無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 6/29-7/4はタイ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 オセアニア・太平洋

太平洋旅の費用集計&まとめ2018 マーシャル諸島とミクロネシア連邦の16日間で約11.3万円+3万マイルでした

   

投稿日:2018-05-02 更新日:

2018年3月の太平洋旅の、全体の費用集計とまとめの記事を書いてみます。

各記事へのリンクは、タグの2018旅-1をご覧ください。

旅の期間は、2018年3月13日~28日の16日間です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

移動経路と日程


↑地図

こんな感じで移動しました。

2018年
3/13 成田空港
3/14 ⇒グアム⇒マーシャル諸島のマジュロ
3/15 マジュロ
3/16 マジュロ
3/17 マジュロ

3/18 マジュロ
3/19 マジュロ⇒ミクロネシア連邦のポンペイ島
3/20 ポンペイ島
3/21 ポンペイ島
3/22 ポンペイ島

3/23 ポンペイ島
3/24 ポンペイ島
3/25 ポンペイ島
3/26 ポンペイ島
3/27 ポンペイ島⇒グアム
3/28 グアム⇒福岡⇒成田空港

機内1泊を含めて、合計15泊16日間の旅でした。

行った国は、マーシャル諸島ミクロネシア連邦グアム(アメリカ合衆国)の3ヶ国です。

島国という事もあって、未だかつてないくらい、ゆっくりした日程でしたね。

 

では各項目ごとに、費用集計結果をご紹介します。

 

全体の費用集計

食費24,667円(平均1,644円/日)

まあまあなお値段でした。

贅沢気味に色々食べた東欧旅(2017年9月)と、金額的に同じくらい(1日平均1,602円)でしたね。

参考記事⇒東欧旅の費用集計&まとめ2017


↑マーシャル諸島料理

マジュロで食べたピザは良かったですねー。

美味しくて大きいのに、お値段は3ドル(≒321円)でした!!

今回の旅は全体的に物価が高めでしたが、これだけはとても割安に感じました。


↑刺身

ミクロネシア連邦では魚市場に行って、刺身を買ったりしました。

新鮮で美味しいマグロを、連日500グラム以上食べられて幸せでした(大満足です)

 

宿泊費:46,010円(平均3,067円/日)

これは高かった!!

おそらく今までの全ての旅でも、一番高かったのではないでしょうか。


↑ポンペイ島の部屋

でも、今までの旅でいちばんのんびり過ごして、リラックスできたのも事実です。

やる事が無い日は、海を見たり読書したり昼寝したりをローテーションしてました。

たまにはこういう旅も良いものです。


↑空港

ちなみにグアム国際空港での乗り継ぎ待ちでは、ここに寝ました。

 

交通費:26,034円

日本からの航空券 13,330円 ユナイテッド航空、30,000マイル+手数料
旅先の国内交通 8,424円 主にレンタル系
旅先の国際交通 4,280円 出国税を2回


↑移動経路

さっきの地図をもう一度。

本来なら航空券はかなり高いエリアなのですが、貯めていたマイレージで手配したので、だいぶ安く済みました。

航空券探しのオススメ⇒スカイスキャナー とか航空券予約 サプライス


↑バイク

旅先ではレンタバイク、レンタサイクル、レンタカーを利用しました。

天候に恵まれない日もありましたが……っていうかほぼ毎回、雨が降ってましたね。

それでも自分で行き先を決めて、気ままに移動して観光するのは楽しいものです。

 

入場料:1,070円


↑遺跡と犬

ミクロネシア連邦のナンマドール遺跡で7ドル、ケプローイの滝で3ドルかかっています。

でも『厳密な意味での入場料』だったのかは不明なんです。

もしかしたら『私有地の通行料』だったかもしれませんので。

参考記事:3/25ナンマドール遺跡へ、タクシーをチャーターして行きます(ポンペイ島)

 

エンターテイメント:0円

劇場とかアトラクションとかの項目ですが、そういう体験はしませんでした。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ツアー代:6,420円


↑ケニーさん

プライベートツアーとして、60ドル(≒6,420円)でポンペイ島の名所めぐりをお願いしました。

リラックス要素多めの旅でしたが、この日はがっつり観光しましたね。

 

その他:9,448円

この『その他』の項目は、過去最高額になりました。

主に現地SIMカードの料金なのですが、マーシャル諸島もミクロネシア連邦も、けっこう高かったです。

かといって無料Wi-Fiもあまり網羅されていないので、これは必要な出費でした。


↑調理器具

包丁とかお皿を買って、刺身を自作したりしました。

初めての経験でしたが、これはとても楽しかった。

機会があればまた同じようなこと(旅先での調理)をしたいです!

 

お土産代:内緒


↑お土産類の一部

お土産物は今までで一番少なかったかも。

自分用の置物以外は、だいたいグアムで買いましたし。

マーシャル諸島もミクロネシア連邦も、ご当地のお菓子は無いみたいですし。

(少なくとも私は見つけられませんでした)

 

書籍代:0円

ガイドブック類は無かったため、出費も0円となりました。

 

それでは各項目が出そろったところで、合計金額の発表です。

 

総合計

15泊16日のマーシャル諸島・ミクロネシア連邦旅の総額費用

 

 

 

 

 

 

 

113,649円+30,000マイル

 

 

でございます。
(お土産代抜きで)

う~ん……正直なところ、「判断に難しい金額になったなあ」という印象です。

 

『観光した量』と比べると、かなり割高です。

しかも14日間の東欧旅の総額と、ほぼ同じくらいですからね。

参考記事:東欧旅全体の費用集計&まとめ2017 チェコとポーランド14日間で総額111,537円です!安く感じる!

でも『南の島でのんびり贅沢に過ごした』と考えれば、そこそこ割安……かもしれないです。

 

まとめ


↑マーシャル諸島の少年

各国とか各都市について個別にまとめてありますので、合わせてお読みいただけると嬉しいです。

 

町や国ごとのまとめ

マジュロ旅の小まとめ(2018年3月) 素朴な雰囲気、綺麗な海、戦争の慰霊碑などなど

マーシャル諸島旅の費用集計&まとめ2018 のんびり過ごしたので滞在費は安かったです

ミクロネシア連邦旅の費用集計&まとめ2018 のんびり優雅に楽しみました

グアム旅の費用集計&まとめ2018 往路は空港のみ滞在、帰路はレンタカーで町中へ

 

個々のブログ記事

タグの2018旅-1

 

現地費用の集計表

 

旅の動画


↑最初の動画

リンク:Youtubeの再生リスト 無職旅 ミクロネシア編

現時点でアップロード途中ですが、もうじきシリーズが完了する予定です。

のんびりした様子がよく伝わるかと思いますので、ブログと合わせてお読み頂けると嬉しいです。

チャンネル登録して頂けるととても嬉しいので、ぜひぜひよろしくお願いします!

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, オセアニア・太平洋
-, , , , , ,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.