無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/26-1/12はイタリア旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 中国 香港 マカオ

-, , ,

香港・マカオ・中国旅の費用集計&まとめ2018 14泊15日で総額100,513円、意外と高かったけどずっと楽しくて大満足

   

投稿日:2018-12-07 更新日:

こんにちは。

もうだいぶ前のことなのですが、つい書きそびれていました……

というわけで、2018年5月の香港・マカオ・中国旅の、全体の費用集計とまとめの記事です。

 

各記事へのリンクは、タグの2018-旅2をご覧ください。

旅の期間は、2018年5月8日~22日の15日間です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

移動経路と日程


↑地図

こんな感じで移動しました。

赤:飛行機
青:バスや電車
黄:船

こうして見ると、旅先での移動距離もけっこう長いですね。


↑地図

スケジュールはこんな感じです。

2018年5月
5/08 自宅⇒羽田空港
5/09 羽田空港⇒香港
5/10 香港⇒深セン⇒桂林

5/11 桂林の川下り(陽朔)
5/12 桂林⇒鳳凰
5/13 鳳凰
5/14 鳳凰⇒武陵源
5/15 武陵源

5/16 武陵源⇒張家界
5/17 張家界(天門山)⇒夜行列車⇒
5/18 ⇒広州⇒香港
5/19 香港
5/20 香港⇒マカオ⇒香港

5/21 香港⇒羽田空港
5/22 羽田空港⇒自宅

 

羽田空港のベンチ2泊、夜行列車1泊を含めて、14泊15日間の旅でした。

それにしても、やたらと移動が多いですね。

『町を移動しなかった日』は、3日間だけでしたから。

 

それでは各項目ごとに、費用集計結果をご紹介します。

 

全体の費用集計

食費:17,583円(平均1,256円/日)

ほぼ毎日美味しいものを食べましたし、まあ妥当な金額かと思います。

中国の物価は年々上昇していますが、『食の満足度』からすると、まだまだ割安に感じます。


↑飲食店

地元の人にまじっての食事も楽しいです。

こちらは張家界の広場の屋台です。


↑パンと麺

揚げパンが3元(≒53円)で、牛肉麺が12元(≒210円)でした。


↑点心

特に香港では、グルメ三昧の毎日でした。

私は飲茶(点心を食べながらお茶を楽しむこと)が大好きなのですが、

これ全部で700円ってのは超嬉しくて超幸せです。

 

っていう話を始めると長くなってしまうので、今回は割愛します。

参考記事:香港の旅の小まとめ・食事編(2018年5月) 安くて美味しくて、食事のためだけでも香港に行く価値アリ!

 

宿泊費:8,600円(平均614円/日)

これは安いwww安くて笑っちゃいますwww

空港野宿2泊+夜行列車1泊があるとはいえ、それ以外の11泊の総額がこれですから。


↑桂林の宿

私はドミトリー(相部屋)を好みます。

シャワーやトイレは共同ですが、ベッドも広々としていて快適な事が多いです。

この写真は桂林で泊まったイーズホステルで、1泊473円でした。

 

宿泊情報は別途まとめてありますので、よろしければご参考にどうぞです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

交通費:41,558円

日本からの航空券 17,190円 香港エクスプレス
羽田⇔香港
旅先の国内交通 17,488円 バスや電車など
旅先の国際交通 6,880円 香港・マカオ・中国間の移動

※香港・マカオ・中国の移動はパスポート手続きが必要なため、便宜上『国際交通』としました

 

まずは日本から香港の往復航空券を買いました。

香港エクスプレスがキャンペーン中だったので、安く買えて良かったです。

航空券探しのオススメ⇒スカイスキャナー とか航空券予約 サプライス


↑張家界駅

香港に到着した後は、バスや電車で中国本土を旅しました。

チケットは全て現地手配(駅やバスターミナルで購入)です。

 

ん~、これはちょっと高かったですね~。

でも実際にたくさん移動しましたし(2,000km以上?)、夜行寝台列車も楽しかったので、OKとしましょう。

 

入場料:12,023円


↑武陵源

これは高かった!!

