無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/2-15は東欧に行ってきます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

タイ

サメット島の旅の小まとめ(2017年7月) 賑やかでのんびり、バンコクからも近くてオススメの島です

   

投稿日:2017-08-18 更新日:

こんにちは。

前回のタイ旅の小まとめという事で、サメット島について書いてみたいと思います。

各記事へのリンクは、タグのサメット島をご覧ください。

旅の期間は2017年7月11日~14日の4日間です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

場所


↑地図

サメット島は、タイのここら辺にあります。

タイのビーチリゾートといえば、プーケットやサムイ島などが有名ですが、それらよりもずっとバンコクに近いです。

バンコクから日帰りで行くことも可能な距離です。(かなり忙しいですが)

 

移動(バンコクから)


↑バスターミナル

バンコクの東バスターミナル(エカマイ)から、まずはバーンペーまで移動します。

バスは151バーツ(≒498円)で、所要4時間でした。

200バーツのミニバスだと、もっと早いみたいです。


↑船

バーンペーからサメット島までは、船で移動します。

バンコクからのバスは港のすぐ脇に到着するので、降りてすぐにチケット売り場とかがあります。

・フェリーボート 所要40分 50バーツ(≒165円)
・スピードボート 所要10分 200バーツ(≒660円)

 

観光とエンターテイメント

サイケーオ・ビーチ


↑ビーチ

サメット島でいちばん賑やかな、サイケーオ・ビーチです。

海の透明度はそれほど高くないですが、砂浜は白くてとても綺麗でした。

色々なお店がありますが、騒がしすぎるという事もなく、適度に賑やかで、楽しく過ごせました。

そのバランスが良いので、私がここ数年で行ったビーチの中でも、トップクラスに気に入りました。


↑海

各種マリンスポーツも楽しめます。

もちろん海水浴もできます。

 

レンタバイク


↑バイクと海

宿でレンタバイクを借りて、サメット島をひと回りしました。

料金は1時間100バーツ(≒330円)、1日300バーツ(≒990円)。

交通量も少ないので、綺麗な景色を見ながら楽しいツーリングが出来ました。

参考記事:7/14サメット島をレンタバイクで散策、のどかで綺麗で素晴らしい島です


↑ブランコと海

ここがサメット島の南端です。

他にもビューポイントとか綺麗なビーチとかが、島のあちこちに点在しています。

 

シュノーケリング


↑島と海

宿でシュノーケリングツアー(ランチ付き)を申し込みました。

参考記事:7/13サメット島からシュノーケリングツアー1、トゲが刺さってスパナで叩かれた(謎の処置)

11時~17時までに何ヶ所か訪れて、泳いだりリラックスしたり優雅に楽しみました。

満足度が高かったので、600バーツ(≒1,980円)という値段は割安に感じます。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

宿泊

ルナルナホステル


↑宿

ルナ ルナ ザ ベスト ゲストハウスに泊まりました。

1泊310バーツ(≒1,023円)と、タイのドミトリーにしては少し高めの価格設定です。

でもビーチリゾートですし、内容も素晴らしかったので、むしろかなりお得に感じます。

 

宿の詳細は、こちらもご参照ください
ルナルナホステル(サメット島、ドミトリーで1,023円でした) 安くビーチリゾートを楽しみたい人には特にオススメ

宿の近所にはコンビニエンスストアとかタイマッサージ屋さんとか色々あって、便利に滞在できました。

 

食事

ビーチ沿いのレストラン


↑レストラン

サイケーオ・ビーチには、たくさんの飲食店があります。

夜になるとテーブルやイスが増えて、とても賑わいます。


↑ビールと料理

「スモールサイズ」をお願いしたのに、巨大なビールが出てきました。

お値段は200バーツ(≒660円)くらいです。


↑ショー

ビーチ沿いのレストランでは、ファイヤーダンスも鑑賞できます。

いくつかの場所で開催されていて、毎晩どこかしらで見られるようです。

ファイヤーダンスを見ながらのビールとタイ料理は格別でした。

 

町中のフードコート(屋台街)


↑調理場

町中にはフードコートがあります。

いくつかのお店や料理がありますが、バーベキューが特に魅力的でした。

とても気に入ったので、ほぼ毎日行きました。


↑料理

ビールとご飯とスペアリブ、全部で750円くらいです。

もちろん美味しいです。


↑料理

ビールとご飯とシーフードミックス、全部で1,600円くらいです。

書くまでもないと思いますが、超美味しかったです。

 

まとめ

サメット島は予想を大きく上回る楽しさでした。

適度に賑やかで、適度にのんびりしてて、『東南アジアの田舎町でゆったり楽しむ』というのに最適な場所だと思いました。

ビーチリゾートでもあるので、もちろん海を楽しむ事もできます。

 

私はタイに行くのは6回目くらいでしたが、「こんないい場所があったんだー。もっと早く来れば良かったなー」と思いました。

バンコクからも比較的近いですので、機会があれば是非またサメット島に行きたいです。

例えば『4泊5日のタイ旅行』だとしたら、そのうちの1日半はサメット島に使ってもいいかなー、なんて思います。

強くオススメです。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-タイ
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.