無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 次の旅は9月ごろ?

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 エジプト

-, , , ,

エジプト旅の費用集計&まとめ(2012年) エジプト楽しすぎてやばい(しかも安いし猛烈にオススメ)

   

投稿日:2013-02-14 更新日:

8fd33f8a

エジプト旅の費用集計記事です。

各記事へのリンクは「エジプトもくじ」をご覧ください。

この旅の期間は、2012/11/15~11/27の13日間です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

費用集計

渡航準備のお金:1,785円

・ガイドブック1冊.....1,785円←地球の歩き方エジプト(Amazonで探す

 

国際移動のお金:約19,200円+α

入国:コロンボ(スリランカ) ⇒ カイロ 17,970円(サウジアラビア航空)
出国:カイロ ⇒ ラルナカ(キプロス) ???円(ANA特典航空券)
エジプト入国ビザ 1,230円(カイロ空港で取得、15ドル)

 

エジプトで使ったお金:34,892円

食費 7,314円
宿泊費 4,185円(8泊+デイユース2回+空港野宿2回)
交通費 7,688円
入場料 8,033円
エンターテイメント 0円
ツアー代 6,135円
その他 1,537円(チップ、日用品など)

(*)お土産代は計上していません

1エジプトポンド = 13.5円で計算しました。

1USドル = 82円で計算しました。

2012/11/15~11/27の13日間、エジプト観光しました。

行った場所はカイロ、バハレイヤ・オアシス、ルクソール、アスワン、アブシンベルです。

 

まとめ

物価が安いエジプトではありますが、けっこう贅沢したので、こんな金額になりました。

タクシーに何回か乗りましたし、高級な夜行寝台列車も乗りましたし。

それにしても宿泊費の安さが際立ってますね。

「なんじゃこりゃ?」と思うレベルですよ。

cf71c5d7
↑移動経路

カイロからナイル川に沿って南下しました。

左側にポツンとあるのは、ツアーで行ったバハレイヤ・オアシスです。

最初に書いてしまいますが、

エジプト旅はボリュームありすぎでした。

行った場所の写真を適当に並べるだけでも、かなりの量になります。

それをふまえて振り返ってみましょう。

 

カイロと周辺

DSC00954
↑ピラミッド

まずはギザのピラミッド。

言わずと知れた、世界で最も有名な遺跡です。

IMG_1194
↑スフィンクス

そしてスフィンクス。

「意外と大したことない」とか「思ってたより小さい」なんて声も聞きますが、そんなことないと思います。私は大満足でした。

IMG_1293
↑砂漠

1泊2日のツアーで砂漠に行きました。

DSC01062
↑ガイドさん

砂漠のど真ん中で料理。

IMG_1340
↑料理

砂漠のど真ん中で食事。

とても美味しかったです。

星空を見ながらの砂漠キャンプは、最高に面白かったです。

貴重な体験ができました。

IMG_1672
↑デモ

カイロのデモの様子。

宿のすぐ近所だったので、私も慎重に見学しました。

中央に見える白いすじは、催涙弾の煙です。

IMG_1685
↑デモ鎮圧用の装甲車

凄い場面を目撃してしまいました。

これもまた、貴重な体験ができたと思います。

IMG_1765
↑デモで負傷した人

だいぶ激化してきたので、私も別の町に避難することにしました。

ちなみにこの人はちゃんと生きてますので、ご安心を。

IMG_1823
↑カイロの街並み

カイロは町歩きもかなり面白かったです。

ここまで味のある旧市街は、そう多くはありません。

IMG_1831
↑子供

言葉はあまり通じませんが、気さくに話しかけてくる人も多く、楽しく散策することができました。

「エジプト人は嘘つきで強引で酷い人ばかりだ!」と聞いていましたが、それは観光地にいるごく僅かな人たちだけで、だいたいは良い人だと思いました。

私はエジプト人が大好きになりました。

でもそういう悪い人がいることも確かなので、観光の歳はご注意を。

ピラミッド前のラクダの客引きとか、かなり強引で大変でした。

DSC01211
↑コシャリ

エジプトの伝統料理のコシャリ。

ご飯とスパゲティとマカロニと豆が混ざっている、訳の解らない料理です。

ちなみにお値段はこれで68円くらい。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ルクソール

IMG_1914
↑ルクソール神殿

カイロの次はルクソールへ。

こちらも見所盛りだくさんの町です。

DSC01320
↑コシャリ

そしてコシャリ。

実はそれほど美味しくはないのですが、なぜかハマりました。

気がついたらほぼ毎日食べていました。

IMG_2032
↑カルナック神殿

全体的に入場料は割高でした。

でもそれに見合う偉大な遺跡ばかりでした。

巨像とか壁画とか、超萌えでございます。

IMG_2022
↑エジプト女性

実は写真好きかも?

DSC01359
↑コシャリ

この日もコシャリ。

DSC01406
↑王家の谷

ルクソールでは自転車を借りて散策しました。

とても暑かったですが、自転車でまわると余計に楽しく感じます。

王家の谷は、やはり独特な魅力というかオーラがあると思いました。

DSC01454
↑コシャリ

毎日コシャリ。

IMG_2250
↑ナイル川

ルクソールのあとはアスワンに移動。

 

アスワンと周辺

IMG_2275
↑アブシンベル神殿

ツアーでアブシンベル神殿などを見学しました。

いやー、ホントにエジプトは見所が盛りだくさんでございます。

IMG_2383
↑ダム

世界一大きいという、アスワンハイダム。

現時点では、

無職旅認定:世界一ガッカリな観光地

でございます。

 

ダムの上からちょこっと見渡すくらいでしたし、、、うーん。。

パラグアイのイタイプーダムの方が、だいぶ良かったです。
(あちこち移動したり、放水を見られたりしたので)

参考記事:大迫力の水

DSC01542
↑鶏肉とご飯

これで189円というお手頃さ。

バランスも味付けも良く、量も多くて大満足でした。

DSC01609
↑コシャリ

でもやっぱりコシャリ。

エジプトを出ても、しばらくはコシャリを求めていました。

コシャリ中毒になっていたのかも?

 

まとめのまとめ

と、そんな感じのエジプト旅でした。

写真を時系列順に並べて適当にコメントしただけなので、まとまりがない文章になってしまいました。

でもエジプトの魅力は、そこそこ伝えられたと思います。

 

旅人視点でいうと、今回の旅でいちばん面白かったのはエジプトです。

考えるまでもありません。ぶっちぎりです。

・物価が安い(これが特に重要!)
・見所がもりだくさん
・適度にエキサイティング
・料理はまあまあ美味しい
・日本人の旅仲間も多い

などなど、、、見出しだけでも書ききれない気がします。

私が行った他にも紅海のリゾート地とかもありますし、エジプトの観光地の実力は物凄いです。

悪い人とかデモとかに気をつける必要がありますが、それでも一生のうちに1度は行きたい国だと思います。

強烈にオススメです。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, エジプト
-, , , ,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.