世界的に見ても、中国の観光地の入場料は高い水準にあると感じます。

 

・武陵源風景名勝区 245元(≒4,288円)
※別途ロープウェイ代やエレベーター代も必要

・天門山 258元(≒4,515円)

今回訪れた中だと、この2つが特に高かったですね。

単に「もうちょっと安いと嬉しいな~」という気持ちはありますが、

どちらも雄大な自然が凄く良かったので、値段以上の満足度は得られています。

 

エンターテイメント:9,023円


↑マッサージ

足マッサージ、遊覧船、滑り台、記念撮影のチップ、などです。

たくさん山歩きして足がパンパンになったので、足マッサージは必須でした。

 

ツアー代:7,000円


↑船と川と山

桂林の漓江下りツアーが400元(≒7,000円)でした。

これもチト高かったですが、昼食や送迎もついてましたし、1日たっぷり楽しめて良かったです。

 

その他:611円

荷物預けとか生活用品とかです。

 

お土産代:内緒


↑麺

主に香港で、お茶とかお菓子を買いました。

参考記事:5/21香港でハンコを作って、お土産物を買って、A21番バスで空港へ移動します

色々買いましたが、個人的にはこの麺が強く気に入りました。

また買いたいです。

 

書籍代:4,116円

地球の歩き方 広州 アモイ 桂林』を、新しく買いました。

香港編マカオ編は以前買ったものを持参しました。

 

また、香港や中国でネット接続するために、『香港のSIMカード』も事前に買っておきました。

これなら中国本土のネット規制も回避できるので、とても便利です。

関連記事:中国旅でのインターネット接続の話(VPN接続とか香港SIMカードで規制を回避:2017年の体験談)

 

 

それでは各項目が出そろったところで、総額の発表です。

 

総合計

14泊15日の香港・マカオ・中国旅の総額費用

 

 

 

 

 

 

 

100,513円

 

 

でございます。


↑地図

10万円を超えたのは意外でしたが、この地図を見ると「まあ妥当な金額かなー」とも思います。

中国を代表する観光地にも、たくさん行きましたからね。

 

いや、でもやっぱり高く感じるかも(笑)

参考記事:東欧旅全体の費用集計&まとめ2017 チェコとポーランド14日間で総額111,537円です!安く感じる!

だって1年前の東欧旅の総額と大差ないですから!

っていうか、東欧旅が安すぎるだけですかね???

 

まとめ


↑鳳凰古城

この旅で訪れた場所は、全てが良かったです。

最初から最後までずっと楽しくて、ずっと興奮しっぱなしでした。

そんな中でいちばん強く印象に残ったのは、この写真の『鳳凰』という町です。

参考記事:鳳凰の旅の小まとめ(2018年5月) 鳳凰古城の雰囲気が素晴らしくて、中国でトップクラスに好きな町

 

旅の前は、町の存在すら知りませんでした。

主に「ルート的に鳳凰を経由するとちょうど良いから」という理由で立ち寄ったのですが……まさかこんなにも素晴らしい町だったとは。

私は中国はあちこちに行きましたが、まだ行ってない、まだ知らない町の中にも、きっとこういう場所があるのでしょうね~。

 

中国への興味がより高まったので、別のエリアも必ず行こうと思います。

北部とか新疆ウイグル自治区とかは未経験ですし、近いうちに旅してみたいです。

 

エリアごとのまとめ

今回の旅は香港・マカオ・中国本土に行きましたが、各エリアごとのまとめもありますので、より詳細な情報はそちらをご覧ください。

中国旅の費用集計&まとめ2018 南部の7都市をたっぷり楽しみました。入場料は高い気がします

マカオ旅の費用集計&まとめ2018 お金を使わなくてもかなり楽しめます(香港から日帰り)

香港旅の費用集計&まとめ2018 エキサイティングかつ安価なので香港大好きです!

 

個々のブログ記事

タグの2018-旅2

 

現地費用の集計表

 

旅の動画

ブログと合わせて、動画もぜひぜひご覧ください!

こちらの再生リスト(2018年5月 無職旅 香港と中国編)にまとめてアップロードしてあります。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, 中国, 香港, マカオ
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.