無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 10/3-16はヨーロッパ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 タイ

タイ旅にかかったお金

   

投稿日:

今日はタイ旅の費用集計結果です。
次の出発までに、前の旅の分を終わらせないと!

◆渡航準備のお金:1,785円
・ガイドブック1冊.......1,785円←地球の歩き方タイ編(amazonで探す

◆国際移動のお金:約16,934円
・香港(中国)⇒バンコク........15,782円←飛行機、エアアジア
・ハジャイ⇒ペナン島(マレーシア)...1,152円←ミニバス

◆タイで使ったお金:合計26,079円
・食費............5,312円
・宿泊費...........4,422円
・交通費...........9,150円
・入場料...........1,394円
・エンターテイメント.....4,690円←タイマッサージ、バーなど
・ツアー代.............0円
・その他...........1,112円←インターネット、洗濯、荷物預け、トイレなど
(*)お土産代は計上していません。

1バーツ = 2.68円で計算しました。
2012/4/10~4/14、4/20、5/1~5/2、5/5~5/6、5/10~5/13の計14日間、タイ観光しました。
観光した場所はバンコクとノーンカーイだけですが、
国際移動の経由地として、アランヤプラテートとハジャイにも行きました。

今回はタイを拠点として周辺の国に行きましたが、タイにも14日間も滞在してたんですね。
それに夜行寝台列車にも3回も乗ってますし、この金額もまあ納得です。

以下、順不同に適当にタイ旅を振り返ります。

DSC04110
↑街並み

タイといえばバンコク、バンコクといえばカオサン通り。
ここは世界中の旅人が集まるカオサン通りです。

私の旅人としての出発点も、もちろんこのカオサン通りです。
それから10年経っても、その魅力は全然色あせません。

DSC04112
↑屋台

カオサン通りのパッタイ(タイ風焼きそば)の屋台。
これですよ。これを食べにタイに来たんですよ。

DSC04113
↑パッタイ

これで約80円です。美味しいです。
「第二のおふくろの味」的な懐かしさと暖かさを感じます。

DSC04231
↑パッタイ

調味料をかけすぎてしまってもマイペンライ(気にしない)。
私はとにかくパッタイが大好きです。

DSC04302
↑街並み

カオサン通りは夜でも賑やかで楽しいです。

旅人的に世界一楽しくて居心地が良いのは、カオサン通りだと思います。

再認識しました。
そりゃ旅人も世界中から集まるわけですよ。

DSC04305
↑パッタイ

夜でもパッタイ。
朝から晩まで、とにかくパッタイを食べまくりました。

DSC04399
↑水かけ祭り

ソンクラーン(水かけ祭り)をやっていました。
大人も子供も男も女も、とにかく容赦なく水をかけまくります。
暑いなかでの水かけなので、気持よく楽しめました。

DSC04472
↑水かけ祭り

顔に泥(?)を塗りたくったりもします。
とても楽しいお祭りでした。
タイ好きな人は、是非ソンクラーンの時期に行ってみてください。

DSC04355
↑街並み

バンコクの中心部は、綺麗で都会的です。
カオサン通りで安く過ごすことも、町中で豪華に過ごすことも出来ます。
タイでは目的や予算に合わせて、色々な過ごし方が選べます。

DSC04128
↑いい部屋

私が会社員の時にお世話になった、とある紳士のご家庭を訪問しました。

DSC04148
↑寿司

美味しいものをたくさんご馳走して頂きました。(しかも2回も!)
日本でもちょっと食べたことの無いような、かなりハイレベルな寿司でした。
驚きました。
本当にありがとうございました。

DSC04259
↑ホアランポーン駅

この混沌とした感じがいいですね。
10年前はこの雰囲気にビビりまくりでしたが、すっかり慣れたもので、
まったく気にせず一緒に地面に座れるようになりました。

DSC06101
↑寝台

夜行寝台列車にも3回乗りました。
やや幅が狭いですが、かなり快適に寝られました。

タイは交通手段の充実っぷりも凄いです。
値段が安いことも考慮すると、世界トップクラスかもしれません。

DSC04510
↑タイマッサージ

旅人エリアで、相場は1時間200バーツ(≒540円)くらい。

IMG_7159
↑ワット・ポー

寝ている大仏様。

IMG_7239
↑ワット・プラケオ

タイで最も格式高いお寺です。
見所もいっぱいのタイです。

そんな感じのタイ旅でした。
今回は東南アジア旅の拠点(経由地)として滞在したので、
タイの観光はあまりしませんでした。

しかしチェンマイでトレッキングしたり、スコータイやアユタヤの古都を散策したり、
南の島でスキューバダイビングをしたりと、タイには色々な楽しみがあります。
1ヶ月くらいみっちりかけて、タイだけ観光するのもいいと思います。
実際、私も旅人デビューした時は、タイとカンボジアだけで2ヶ月かけましたし。


・お寺、遺跡などの観光地が多い
・綺麗な海でダイビング、雄大な山をトレッキングなど、自然も楽しめる
・物価が安い
・食事が美味しい
・旅しやすい(交通や宿泊の手配が簡単)

以前も書きましたが、

タイは旅向きな要素が全て揃っている

といっても、過言ではないと思います。

トルコなんかもかなりいい線行ってると思うのですが、
日本から近いこととか、物価が安いことも考慮すると、
やっぱりタイが一番だと思います。

旅人として、もう一度ハッキリと書いておきましょう。

私が一番好きな国はタイです。

たぶん今後も逆転はしないと思います。
何度でもタイに行きタイです。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, タイ

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.