無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 10/3-16はヨーロッパ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

小笠原

-, ,

3/22小笠原の旅の始まり! 竹芝客船ターミナルから出発です

   

投稿日:

2019年3月22日 金曜日 埼玉県(日本)

おはようございます。

今日から小笠原旅の始まりです!

ワクワクしたり準備が滞ったりして、昨晩はあまり寝られませんでした。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

自宅


↑犬

行ってきます!

↑電車

荷物が大きいので、普通車ではなく特急で移動しました。

↑庭園

JR山手線の浜松町駅で降りました。

 

竹芝客船ターミナル

↑施設

浜松町駅から徒歩10分くらいで、竹芝客船ターミナルに到着です。

ちなみに新橋からゆりかめもに乗った方が楽です。

↑看板

船旅って初めてだから、ちょっと緊張します。

でもワクワクします。


↑施設

予約表を印刷したものを提出して、チェックイン手続きをしました。

※スマホの画面を見せるだけではダメっぽいです、必ず印刷していきましょう

↑施設

ターミナルにはいくつかの船会社がありました。

お店とか自動販売機とかもあります。


↑施設

このお店は島グッズも置いてあるようです。

帰着時にまた立ち寄ってみましょう。

 

おがさわら丸


↑船

10:30、おがさわら丸に乗船します。

この前、『めぐるっとの記者発表会』で来ましたね⇒この記事

でも乗客として来ると、やっぱりワクワク感が全然違います!


↑船

乗りました。

今回の旅は『取材』も兼ねているので、しっかり撮影しなくてはいけません。

でもまだ緊張が解けていないので、控えめな行動になっています。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

2等和室

↑部屋

往路は2等和室にしました。

小笠原海運の公式HPから予約して片道22,390円でした。

 

これがいちばん安い部屋です。

大部屋ですが、場所の割り当ては決まっています。

場所取りとかしないでいいので楽です。


↑部屋

テレビとコンセントもあります。


↑船

そろそろ出発時間です。

デッキに出てみました。

とてもいい雰囲気です、心にグっと来ます。

バスや飛行機の旅と、全然違います!!


↑港

おがじろう君たちがお見送りしてくれます。

おがじろう君は体型的に、あまり派手なアクションはできません。

それでも色々な動きをしてくれて、『お見送りのプロ魂』みたいなのを感じました。

 

例えばジャンプするにしても、

・普通のジャンプ
・連続ジャンプ
・力を溜めてからのジャンプ
・反復横跳び

などのバリエーションを目撃しました。

サングラスをピョコピョコさせるのも得意です。


↑港

ふと気づくと、たくさんの人がお見送りしてくれてますね。

11時に竹芝客船ターミナルを出発しました。

 

出航


↑街並み

いやー、船旅っていいですね~。

景色もいいし、海風も爽やかだし。

旅が始まってまだ7分ですが、早くも感激しています。


↑橋

レインボーブリッジの下をくぐります。

なかなか貴重な光景です。


↑建物

お台場のフジテレビです。

そういえばお台場って、もともとは砲台のために作られたそうです。

ペリーの黒船に対抗するための。


↑船

そんな感じで、小笠原旅が始まりました。

往路の船で1泊(所要24時間)
小笠原の父島で3泊
復路の船で1泊

という、全5泊6日の旅程です。

 

取材について

おがじろう君(小笠原村観光局の方)にお声がけしてもらい、

『小笠原の取材』をする事になりました。

でも私がやることは『いつもの旅』と全く同じです。

いつも通りに旅を楽しんで、それをブログや動画でお届けするだけです。

 

ノルマ的な事はありませんし、そもそも

『広告的なことは不要なので、いつも通りやってください』

と言われています。

 

という背景ではありますが、

このシリーズで小笠原の魅力をしっかり伝えられて、

皆様に興味を持ってもらえたら嬉しく思います。

では行ってきます!

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-小笠原
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.