無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 5/9-21は香港とか桂林の旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 ロシア

ロシア旅の費用集計&まとめ2017 4都市14日間で総額122,041円、冬のロシアは予想を遥かに超える素晴らしさ!

   

投稿日:2018-02-03 更新日:

前回のロシア旅の全体の、費用集計とまとめの記事でございます。

って、もう1ヶ月半も前の事なんですね! 日本にいると月日が経つのが早いです!

旅の期間は、2017年12月2日~15日の14日間です。

各記事へのリンクは、タグの2017旅-7をご覧ください。

 

冬のロシアをかなりたっぷり楽しんで、しかもオーロラまで見て。

航空券も含めてこの金額に収まったのは、かなり割安感があります。

間違いなく、値段以上の楽しさが得られましたから。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

行った場所と日程


↑地図

こんな感じの旅でした。

2017年
12/02 【出発】成田⇒カタールのドーハ
12/03 ドーハ⇒モスクワ
12/04 モスクワ
12/05 モスクワ⇒北極圏のムールマンスク
12/06 ムールマンスク

12/07 ムールマンスク
12/08 ムールマンスク⇒モスクワ
12/09 モスクワ⇒ウラジーミル
12/10 ウラジーミル⇒スーズダリ⇒モスクワ
12/11 モスクワ

12/12 モスクワ
12/13 モスクワ⇒ドーハ
12/14 ドーハ⇒羽田【帰国】
12/14 羽田⇒自宅

 

カタールのドーハ経由だったので、往路復路ともに20時間くらいかかりました。

ロシアにいたのは実質11日間くらいになります。

それにしてもムールマンスクが凄い場所にありますねー。

アイスランドよりもだいぶ北ですよ!

 

費用集計

渡航準備のお金:3,570円

地球の歩き方 ロシア』の2016~17年版を、2,052円で買いました。

このブログ記事の執筆時点で、まだ新刊は出てないようですねー。

ちなみにこの本には、他にウクライナ・ベラルーシ・モルドヴァ・アゼルバイジャン・ジョージア・アルメニアの情報も載っています。

 

またロシアビザの取得に、799ルーブル(≒1,518円)かかりました。

ビザ取得の詳細は別記事にしますので、書きしだいリンクを貼ります。

 

国際移動のお金:58,970円

区間 金額 備考
入国:成田空港⇒ドーハ経由⇒モスクワ・ドモジェドヴォ国際空港 58,970円 カタール航空
出国:モスクワ・ドモジェドヴォ国際空港⇒ドーハ経由⇒羽田空港 0円 カタール航空

日本からモスクワへの往復航空券を、58,970円で買いました。

スカイスキャナー で検索してから、航空券予約 サプライスで予約しました。

私は経由便にしましたが、スケジュールが短めの人などは、早くて楽な直行便をオススメします。

 

ロシアで使ったお金:31,316ルーブル(≒59,500円)

項目 金額
食費 21,886円
宿泊費(10泊)  12,434円
交通費 21,960円
入場料  760円
エンターテイメント  950円
ツアー代  0円
その他 1,511円

お土産代は計上していません。

宿泊は10泊分の金額です。

この他に機内泊が2回と、空港泊が1回あります。

 

1ルーブル ≒ 1.9円で計算しました。

2017年12月2日~15日の14日間で、ロシアを旅しました。

行った場所はモスクワ、ムールマンスク、ウラジーミル、スーズダリです。

 

総合計

全て合わせた旅費用の総合計を発表します。

 

 

 

 

13泊14日のロシア旅の費用総額

 

 

 

122,041円

 

でございます。
(お土産代抜きで)

だいたい想定通りの金額でした。

特に節約せず、たっぷり好きなように楽しみましたので、まあまあ納得な感じです。

 

高かった要素

まとまった出費としては、モスクワ⇔ムールマンスクの航空券がありましたね。

往復で15,000円くらいでしたので、モスクワと近郊だけの旅でしたら、その分だけ安くなります。

 

安かった要素

全日ともドミトリー(相部屋)に泊まって、宿泊費は800円~1,600円くらいでした。

安めのシングルルームにすると、1日あたり2,500円~4,000円くらいになるでしょうか。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

まとめ

集計が出たところで、ロシア旅の内容も軽く振り返ってみたいと思います。

 

ムールマンスク


↑オーロラ

まずは北極圏の町、ムールマンスクです。3泊しました。

詳細はこちらにまとめてありますので、よろしければ合わせてご覧ください。

関連記事:ムールマンスク旅の小まとめ(2017年12月) 安価にオーロラ観測できて旅っぽさも強いという魅力的な町

 

