無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 10/3-16はヨーロッパ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 チュニジア

-, , , , ,

チュニジア旅の費用集計&まとめ2012 砂漠、旧市街、遺跡など盛りだくさん

   

投稿日:2013-02-15 更新日:

チュニジア旅の費用集計記事です。

各記事へのリンクは「チュニジアもくじ」をご覧ください。

旅の期間は、2012/12/1~12/9の9日間です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

費用集計

渡航準備のお金:1,995円

・ガイドブック1冊.....1,995円←地球の歩き方チュニジア(Amazonで探す

 

国際移動のお金:約7,372円+α

区間 金額 備考
入国:ラルナカ(キプロス)⇒チュニス ???円 エジプト航空(ANA特典航空券)
出国:チュニス⇒マルタ 7,372円 チュニスエアエクスプレス

 

チュニジアで使ったお金:合計16,104円

項目 金額
食費 4,154円
宿泊費(7泊)  5,088円
交通費 4,013円
入場料  477円
エンターテイメント 0円
ツアー代  2,120円
その他(チップ、日用品など) 250円

お土産代は計上していません。

1チュニジアン・ディナール = 53円で計算しました。

2012/12/1~12/9の9日間、チュニジア観光しました。

行った場所はチュニス、ドゥーズ、スース、ケロアンです。

 

まとめ

121208tizun
↑移動経路

妙なルートでしたが、こんな感じで移動しました。

キプロスからエジプト航空で、カイロ経由でチュニジアに行きました。

 

チュニス

DSC01859
↑チュニスの街並み

まずはチュニスの旧市街。

観光地でもありますが、普通に人々の生活に使われているような感じでした。

お土産物屋さんよりも、普通の物を売るお店の方が多かったかもしれません。

DSC01862
↑チュニスの屋台

パン屋さんが多かったかも。

DSC01869
↑スパゲティ

あとスパゲティ屋さん(?)がやたら多かったです。

町の食堂でも、だいたいはスパゲティボロネーゼを取り扱っています。

平均的な味は、、、、「学校給食が残念になった感じ」だと思いました。

IMG_2940
↑チュニスの街並み

なかなかに味のある旧市街です。世界遺産にも登録されています。

でも夜は人通りが極端に減るので、ちょっと危険になります。

強盗が出ることもあるようです。

IMG_2966
↑チュニジア人

話しかけてきたり、「写真撮って!」って言ってくる人も多かったです。

北アフリカの観光国というと、他にはモロッコやエジプトがありますが、その中でもチュニジア人は、素朴というか柔らかい雰囲気があります。

しつこい客引きとかも、比較的少ないです。

DSC01896
↑チュニジア料理

ラプラビ。

自分でちぎったパンに、豆のスープとかをかけて食べます。

エジプトのコシャリと同様に、これもだいぶ気に入りました。

消化も良さそうだし暖かいし、朝食にピッタリです。

ちなみにこれでお値段は95円くらいです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ドゥーズ

IMG_2975
↑靴職人さん

砂漠の町のドゥーズに行きました。

DSC01942
↑チュニジア料理

クスクス。

粒のようなパスタに、肉とか野菜が乗っています。

これはちょっと、、、、すみません、あまり美味しくなかったです。

たまたまハズレのお店だったのか?それともクスクスがこんなものなのか?

どちらかは分かりませんが、とにかく無職旅史に残る不味さでした。

DSC01945
↑砂漠の町ドゥーズのおじさん

日本人観光客も多く訪れているようです。

微妙な日本語を少々話してくれました。

 

砂漠

DSC01963
↑砂漠とラクダ

ドゥーズから、1泊2日のサハラ砂漠ツアーに行きました。
(でも参加者は私1人だけでした)

町から砂漠まですぐ、というか砂漠の中に町があるので、ちょっと移動するだけでこんな感じの場所になります。

IMG_3092
↑ラクダ

エジプトの砂漠ツアーも楽しかったのですが、やっぱりラクダに乗っての砂漠移動はひと味違いますね。

DSC02035
↑砂漠のおじさんと、ツアーのガイドさん

ツアー参加中はあまりの地味さに、なんとも微妙な心境でしたが、後で写真を見て振り返ってみると、かなり良かったと思います。

朝っぱらからこの2人と、屋外で一緒に食事ですよ。

しかも砂で釜を作ってパンを焼いたりとか。

とても貴重な経験が出来たと思います。

言葉が通じれば、もっと面白かったのでしょうね。
(アラビア語かフランス語)

 

ガベス

DSC02091
↑チュニジアの子供

ガベスという町で子供が道案内をしてくれました。

チュニジアの子供たちも人懐っこくて好印象です。

ただ彼は「仲間内でも有名な奇妙な少年」だったらしく、変な場所に行ってしまうので、なかなか目的地に辿りつけずに苦戦しました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

スース

IMG_3267
↑スースの街並み

続いて、スースという町の旧市街です。

チュニジアには世界遺産に登録されている町が、いくつもあります。

DSC02134
↑チュニジア料理

ここでもラプラビ。

かなりお気にいりです。

DSC02154
↑チュニジア料理

これはキョフテジだったかな?

辛くてジュワっとしてて美味しかったです。

あと、何かにつけてフランスパンが添えられてきます。

 

ケロアン

IMG_3319
↑ラクダ

ケロアンという町の聖なる井戸の聖なるラクダ。

町中にも見所がたくさんあるのですが、私はあまり見学しませんでした。

今思うとちょっと不思議です。疲れていたからかな?

DSC02222
↑スパゲティ

混雑しているレストラン(?)にて、スパゲティ・カルボナーラ。

残念なスパゲティが多いなか、これは例外的にかなり美味しかったです。

 

カルタゴ

IMG_3484
↑遺跡

チュニス近郊にあるカルタゴ遺跡。

これは古代の浴場の跡です。

チュニジアもエジプトに負けず劣らず、各地に見所がたくさんあります。

さすがに冬は無理ですが、暖かい季節にはビーチも賑わうみたいです。

DSC02268
↑ラプラビ

 

まとめのまとめ

そんな感じのチュニジア旅でした。

エジプトほど盛り上がるということはありませんでしたが、全体的に楽しくゆったりと旅が出来たと思います。

北アフリカの観光国を比較すると、↓こんな感じだと思います。(あくまでも私の主観ですが、おおむね合っていると思います)

見所の多さ、偉大さ

エジプト>モロッコ>チュニジア

観光しやすさ

チュニジア>モロッコ>エジプト

 

観光地が賑わえば賑わうほど、それに伴って悪い人も増えると思います。(強引な客引き、不当に高額なツアーを売りつける人など)

ですので、

「イスラム文化とか砂漠を味わいたいけど、ちょっと自信がない人」

にとっては、チュニジアはピッタリな国だと思います。
(そうでない人にも、それなりにオススメです)

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, チュニジア
-, , , , ,

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.