無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 6/29-7/4はタイ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ミクロネシア連邦

3/25ナンマドール遺跡へ、タクシーをチャーターして行きます(ポンペイ島)

   

投稿日:2018-03-27 更新日:

2018年3月25日 日曜日 ポンペイ島コロニア(ミクロネシア連邦)

おはようございます。

サウスパークホテルに宿泊しています。

7:30に起きました。

ミクロネシア連邦の旅も残り2日ちょいなので、今日はがっちり観光しようと思います。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

サウスパークホテル

↑景色

部屋からの景色。

『天気が良くて最高!!』ってツイートしてたら、その途中で雨が降ってきました。

↑猫

↑鳥と猫

襲うことなく、仲良く共存していました。

↑朝食

チーズオムレツ 6ドル(≒642円)

コーヒー 1.75ドル(≒188円)

いつも通り、ホテルのレストランで朝食です。

チーズたっぷりで美味しいです。

 

ちなみに隣のテーブルの兄貴は、ハンバーグセット+ラーメン+追加パンという、豪快な食事をしていました。

値段的にもけっこうな贅沢です。

 

ポンペイ島の遺跡を観光

さて、今日はポンペイ島南東部のナンマドール遺跡に行きたいのです。

レンタカーかプライベートツアー、あるいはタクシーをチャーターして行く事になります。

今日は日曜日なのでレンタカー屋さんは休み。

ホテルで相談したらプライベートツアーは80ドルだそうです。

 

「80ドルは予算オーバーなので、なんとか60ドルくらいで行けないでしょうか?」

「分かりました。じゃあ60ドルのタクシーを探してみますね」

という事で、スタッフの方がタクシーを探し始めてくれました。

↑タクシー?

「それなら俺が行ってあげるよ」

なんとタクシーを探すまでもなく、さっきの豪快な食事の兄貴が引き受けてくれました。

ありがとうございます。

9:50にホテルを出発です。

雨も止んでいい天気になりました。

 

海沿い

↑景色

兄貴の名前はケニーさん

ポンペイ島生まれで、趣味は釣りだそうです。

車内に無線とか名簿とかあったので、実際にタクシー運転手さんのようです。

 

『単にナンマドール遺跡に行って帰ってくる』という話で出発したのですが、

途中に綺麗な場所があると、停まって見学させてくれました。

 

ビーチ

↑海

ここはポンペイ島東側のビーチみたいな場所です。

町から離れると、海がぐぐっと綺麗になりますね。

↑小屋

この場所は大通りを外れて、細い道を通ってきます。

レンタカーを借りても、一人じゃ絶対に来ませんでしたね。

色々案内してもらえて、とても助かります。

 

道路

↑道路

道路の真ん中に、不自然に木が置かれていました。

どうやら『道路が崩壊する恐れがあるので、左側(海側)は通らないでね』という意味のようです。

よく見ると、道路とか地面に亀裂が入ってますね。

怖い怖い。

↑ブロック

道路脇のブロックにも隙間が出来ていました。

地面が全体的にズレているようです。

ちなみに原因は、先週の大雨です。

この他にも『地すべりした所』とか『橋が流された所』とかを、何ヶ所かで見ました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

遺跡の島

↑道路

ナンマドール遺跡のある島に入りました。

途中から舗装がなくなります。

しかも私道を通るので、おじいさんに通行料1ドル(≒107円)を支払いました。

 

ナンマドール遺跡は数年前に世界遺産に認定されました。

なのでミクロネシア連邦政府としても、公道だけで行けるようにしたかったみたいです。

でも地主さんと折り合いがつかなかったそうです。

↑遺跡?

行き止まりに到着。

車を停めて歩きました。

……ってのはいいんですけど、遺跡っていうよりは人の家っぽいのですが。

↑人

本当に人の家でした。

おばあちゃんに通行料3ドル(≒321円)を支払いました。

↑家

庭です。

私もこれまでたくさんの世界遺産に行きましたが、こんな見学ルートは初めてです!

面白いなあ。

 

ナンマドール遺跡

↑遺跡

家の奥に抜けると、遺跡っぽくなってきました。

ケニーさんが先導してくれました。

タクシーのチャーターっていうよりは、プライベートツアーになってますね。

ありがとうございます。

↑遺跡

奥へ奥へと進みます。

ゴツゴツした岩場が多いので、トレッキングブーツで来て良かったです。

↑遺跡

奥に見えるのが、ナンマドール遺跡のメインの部分のようです。

さて、この水路をどうやって渡るのかな?

↑遺跡

歩いて渡るんですね、ハイ。

サンダルに履き替えて、普通に歩きました。

流れもゆるいし全然余裕なんですけど、カメラとかスマホがあるので、転べない緊張感はありました。

 

ちなみにこの場所でも、少年に通行料?を3ドル(≒321円)支払いました。

支払い合計が7ドル(≒756円)になりましたが、これは予習した内容と一致します。

そんな感じで、ナンマドール遺跡を見学しています。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ミクロネシア連邦
-, , , ,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.