太陽は一日中登らないし、最高気温がマイナス19℃とかですし、けっこう苛酷な環境でした。

でもこんな感じで、夜に連日オーロラ観測したり。


↑景色

昼間に美しい空や雪を見たり、とてもとても楽しかったです。


↑ロシア料理

なんかもう色々と思い出深くて、何て書いたらいいか逆に困るくらいです。

事前は主に気温の事が心配でしたが、本当に行って良かったなと思います。

 

ウラジーミル


↑鉄道

モスクワに戻った後は、すぐにウラジーミルに移動しました。

数時間だけですが、シベリア鉄道の寝台車両にも乗りました。

参考記事:ウラジーミル旅の小まとめ(2017年12月) シベリア鉄道に乗って気軽に行ける、雰囲気の良い町です


↑聖堂

素朴で小ぢんまりとした町で、『ロシアっぽい雰囲気』をたくさん味わえて、とても楽しかったです。

1日だけの短い滞在でしたが、行って良かったと思います。

 

スーズダリ


↑歌

ウラジーミルからバスでスーズダリに。日帰りで観光しました。

参考記事:スーズダリ旅の小まとめ(2017年12月) 観光にプラスして旅っぽさも味わえて、しかも手頃でオススメの場所です

 

なんか同じことばかり書いて恐縮ですが、この町もとても楽しくて、行って良かったなあと思います。

でも本当にそう思ったんだから、そう表現するのも仕方ないじゃないですか!


↑ロシア料理

雪の田舎町をたくさん歩いて、ご当地料理とかご当地ビールとかも楽しみました。

スーズダリは観光地なので、移動も観光も食事も、特に不便なことは無いんですよね。

それでいて素朴な感じも持ち合わせていて、個人的にはこれくらいの雰囲気の町が一番好きかもしれないです。

「旅してるなあ」って気持ちを、より強く味わえますので。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

モスクワ


↑寺院

そして首都のモスクワ。2泊+1泊+3泊で、合計6泊過ごしました。

参考記事:モスクワ旅の小まとめ(2017年12月) 楽しい事が多過ぎてまとめられなかった冬のモスクワです

 

一言で表現すると、『冬のモスクワはすごく楽しい』となります。

『寒そう』とか『怖そう』とか、そういう先入観で避けちゃうのは、かなり勿体ないなと思いました。(寒いのは事実ですが)

本当にとてもとても良かったです!


↑宿

ホームステイ感覚の素晴らしい宿に泊まれたのも、モスクワを楽しめた大きな要因です。

参考記事:Salat(モスクワ、ドミトリーで1,235円でした) 場所が良くて安くて快適で、最高に満足な宿泊でした


↑マトリョーシカ

買い物も楽しかった!

町中のお店も良かったし、郊外の市場もかなり熱かったです。


↑ロシア料理

書きたい事がありまくりなので、この記事ではあえて深く掘り下げないようにしています。

安くて美味しいものが多くて、食事もほぼ全日良かったです。

味や値段や気軽さなどを総合すると、歴代の旅でも上位の満足度になります。


↑猫劇場

あーでも心残りがひとつ。

せっかくモスクワに行ったのですから、ボリショイ劇場とかボリショイサーカスも行ってみたかったです!

でもククラチョフ猫劇場も、安くて楽しくてとても良かったです。

 

まとめのまとめ

そんな感じのロシア旅でした。

旅の期間ずっとずっと楽しかったので、同じフレーズが何回も出てきちゃって恥ずかしいです。

でもそれが事実というか本音なんです。

町の特色とかを紹介する前に、まず素直に『楽しかった』とか『行って良かった』とかいう感想を書きたくなるのです。

ロシア旅は、心から楽しめました。

 

異文化の魅力的な観光地が多くて、物価が安くて、料理が美味しくて、人々が暖かくて親切で。

ロシアは強くオススメしたい国のひとつです。

【広告リンク】

 

参考資料

ロシアで泊まったホテル情報

リンク:無職旅のホテル情報 ロシアのホテル一覧

安宿の情報がほとんどですが、ドミトリーの他にシングルルームなどもありますので、渡航時のご参考になれば幸いです。

 

ロシア旅の動画

リンク:YouTubeの再生リスト 無職旅ロシア編

2017/2/3時点でアップロード途中ですが、ブログと合わせてご覧いただけると嬉しいです。

チャンネル登録して頂けると、めっちゃ嬉しいです。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, ロシア
-, , , ,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.