無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ロシア

サンクトペテルブルク到着

   

投稿日:

************************
2012年7月10日 火曜日 夜行列車の中(ロシア)

おはようございます。
モスクワからサンクトペテルブルクまで、夜行列車の寝台で移動しています。

DSC08055
↑駅

6:45、目が覚めたらサンクトペテルブルクに到着していました。
ちょっと眠いので、ヨロヨロ歩きながら列車を降りました。

隣のホームには、なんか速そうなのが停車していました。
私は9時間45分かけて移動しましたが、速い列車だと2時間半くらいだと思います。

DSC08058
↑サンクトペテルブルクのモスクワ駅

ベンチでちょっと休憩。
無料で無線LANも使えました。

ところでロシアの駅名は、面白くて便利な(?)ルールで名付けられています。
長距離列車の発着する駅は、その行き先の地名が駅名になっています。

例えばモスクワ市内には、
・レニングラード駅 : モスクワ⇔レニングラード(現サンクトペテルブルク)の列車の発着
・ベラルーシ駅 : モスクワ⇔ミンスク(ベラルーシの首都)の列車の発着
・キエフ駅 : モスクワ⇔キエフ(ウクライナの首都)の列車の発着
などの駅があります。
でも、モスクワ市内にはモスクワ駅は無いのです。

最初は戸惑いますが、実は便利かもしれませんね。
とりあえず行きたい地名の駅に行けば、その列車が発着しているのですから。

DSC08065
↑駅前

気温は19℃くらい。だいぶ北上したのでちょっと肌寒いです。
ジャンパーを着ている人もいますね。

と思ったらTシャツの人もいました。

DSC08071
↑花屋さん

まずは宿探しです。

DSC08076
↑宿

地球の歩き方に乗っている、ピラウという宿に来てみました。

・・・って、ここのはずなんですけどね。
「38」っていう住所の表示があるだけで、宿の看板が見つかりません。
う~ん。。

DSC08083
↑ドア

宿の住所は、ルビンシュテイン通りの38-12です。
そしてここは「38」のドアの前です。

でもドアは堅く閉ざされています。
う~ん、どうしたらいいんじゃろ。

おそるおそる、ドア脇のボタンを押してみました。

「1」、「2」、「ベルのマーク」

ジリジリジリ・・・

どこかに繋がったようです。

ガチャ

ドアの鍵が開きました。

DSC08082
↑建物内

内部にも看板は無し。
突き放された感じです。
かなり不安ですが、でもドアは開いたしなぁ。ここでいいんだろうなあ。

DSC08081
↑ドア

やはり看板は無いものの、

「12」

と書かれたドアのチャイムを押してみました。

ガチャリ

DSC08077
↑室内

合ってました。無事に入室できました。

後から来た別の旅人も、
「ここって宿泊施設ですか?」
ってまず質問していましたし、それくらい解りづらい宿です。

DSC08079
↑おやつ

空室はあるものの、まだ準備ができていないので、
午後まで待つことになりました。

コーヒーや紅茶は、無料で飲めます。

DSC08080
↑おやつ

生まれて初めて、砂糖と塩を間違えて入れてしまいました。
作り直し。

無料で無線LANも使えるし、全体的に雰囲気の良い宿です。
しばらく休憩したあと、荷物を預けて外出することにしました。

IMG_0075
↑街並み

DSC08084
↑ポスター

意味が全然解りませんが、猫がいい味出してます。

IMG_0077
↑街並み

DSC08085
↑街並み

大きなソファが放置してありました。

IMG_0080
↑街並み

確かにモスクワに負けず劣らず、サンクトペテルブルクはいい町のようです。

IMG_0082
↑サブウェイ

看板の英語バージョンとロシア語バージョン。
ロシア語バージョンの方は、矢印のつけ方がかなり強引ですね。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ロシア

Copyright© 無職旅2 , 2021 AllRights Reserved.