しい町だと思います。

『安くて楽しくて、少しだけ刺激的な海外旅行』をしたい人なんかにも、強くオススメのバンコクでございます。

次回の記事でサメット島も合わせた費用集計を書きますので、そちらもお読み頂けると嬉しいです。

あとタイ旅の動画もよろしくお願いします!

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-タイ
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.