無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 10/3-16はヨーロッパ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

中国

-, ,

8/16上海ぼったくりバー概要(被害にあった体験談)

   

投稿日:2011-09-03 更新日:

img_3092

少し時間をさかのぼって、旅の記事を再開します。

8/16に、イスタンブールから上海に移動しました。
その夜、バーに入ったらとんでもない金額を請求されました。

という話の詳細を書きます。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

上海の南京東路

IMG_7889
↑街並み

南京東路。
上海の中心部にある、とても賑やかな繁華街の通りです。
夜でも明るいし人通りは多いし、そこそこ安心な感じです。

大通り沿いにバーを発見。
客引きが声をかけてきました。

「ここは安くてグレートなお店ですよ!どうぞ寄ってってください!」

「南京東路のお店はトラブル多いらしいけど、このお店は大丈夫ですか?」

「ダイジョブダイジョブ、ささ、どうぞどうぞ!」

「私は500元しか持っていないから、高額請求してきても支払えませんよ」

「ダイジョブダイジョブ、安いです安いです、どうぞどうぞ!」

ちょっと怪しい感じもしましたが、大通り沿いのお店だし、
そこそこ賑わってるし、美女も居るし、入店する事にしました。

 

とあるバーに入店

カウンターに座ろうとしたのですが、何故かカラオケルームに案内されました。
カウンターを掃除するので、ここで5分くらい待ってくださいとの事。

とりあえずビールを注文。
中ビン一本で50元(≒650円)もします。
かなり強気な価格設定ですね、、、

でも今日は豪遊するつもりだったから、これくらいは許容範囲でございます。
現金で50元を支払い、ちびちびと飲み始めました。

少ししたら、店員だか客だかわかりませんが、そこそこの美女が2人
一緒に飲みましょう的な感じで入室してきました。

どうぞどうぞ。ウェルカムでございます。
ただし睡眠薬を飲まされたり、置き引きに合わないように、全力で注意します。

「オニーサンカッコイイネ、カクテルオゴッテクダサイ!」

ちやほやされるのは嬉しいですが、ここはキッパリと拒否。
しつこくお願いされても、色仕掛けでこられても、とにかく拒否。
ここで承諾しちゃうと、後で高額請求されるかもしれませんし。
そんなやり取りを3分くらいしたあと、2人は諦めて部屋を出て行きました。

さて、そろそろカウンターの清掃も終わった頃でしょう。
私もカラオケルームを出ようと思って立ちあがりました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ここから修羅場です

P1370230
↑店員

いきなり男性店員2人が、凄い剣幕でカラオケルームに入ってきました。

「アンタ、ここで何してたんだ!?」

チェ・ホンマンのような大男が、割と上手な日本語で怒鳴りつけてきました。
私も178cm80kgと、日本人にしては体格が良い部類です。
でも2メートルくらいありそうな怒れる巨人には、圧倒されてしまいます。

「え???何もしていませんが何か???」

「嘘をつくな!女の子とエッチな事をしていただろう!」

う~ん、、、
本当に何もしていないんだけどなぁ、、、
カクテルをねだられるときに、腕を組んでくっついてこられたけど、
まさかそれが『エッチな事』に該当するのかな??

「それに、アンタずいぶんと飲んだね。カラのグラスがたくさんあるじゃないか!」

部屋のすみっこに、何も入っていないグラスがいくつかありました。
でも、もちろん自分とは無関係です。最初から置いてあったものですし。
色々とムチャクチャですが、一応事実作りはするんですね。

「たくさん飲んで遊んだんだから、ちゃんとお金を払いなさい!」

といって請求書を見せてきました。
ひとつも納得できません。
「ここはぼったくりバーだから大金を払え!」と同義だと思います。

全く身に覚えが無いし、理屈もおかしいですが、ここがぼったくりバーだということは理解しました。
そして、私がそれに引っかかってしまったということも。
(いち、きゅう、ぜろ、ぜろ、ぜろ、、、、え???、、、、19000元!?)

請求された金額は、驚きの19000元(≒247,000円)でした。

オイオイオイ、いくらなんでもやりすぎでしょう。
南京東路のカフェとかバーでは、ぼったくり事件が頻発しているそうです。
でもその被害額は、せいぜい数万円という噂です。
この金額は強気すぎるでしょう、、、そもそも請求される理由が無いし。

「私は何もしていないし、それも飲んでいません。だから支払いません。帰ります」

こんな状況でも、落ち着いて毅然とした態度が取れました。自分グッジョブ!
もちろんビビってます。心臓はドクンドクンです。音が聞こえるくらいです。
でも弱気なところを見せてはいけません。
慌てず怯えず落ち着いて、カラオケルームのドアノブに手をかけました。

あれ?

手を振り払われたよ。

通せんぼされてるよ。

「そこに座れ!」って怒鳴られてるよ。

これはまさか監禁されているのでは?

かなりピンチなのでは?

理屈は通じない感じですが、とりあえずあれこれやってみました。

 

私の行動その1

私:「500元くらいなら、素直に払うよ。でも19000元は払わないよ。警察呼ぶよ」
店:「警察呼べば?エッチな事してたんだから、アンタが逮捕されるだけだよ」

私が逮捕されることは無いでしょうが、ここは地下だから電波入らないし、
そもそも携帯電話持っていないしなので、警察は呼べませんでした。

 

私の行動その2

私:「そんな大金は持ち歩いていない。ホテルの部屋に財布があるので、一緒に行きましょう」
店:「駄目だ。今ここで支払わないと帰さないよ」

隙をみて逃げ出すつもりでしたが、それも失敗。

 

私の行動その3

私:「女の子可愛かったね!お店の雰囲気もいいし、19000元くらいしても当然だよね。
さっきはゴネてごめんね。クレジットカードで支払うよ!」
店:「最初から素直に払えばいいんだよ」

もうね、諦めました。
この状態で、支払わないで帰るのは無理です。

なので、『不当な請求を回避する』から、『無事にホテルに帰る』に、
第一目標を切り替えました。

バカのふりをしてみたり、やたらと友好的になってみたり。
とにかく無事に帰れるよう、全力を尽くしました。
お金は取り返せるかもしれませんが、怪我をしては取り返しがつきませんから。
最悪の事態も想定しなくてはいけませんし。。

支払いが終わっても、なかなかカラオケルームから出してもらえず、大変でした。

 

結果

・クレジットカードで、19000元(≒247,000円)を支払った
・8月のVIPに認定されて大喜びした(警戒心を解くための演技)
・また明日、目当ての女の子に会いに来るという約束をした(警戒心を解くための演技)

そんな感じで、無事に店を出ることができました。
そして走ってホテルに帰着。

ホっとした気持ち 80%
旅でトラブルに遭遇してしまい悔くて申し訳ない気持ち 5%
ブログのネタができたぞと楽しむ気持ち 5%
甘く見るなよ絶対に取り返してやるからなという気持ち 10%

そして明日のリベンジを誓いながら寝ました。
おやすみなさい。

 

追記(2011年10月1日)

ご閲覧ありがとうございます。
アクセス数がえらいことになっててビビりました。
たくさんコメントも頂きましたので、後日じっくりと読ませて頂きます。

なお関連記事である、

その2:上海ぼったくりバー対応
その3:
上海ぼったくりバー解決

↑も、よろしければご覧ください。
ぼったくりの被害にあったあとの対応と、結末についての記事です。

今回の件は、私の警戒心や慎重さが足りなかった事が、大きな原因のひとつだと思います。
皆様にアドバイスして頂いた通り、今後は気を引き締めて行動しようと思います。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-中国
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.