無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/2-15は東欧に行ってきます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 中国

中国(上海と杭州)旅の費用集計&まとめ2017 3都市6日間で53,626円、レトロな街並みとご当地料理が特に楽しかった

   

投稿日:

遅くなってしまいましたが、前回の中国旅の費用集計記事でございます。

旅の期間は、2017年6月13日~18日の6日間です。

各記事へのリンクは、タグの2017旅ー4をご覧ください。

観光や食事の内容からすると、まあまあ安く旅出来たかと思います。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

行った場所と日程


↑地図

こんな感じの旅でした。

2017年
6/13 出発 成田⇒上海
6/14 上海
6/15 杭州
6/16 杭州と西塘
6/17 上海
6/18 上海⇒成田 帰宅

全6日間ですが、最終日は朝早くに空港に行ったので、実質的な観光は5日間でした。

上海は日本から近いので、時差ボケとか飛行機疲れとかが少なくて楽です。

 

費用集計

渡航準備のお金:1,836円

地球の歩き方 上海』を新しく買って持って行きました。

それとは別に以前買った『旅の指さし会話帳』を持って行きました。

 

国際移動のお金:25,900円

区間 金額 備考
入国:成田空港⇒上海浦東空港 25,900円 エアチャイナ
出国:上海浦東空港⇒成田空港 0円 エアチャイナ

成田から上海への往復航空券を25,900円で買いました。

スカイスキャナー で検索してから、エアチャイナ公式HPで予約しました。

近年はLCCもたくさん飛んでいるので、個人的にこの値段はちょっと不服です。

希望としては、2万円くらいに収めたかったです。(理想は1万円ちょい)

 

中国で使ったお金:1,618元(≒25,890円)

項目 金額
食費 10,346円
宿泊費(5泊)  7,472円
交通費 4,584円
入場料  1,920円
エンターテイメント  1,568円
ツアー代  0円
その他 0円

お土産代は計上していません。

宿泊は5泊分の金額です。

 

1人民元 ≒ 16円で計算しました。

2017年6月13日~18日の6日間、中国を旅しました。

行った場所は上海、杭州、西塘です。

 

総合計

全て合わせた旅費用の総合計を発表します。

 

 

 

5泊6日の中国(上海近郊)旅の費用総額

 

 

 

 

53,626円

 

でございます。
(お土産代抜きで)

んー、十分安いっちゃ安いんですけど、5万円を切るかなーと思ってたので、それよりは少し高くなってしまいました。

四川省や雲南省の旅に比べるとじゃっかんの割高感もあるのですが、それは『中国のなかでも上海は物価が高い地域』という事なのかなと思います。

宿代なんて2倍くらいしますからね。

でもけっこうしっかり楽しんで、しかも3都市を観光して5万円ちょいですから、まあ上手くやりくり出来たかなーと思います。

では旅の内容を、軽く振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

まとめ

とりあえず中国旅を楽しむためには、政府によるネット規制を回避する事が重要です。

私はVPN接続、香港SIM、SIMフリー端末を組み合わせてやりくりしました。

参考記事⇒中国旅でのインターネット接続の話(VPN接続とか香港SIMカードで規制を回避:2017年の体験談)

 

上海


↑焼き小籠包

まずは上海に到着。

上海に来るのは4回目くらいだったかな?

という訳で、ガツガツ観光するというよりは、のんびりと過ごしました。

焼き小籠包はとても美味しかったです。

安くて美味しい店と巡り会えると、旅が一気に楽しくなりますね。

参考記事⇒6/13上海で焼き小籠包(とても美味しい)とか、南京東路を散歩とか


↑街並み

あとは豫園をのんびり散歩してみたり。

中国のこういう場所(歴史と商業をミックスさせたエリア)って、どこも上手いことできてるんですよねー。

色々なお店や施設があるので、適当に歩くだけでも楽しめちゃいます。


↑ビル群

高層ビル群やタワーのライトアップも楽しみました。

個人的には『世界を代表する夜景のひとつ』と言っても良いと思います。


↑駅

観光ではありませんが、駅がやたらと巨大だったのも心に残っています。

連絡通路も含めるともっと大きくて、建物の端がよく見えないくらいで、地球の丸さを感じてしまいました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

