無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/2-14は真冬のロシア旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

お便り紹介コーナー ポーランド

アウシュヴィッツ強制収容所の見学の話(あっさり目)

   

投稿日:2016-05-29 更新日:

こんにちは。

今日はポーランド南部にある、アウシュヴィッツ強制収容所の見学について書いてみます。

ブログ読者のMさんから、こんなメールを頂きました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ご相談内容

今年も一人旅に行くことに決めました!
7月xxから8月xxの日程でタリン、リーガ、ビリニュス、ワルシャワ、クラクフのプランです。
散々迷いましたが、まだアウシュビッツだけは決めかねています。。。
無職旅さんは、行って良かったですか?

結論を先に書くと、行って良かったと思います。
オススメできます。

見学してどんな感想を持つかは、人それぞれだと思います。
ですが『有意義か無意義か』でいえば、殆どの人にとって、確実に有意義な見学になると思いますので。

 

アウシュヴィッツ強制収容所を見学した話

6464d32f
↑移動中の風景

私は2012年にアウシュヴィッツ強制収容所を見学しました。

アウシュヴィッツ強制収容所

拠点となるクラクフの町から列車+徒歩で移動しました。
当時の運賃は223円くらいでした。
徒歩も含めて、2時間半くらいかかりました。
列車ではなく、バス、もしくはクラクフ発のツアーでも行けます。

2a2a35a7
↑強制収容所入口

私は日本語のガイドツアーに参加しました。
当時の記事でも書きましたが、見学時は何らかのガイドツアーに参加する事を、強くオススメします。

655f3d40
↑展示

教科書やドキュメンタリー番組で見た事のある物が、たくさん展示してありました。
これらを見るだけでも、色々と思うところがあるはずです。

9b11b2e9
↑強制収容所

ですが、ガイドさんの説明してくれる色々な話と合わせて見学すれば、理解度などがかなり高まると思います。

個人的には『説明内容』と同じくらい『説明内容の配慮』も印象的でした。
偏りや誘導などが無いように配慮されてるなあと思いました。

そういった点からも、アウシュヴィッツ強制収容所がどういう場所なのかを、色々と感じ取ることが出来ると思います。

ちなみに、残酷な展示は殆ど無かったと思います。
なのでそういうのが苦手な人でも、それほど心配は無いと思います。
あと、心霊現象などオカルト的な物も、特に発生していないそうです。
なのでそういう面(憑依とか)の心配はしなくてもいいと思います。

拠点となる町のクラクフ

b732a441
↑クラクフの中央広場

おまけ話題。
これはクラクフ旧市街の中央広場です。
日本人的にはそれほど聞き馴染みのない町ですが、実は超凄い観光都市です。

『世界遺産登録の第1グループ』ですしね。
誰もが認める素晴らしい町なんです。

91f5be1e
↑城

お城などなど、見どころがたくさんあります。

4435e168
↑地下

こちらはクラクフ近郊にあるヴィエリチカ岩塩坑。

9/15クラクフ⇒ヴィエリチカ岩塩坑(列車) わくわく

時間があれば立ち寄りたいスポットですね。
楽しいです。

宣伝⇒ JTBの中欧ツアーをチェックしてみる

話は戻りますがMさんは、
タリン→リーガ→ヴィリニュス→ワルシャワ→クラクフ
というプランなのですね。

国名でいうと、エストニア→ラトヴィア→リトアニア→ポーランド、となります。

 

個人的には『西欧よりも東欧旅の方がオススメ』というスタイルではありますが、「このルートは特に理想的だなあ」という印象を持ちました。

全ての区間で、
・物価がそこそこ安い
・宿泊施設がたくさんあって便利
・バス運行が充実してて便利
・食事も美味しい
という事が言えますので。
いいなあ。
行きたいなあ。

おしまい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-お便り紹介コーナー, ポーランド
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.