無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 5月は日本にいます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

その他

中国旅でのインターネット接続の話(VPN接続とか香港SIMカードで規制を回避:2017年の体験談)

   

投稿日:2017-05-18 更新日:

こんにちは。

今日は旅のテクニック的な内容として、『中国旅でのインターネット接続の話』を書いてみたいと思います。

『接続規制があるよ』という話と、『こうすると回避できるよ』という話です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

中国のインターネット規制はかなり強い

まず前置きとして、2017年4月時点の状況を書きます。

中国では政府によるインターネットの接続規制があるのですが、これがかなり強いんです。しかも年々強くなっています。

今ではFacebookTwitterLINEとかはもちろんの事、なんとGoogleまで接続できなくなってます。

GmailもGoogleマップもGoogle検索も使えないのです。これはかなり辛いです。

 

他にも接続できないサイトやサービスは多いです。

それなりに使えるのはYahooくらいでしょうか。(それでも読めないトピックとかは存在しますが)

これでは旅をするのにとても不便なので、どうにかして普通にインターネット接続したいですよね。

 

対策1:VPN接続

その対策として、まずはVPN接続をご紹介します。

ごく簡単に説明すると、『VPN接続の会社』に申し込んで、『PCとかスマホの設定をする』と、『インターネットの接続規制を回避できる』というものです。

色々なやり方がありますが、私はインターリンク社のセカイVPNを利用しました。月額1080円でした。

仕組みの詳細とか設定方法は、リンク先をご覧ください。

 

私は成都、麗江、香格里拉、九寨溝、東莞などでセカイVPNを使いましたが、日本とほぼ同じようにインターネット接続が出来ました。

これを使わないとブログ更新も支障をきたすので、中国へ行く時は今後も毎回申し込もうと思います。

ただ、HotmailやGmailの送信だけはできませんでした。(受信はできました)

 

対策2:SIMフリー端末と香港SIMカード

もう一つの対策として、香港のSIMカードを使うという方法があります。

どういう仕組みなのか分かりませんが、香港の通信業者のSIMカードならば、中国国内でも普通にインターネット接続ができるらしいのです。


↑カード

という訳で、私はAmazonでこのSIMカードを買ってみました。値段は2000円弱でした。

Amazonへのリンク⇒中港7日 データ通信 2GB 中国本土31 香港 7日間 2GB SMS不可、通話不可、DATA専用SIM デザリング 可能 4G 

・中国と香港で使える
・連続した7日間使える
・2GBまで使える

という内容です。

いくつか種類がありましたが、私が探した範囲内ではこれが一番お得に見えました。


↑タブレット端末

それと合わせて、SIMフリー端末も購入しました。

HuaweiのT2 7.0 Proで、値段は22,000円くらいでした。

Amazonへのリンク⇒Huawei 7型 タブレットパソコン MediaPad T2 7.0 Pro


↑スマホとタブレット端末

画面が7インチなので、手持ちのiPhone6と比べるとずいぶん大きいですね。

でも旅用のポーチにも余裕で入りますし、手に持って通話もできるサイズなので、使い勝手はとても良いです。

どの機種を買おうかけっこう悩んだのですが、これを買って良かったと思います。

ちなみにケースはAmazonでこれを買いました。


↑タブレット端末とSIMカード

でもってサイドからSIMカードを入れて、説明書を読んで2~3項目の設定をしたら、それだけで簡単に使えました。

私は雲南省(麗江、香格里拉)と四川省(成都)で使いましたが、規制を回避してだいたい満足にインターネット接続できました。

 

ただLINEの反応がモッサリしていたので、その点がちょっと気になりました。

他にも『Googleマップがアプリ版だけ使えない』とか、微妙に不思議な現象がいくつかありました。

もしかしたら何かしらの規制が、こっそりと行われている可能性はありますね。

 

まとめ

対策1:インターリンク社のセカイVPNに申し込んで設定する

対策2:SIMフリー端末(Huawei T2 7.0 Proなど)と香港SIMカード(中港7日 データ通信 2GBなど)を使う

私はこの2つの手段で、中国で規制を回避したインターネット接続をできました。

今後さらに規制が強くなる可能性はありますが、少なくとも2017年4月時点では大丈夫でした。

 

おまけ

VPN接続はセキュリティ面も強化されるので、『中国での規制回避』以外にもメリットがあります。

旅先では公共のWi-Fiを使う事が多いですので、パスワード漏えいなどが不安な人は、常にVPN接続を利用すると安心度が高まると思います。

ちなみに無料のVPN接続もあるので、いくつか試してみましたが、中国では上手く使えませんでした。

 

またSIMフリー端末と現地SIMカードを使うと、Wi-Fiを探さなくてもインターネットが出来ますので、これも本当に便利だと思いました。

観光地に行ってその場でツイートしたり、ちょっと調べものをしたり、宿の予約をしたり。

とにかく便利で、旅の楽しさとか快適さが底上げされた気がしました。

 

今回の記事は宣伝的要素も含まれていますが、実際に私が使ってみて便利だったものをご紹介していますので、どなたかのご参考になれば幸いです。

おしまい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-その他

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.