杭州


↑湖

杭州といえば西湖が有名です。

残念ながら曇り気味だったので、美しい夕日の光景は見られませんでした。

でも適度に賑やかな遊歩道の散歩は、それなりに楽しかったです。


↑杭州料理

杭州名物のトンロンポーを食べました。

これは強烈に美味しかったです。生きてる内にもう一回食べに行きたいと思うくらいです。

参考記事⇒6/15杭州の西湖を散歩2 名物の豚肉が超美味しかった(散歩も楽しかったです)


↑街並み

杭州では、レトロな街並みのエリアを散歩したりしました。

個人的には西湖よりも、こっちの方が楽しかったです。


↑食堂

そしてローカルな雰囲気の食堂で餃子を食べたり。

これです、これなんです。私が旅に求めているものは、こういう事なんです!

ぶらりと散歩して街並みを楽しんで、気が向いたらご当地料理を食べて。

一見すると地味なんですけど、かなり素敵な思い出になっております。

参考記事⇒6/16杭州の美味しい餃子、世界遺産の鳳山水城門遺址、そして西塘へバス移動

 

西塘(シータン)


↑飲食店

杭州のあとは西塘(シータン)へ行きました。

ここも強烈に楽しかったです。


↑街並み

さっき書いた『ぶらり散歩と軽食』を、ここでも堪能出来ましたから。

参考記事⇒6/16西塘(シータン)古鎮の古い街並みを楽しむ1 ミッションインポッシブル3の舞台でもあります

上海からそう遠くないですし、強くオススメしたい場所です。

 

また上海


↑街並み

また上海に戻ってきて、観光最終日はおしゃれなエリアを散策しました。

良い意味でも悪い意味でも、上海をあまり感じられないなあと思いました。

なので観光としては不向きかもしれませんが、逆に買い物を楽しむにはとても良いエリアです。

参考記事⇒6/17上海を散歩 准海路と新天地と公園


↑肉

最後の夜は名店で名物料理を食べました。

美味しい豚肉料理が食べきれない量出てきて、それで1,568円っていうのはとても嬉しいです。

『中国の物価は高くなった』と言われていますが、それでも『安く贅沢する』のは可能だと思います。特に食事で。

参考記事⇒6/17上海の円苑で角煮(円苑紅焼肉)、美味しい物が食べきれない量で幸せ

 

まとめのまとめ

そんな感じの上海とその近郊の旅でした。

今回はシングルルームのホテルにも泊まりましたし、美味しいものもたくさん食べました。

ですので『普通の短期旅行』の視点でも、参考になる記事が書けたのではないかと思います。

 

今回私が訪れたスポット以外にも、雑技団の鑑賞とか高層ビルの展望台とか、楽しい場所がいくつもあります。

距離も近くて比較的気軽に行けますので、急に連休が取れた時などにオススメしたい上海です。

 

参考資料

今回の現地費用の集計表

過去データ

・2012冬旅 83日間で主にヨーロッパ23ヶ国 468,463円と60,000マイル
・2013春旅 38日間でカナダと南米6ヶ国 479,920円
・2013夏旅 43日間で北中米カリブ海12ヶ国 515,430円
・2013冬旅 49日間で中東イタリア4ヶ国 341,485円
・2014春旅 31日間でインドなど4ヶ国 141,819円
・2014夏旅 49日間でアフリカなど12ヶ国 380,096円
・2014秋旅 24日間でフランスなど4ヶ国 263,856円
・2015春旅 58日間でベトナムなど8ヶ国 240,781円
・2015夏旅 21日間でスペインとイタリアの2ヶ国 185,271円
・2015秋旅 25日間で東欧イタリアなど8ヶ国 208,613円
・2016春旅 24日間でイタリアとハンガリーなど3ヶ国 156,408円
・2016秋旅 13日間で中国の成都周辺など 64,330円
・2017初旅 14日間でインドネシアなど 87,594円
・2017春旅 6日間で香港グルメなど 59,896円
・2017春旅 10日間で四川省と雲南省 67,938円

【広告リンク】
H.I.S. 中国旅行
インターリンク社のセカイVPN

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, 中国
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.