無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

その他

-

世界の感動したレストランのベスト3 鼎泰豊、添好運、La Colombina

   

投稿日:

こんにちは。

過去旅からのセレクションという事で、

『世界の感動したレストランのベスト3』を書いてみます。

 

これはもう単純に『めちゃめちゃ美味しかった』という理由で選びました。

では早速3位からご紹介します。

と思ったのですが、最後まで順位付け出来なかったので、同率1位が3つあります笑

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

同率1位 台湾の鼎泰豊(ディンタイフォン)


↑飲食店

1つめは台湾の鼎泰豊(ディンタイフォン)です。

支店も含めると、20回くらい行ってると思います。

 

こちらは台北の本店です。

地下鉄の東門駅の近所にあります。


↑整理券

いつも行列が出来ていますが、システムがしっかりしてるので利用しやすいです。

日本人のお客さんも、とても多いです。

日本語を話す店員さんもいます。


↑グルメ

看板メニューの小籠包(しょうろんぽう)です。

いつも『幸せの味がする』と表現しています。

 

皮は薄くて柔らかくて、そしてもっちりしています。

その中から『何をどうしたらこういう深みが出るんだろう』という、美味しいスープが出てきます。

具もしっかり味なのに爽やかで、本当に素晴らしいです。

 

ちなみに2019年9月は、10個入りが220台湾元(≒748円)でした。

最高の味をこの値段で楽しめるのが、最高に嬉しいです。

台湾のお店ならば、あれこれ食べても1人2,000円前後で済みます。


↑グルメ

ニンニク胡麻ソースあえの麺 110台湾元(≒396円)

私は汁無し麺を一緒に頼む事が多いです。

あまりにも美味しくて、『麺の美味さとは何なのかか?』という事をいつも考察してしまいます。


↑厨房

いつも美味しい小籠包をありがとうございます。


↑グッズ

店頭でグッズを売っているお店も多いです。


↑情報

日本にも多くの支店があります。

個人的には『どの支店も同じくらい美味しい』と思っています。

ぜひぜひ行ってみてください!

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

同率1位 香港の添好運(ティムホーワン)


↑街並み

2つめは香港の添好運(ティムホーワン)です。

地下鉄の深水埗(サムスイポウ)のエリアにあります。


↑飲食店

本店です。

いつも開店前から行列が出来ます。

 

庶民的なたたずまいですが、実はミシュランの一つ星なんです!

『世界で最も安いミシュラン星付き店』としても知られています。


↑グルメ

私は『チョウフン』という点心が好きです。

白くてプルプルっとした皮の中に、色々な具が入っています。

これはチャーシューが入ったもので、お値段は22香港ドル(≒330円)でした。


↑ブログ記事

初めて食べた時は、こんな感想になりました。

味だけでなく、その背景とか哲学的な事までイメージが膨らんでしまいます。

それぐらい偉大な美味しさでした。


↑グルメ

エビシューマイは28香港ドル(≒420円)でした。

もし『特別な存在』として『THE・シューマイ』が存在するならば、これが該当するように思います。

 

などなど色々食べて、総額75香港ドル(≒1,125円)でした。

コスパまで考慮したら、世界一のレストランかもしれないと思いました。

 

初めて行った時の記事

カイタロウ君と行った時の記事

異常なくらい褒めまくってますので、ぜひオリジナルの記事もご覧ください。


↑メニュー

このレストラン、東京の日比谷にも支店があります。

本場とメニュー構成が異なりますし、個人的にはちょっと違うお店なのかなぁと思います。

でももちろんハイレベルで美味しいですよ。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

同率1位 ヴェネツィアのLA COLOMBINA


↑街並み

中華料理が続きましたが、最後の1つはイタリアンです。

私が世界一好きな町のヴェネツィアから!


↑飲食店

カンナレージョ地区にあるLA COLOMBINAというレストランです。

今までに5回くらい行きました。


↑飲食店

可愛い鳥のマークが目印。

こちらもミシュランガイド掲載店になります。


↑飲食店

家庭的な雰囲気のお店なので、1人でも利用しやすいです。

ドレスコードもありません。


↑グルメ

小鉢の料理(タパス)の3点セットは、9ユーロ(≒1,170円)でした。

ミートボール、オレンジとサーモンのサラダ、小魚のマリネです。

 

異次元の美味しさです。

食べている間に、海とか地球が思い浮かびました。

↑これは当時のブログ記事の引用ですが、本当にそう思いました。

あまりにも美味しくて、料理を超えた場所に意識が飛んで行きました。

イタリア料理の神髄が、ちょっとだけ解った気がします。


↑グルメ

パスタは13.5ユーロ(≒1,755円)でした。

チーズとか肉とかスパイスとか色々入っているのですが、

それが融合して超美味しくなって、まるでオーケストラみたいだと思いました。

↑これも本当にそういう感想になりました。

気取ったとかカッコつけた訳ではなく、本当に心の底からそういう感情が湧いてきたんです。

 

ワインも飲んでお会計は30ユーロ(≒3,900円)でした。

バックパッカー的には高額ですが、こんなにも美味しくて幸せな経験が出来たのですから、むしろ安いくらいです。

 

私はかつて『節約志向の旅』をしていましたが、ある時から『食事だけは贅沢する』事が増えました。

もしかしたらそのきっかけになったのは、このレストランでの経験だったのかもしれません。

 

まとめ

そんな感じの、世界のレストランのベスト3(実質的には3選)でした。

 

今回ご紹介したお店は、味が良いのはもちろんですが、さらにこれらの強調点があります。

・価格がお手頃

・行きやすい(観光の中心部から遠くない)

・1人でも入りやすい(カジュアルな雰囲気)

 

もし各都市に行く機会があったら、ぜひ立ち寄って欲しいです。

観光のスケジュールを変更してでも行く価値がありますよ!

 

余談

食事でも観光でも、ランキングを考えるのってけっこう大変なんです。

でもこの3店は圧倒的に抜けた存在なので、少しも悩まずに選べました。

ちなみに日本国内のお店だと、『すしざんまい』が同じくらい好きです。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-その他
-

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.