無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/5-15は台湾旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 カンボジア

-,

カンボジア旅の費用集計&まとめ2015 便利で快適で楽しかった

   

投稿日:2015-04-02 更新日:

カンボジア旅のまとめ記事でございます。

各記事へのリンクは、カンボジアもくじをご覧ください。

2012年の旅の分と一緒になっています。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

費用集計

◆渡航準備のお金:0円

2012年に買った地球の歩き方をスキャンして持っていきました。

Amazonの売り場⇒地球の歩き方 カンボジア

 

◆国際移動のお金:約9,060円

区間 金額 備考
入国:パークセー(ラオス)⇒プノンペン 3,300円 バス
カンボジアのビザ代金 4,200円 35USドル 国境で取得
出国:シェムリアップ⇒バンコク(タイ) 1,560円 バス

150217tizu1
↑移動経路

こんな感じで移動しました。
ベトナムのホーチミンシティからプノンペンに移動するルートの方が楽かなー?と思いました。

 

◆カンボジアで使ったお金:合計234USドル(≒28,168円)

項目 金額
食費  9,658円
宿泊費  5,880円
交通費 5,070円
入場料  5,880円
エンターテイメント  1,440円
ツアー代  0円
その他 240円

お土産代は計上していません。
宿泊は9泊分の値段です。
エンターテイメントの項目は、マッサージ代が計上されています。

1USドル≒4000リエル≒120円で計算しました。

2015年2月4日~2月13日の10日間、カンボジアを旅しました。
行った場所はプノンペンとシェムリアップです。

 

まとめ

10泊もしてましたか。
カンボジアに行くのは3回目だったのですが、いつも急ぎ足だったので、こんなにゆっくりしたのは初めてです。

それに食費が一番高くついたというのも、今までの旅ではあまり無かった事です。
各費用のバランスからも、『グルメ&リラックスの旅だった』という事がわかりますね。

P2040663
↑国境施設

ラオス側、カンボジア側ともに、国境職員さんがワイロの要求をしていました。
やや不穏な感じで、カンボジア旅がスタートしました。

 

プノンペン

IMG_6955
↑街並み

まずは首都のプノンペンです。

もっと殺伐としていて危険なイメージがあったのですが、
この10年くらいでかなり改善されたようです。
驚きました。

IMG_6952
↑部屋

定番中の定番であるキャピトル1というホテルに泊まりました。
こんな広々とした部屋が9USドル(≒1080円)ですから、安くて助かります。

P2050701
↑ベトナム料理

ホテルと同じ建物にレストランもATMもツアーデスクもあるので、とても便利でした。

IMG_6983
↑市場

プノンペンの市場は、とても綺麗に整っていました。
『一般的なカンボジアのイメージ』とは、かなり違う雰囲気だと思います。
外国人観光客も多かったです。

IMG_7057
↑ショッピングセンター

確かカンボジアに初めてエスカレーターができたのって、21世紀に入ってからだったと思うんです。
それが2015年には、こういう建物があちこちにあるんですから。

驚きのスピードで開発されているようです。

IMG_7067
↑処刑場

プノンペンで必ず行くべき場所はキリングフィールドと、

IMG_7182
↑収容所

そしてトゥールスレン刑務所博物館だと思います。

決して楽しい場所ではありません。
むしろ辛い落ち込んだ気持ちになるでしょう。
でも是非見学して欲しい、意義深い場所だと思います。

【参考記事】
2/6プノンペンのキリングフィールド(処刑場)を見学
2/6トゥールスレン刑務所博物館を見学 ショッキングな場所です

 

シェムリアップ

IMG_7346
↑宿

プノンペンで3泊した後は、シェムリアップに移動しました。
こちらも定番のタケオゲストハウスに宿泊しました。
1泊朝食付きで3USドル(≒360円)でございます。

IMG_7449
↑シェムリアップのマーケット

プノンペンの発展具合にも驚きましたが、シェムリアップも凄い事になってました。
かなり綺麗でおしゃれです。

P2090839
↑シェムリアップのお店

スーパーマーケットもこんな感じです。
建物自体が新しいとはいえ、日本より綺麗ですよ!

シェムリアップは世界中からたくさんの観光客が来ますので、
町そのものも、観光地として洗練されてきているように思います。

IMG_7816
↑乗り物

今回は電動スクーターを借りて、アンコール遺跡群を見学しました。
これが超楽しかったです。

IMG_8020
↑遺跡

好きな場所に好きな時間に行ける、自分のペースで散策できるのって、本当に素晴らしい事ですね。

IMG_7979
↑遺跡

過去2回のアンコール遺跡群見学よりも、今回の方が圧倒的に楽しかったです。
ちょっと気になった場所で、気軽に停車して撮影できたのも嬉しいです。

IMG_8188
↑遺跡

その中でも一番印象的だったのが、早朝の『タ・プローム遺跡』です。

元々素晴らしい遺跡ではありますが、
人が少なくて静かだというだけで、ここまで魅力が違うとは。

IMG_8223
↑遺跡

昼間の混雑した時間帯とは、神秘性が10倍くらい違います。
ゾクゾクっとするくらい感動しました。

IMG_7807
↑遺跡

もちろん主役であるアンコールワットも、しっかり見学してきました。
今回は3日券を買いましたが、5回くらい行きました。

IMG_8346
↑遺跡

アンコールワットは大きくて格好いいです。
世界トップクラスに恰好いいです。
何回来ても、感動が薄れる事はありません。

気になっている人は、ぜひ行ってみてください。
時期は12~1月が比較的涼しいのでオススメです。

P2120909
↑カンボジア料理

え?これ全部で540円!?
自分でメモ帳を見て驚いてしまいました。

シェムリアップは本当にいい町ですねー。
繁華街はおおむね綺麗ですので、『東南アジアの雰囲気はちょっと苦手』という人でも、それほど抵抗なく買い物や食事ができると思います。

P2130921
↑バス

そしてミニバスでタイのバンコクへと移動しました。

そんな感じのカンボジア旅でした。
本文中でしっかり魅力を書けたと思うので、まとめたり付け加えたりする必要はなさそうですね。

便利で快適で楽しくて意義深くて。
カンボジア、かなりオススメでございます。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, カンボジア
-,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.