無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/2-14は真冬のロシア旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ロシア

ムールマンスク旅の小まとめ(2017年12月) 安価にオーロラ観測できて旅っぽさも強いという魅力的な町

   

投稿日:2018-01-10 更新日:

こんばんは。

前回のロシア旅の小まとめシリーズとして、ムールマンスクの事を書いてみます。

各記事へのリンクは、タグのムールマンスクをご覧ください。

2017/12/5~8で訪れました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

場所


↑地図

北極圏の町ムールマンスク。

アイスランドよりもだいぶ北に位置してますねー。

これまでに私が滞在したなかで、最も北にある町となります。

 

移動

モスクワから

飛行機で2時間半くらいです。

私はスカイスキャナー で検索して予約して、RED WINGSという航空会社で、3,595ルーブル(≒6,830円)でした。

早めに予約して安い日を選べば、この半額くらいでもありそうです。

ちなみに寝台列車で移動すると、35時間くらいかかるっぽいです。

 

空港から町中へ

空港の前からマルシルートカ(ミニバス)の106番で、1時間くらいでムールマンスク駅前まで移動できました。

料金は110ルーブル(≒209円)でした。

 

観光

オーロラ観測


↑オーロラ

ムールマンスクを訪れる最大の目的は、なんと言ってもオーロラ観測だと思います。

観測スポットとか時期については、こちらのサイトを参考にさせて頂きました。

ムスマンスク情報「アリョーシャ」


↑オーロラ

他の有名なオーロラ観測都市、例えばカナダのイエローナイフとかに比べると、オーロラを見られる確率は低いかもしれません。

ですがムールマンスクは滞在費が安いです。

例えば今回は一泊1,520円の宿に泊まって、オーロラ観測スポットまでは53円のバスで移動しました(もしくは徒歩)

もしかしたらムールマンスクは、『最も安くオーロラ観測できる町のひとつ』かもしれませんね。

 

駅の近所(東側)


↑ホテル

少し歩いただけですが、駅の近所(東側)にはショッピングセンターとか公園を見つけられたくらいでした。

寒い時期だったという事もあって、町歩きでグっとくるポイントは特にありませんでした。

もしかしたら駅と違う場所の方が栄えているかもしれません。

 

駅の近所(西側)


↑駅

特に観光スポットではないかもしれませんが、かなりカッコいい景色です。

こちらはかなりグっと来ました。


↑駅

ロシアでは駅や鉄道の撮影は好ましくないらしいので、注意しながら見学した方がいいかもです。

 

砕氷艦レーニン号

駅を西に15分くらい歩くと、船そのものが博物館になっている『砕氷艦レーニン号』があるはずです。

私は寒さに負けてそこまで辿り着けませんでしたが、おそらくムールマンスクを代表する観光スポットです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

緑の岬


↑湖

駅の北の方にある湖と、その周りにある公園です。

ちょっとした遊園地っぽい雰囲気もあります。

ここに『アリョーシャ』という大きな兵士の像があって、そこら辺が定番のオーロラ観測スポットにもなっているようです。

 

林道


↑景色

33番のバスの終点から奥に行くと林道があります。

ここら辺もオーロラ観測スポットなのですが、昼間散歩しても楽しかったです。

空も町も地面もとても綺麗に見えましたから。

 

食事

マクドナルド


↑看板

駅の近所にあるマクドナルド。

こちらが世界最北の店舗のようです。


↑ハンバーガーとか

でも味は世界どこでも同じです。

もしかしたらこのポテトは、ご当地メニューなのかも?

 

駅の近所の食堂


↑食堂

駅のちょっと北にある食堂です。

大通りに面しています。

食べたいものを指さして選べるので、ロシア語が分からなくても簡単にオーダーできました。


↑ロシア料理

右下のカニグラタンみたいなのが気に入って、2日連続で食べました。

180ルーブル(≒342円)とお手頃価格なのですが、しっかりカニが入っててとても美味しかったです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

宿泊


↑宿

Economy Hotel Vectorに3泊しました。

ドミトリーで1泊800ルーブル(≒1,520円)です。

駅からちょっと離れた丘の上にあるのですが、33番のバスが目の前に停まります。

 

近所にスーパーマーケットがあって便利です。

その先に行くと林道があって、オーロラ観測スポットまで歩いて行ける点も良かったです。

 

買い物

駅前のショッピングセンター


↑お店

マクドナルドがある建物がショッピングセンターになっています。

お土産物屋さんもいくつか入っていて、ロシアとか北極圏っぽい商品がたくさんありました。

 

駅の近所の小さなお店


↑食品

駅の並びに小さなお店がいくつかありました。

イクラとかキャビアとか美味しそうな物を売っていました。

たぶん要冷蔵なので、日本へ持って帰るのは難しいかもしれません。

 

動画

現時点で、ムールマンスクの動画は4本アップロードしています。

再生リストの無職旅ロシア編に足していきますので、合わせてご覧いただけると嬉しいです。

 

マイナス20~25℃という環境でオーロラ観測して、へろへろになって帰宅するあたりが見どころかなあと思います。

ちなみに肝心のオーロラの見え方は、ややうっすらです。

 

その他


↑服

寒いです。

私が行ったとき(12月上旬)だと、最高気温がマイナス19℃とかいう日もありました。

最低気温はマイナス25℃くらいだったと思います。

しっかり暖かくして行きましょう。

私がどんな装備だったかは、別途詳細をアップします(リンクを貼る予定です)

 

まとめ

そんな感じの、ムールマンスク旅の小まとめでした。

各記事へのリンクは、タグのムールマンスクをご覧ください。

決して派手ではないですし、観光スポットも少な目です。

でも「めっちゃ楽しかったなあ」と思える魅力がある、素晴らしい町でした。

 

・自然と歴史がある
・英語が殆ど通じない
・北極圏(特殊な環境)
・優しくて親切な人が多い

などなど、旅を楽しくする要素がたっぷりありますからね。

久々に『旅してるなあという実感』をしっかり味わえて、とても良い思い出になりました。

 

なのでぜひまた行きたいです。

比較的安価にオーロラ観測も出来ますので、そういう点でもオススメ度は高いです。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ロシア
-,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.