無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/2-15は東欧に行ってきます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ポーランド

9/12ヴロツワフの百周年記念ホール(世界遺産)と、日本庭園(かなりガチ)を見学

   

投稿日:

2017年9月12日 火曜日 ヴロツワフ(ポーランド)

おはようございます。

いやー、明後日が帰国のフライトとか、悪い冗談ですよね???

とか思ったりもしましたが、しっかり現実を受け入れて、残りの日程を楽しみましょう。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

朝食


↑宿

シナモン ホステル (Cinnamon Hostel)に泊まっています。

快適に寝て7時頃に起きてゆったり身支度をして、8時から朝食にしました。


↑朝食

無料朝食セット。

パンとシリアルとコーヒーです。

簡素ながらも、外出しないで朝食をとれるのは楽でいいです。

 

ヴロツワフ観光


↑トラム

昼過ぎのバスでプラハに移動するので、朝食後はすぐに外出しました。

午前中に急いでヴロツワフ観光をします!

今日はいい天気になってくれて嬉しいです。

 

まずは宿の近所からトラムの10番に乗りました。

チケットはキオスクで買って3ズウォティ(≒90円)。

乗車後に自分で打刻します。


↑街並み

ちょっとだけ郊外に来ました。

 

百周年記念ホール


↑ホール

こちらを見学しに来ました。

百周年記念ホールという建物です。

その名前の通りホールなのですが、『近代建築に重要な位置を占める』として、世界遺産に登録されています。


↑ホール

テレビ撮影っぽい人もいました。

ですが、こちらが世界遺産である凄さは、私にはまだ理解できておりませんです……

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

日本庭園


↑庭園

すぐ隣のシチトゥニツキ公園のなかに、日本庭園があります。

こちらも見学してみましょう。

ここが入口っぽいけど、進入禁止マークがありますね。

入口を探して、柵の外側を歩いてみます。


↑街並み

入口がなかなか見つかりません。


↑庭園

一周して、同じ場所に戻ってきてしまいました。

ただ単に、マークの付いてない方が入口でした。

徒労。


↑看板

気を取り直して入場。

なかなか本格的な感じですね。


↑庭園

と思ったら、かなりガチな日本庭園でした。


↑庭園

東京の庭師のアライ・マンキチさんが立ち合って、1913年に作られたそうです。

素晴らしい庭園です。さぞや名のある庭師さんなのでしょう。

この写真だけ見たら、ポーランドだとは思いませんよね。


↑庭園

池とか滝とかもありました。

私は『とりあえず富士山と忍者と寿司を出しておこう!みたいなファンタスティックな日本感』も、けっこう好きです。

 

でもこういった本格的な日本庭園は、やっぱり心が落ち着きますね。

もし私がヴロツワフに住んでいたら、リラックスするために定期的に訪れると思います。

いやー、お見事な庭園でした。

 

百周年記念ホール


↑ホール

百周年記念ホールの方に戻りました。

毎時0分に噴水ショーをやっているので、それを見学しました。

クラシック音楽とともに、噴水が色々な動きをします。

夜にはライトアップもされるようです。


↑岩下の新生姜アルパカちゃんとホール

ヴロツワフの百周年記念ホールは、世界遺産に登録されています。

ホール内部も見学しようと思ったのですが、なぜかチケット売り場に誰もいなくて……諦めました。


↑ホール

ご年配の団体さんも来ていました。

 

正直なところ、百周年記念ホールの凄さは理解できないままでしたが、噴水ショーは良かったです。

あと日本庭園もとても良かったです。

時刻は10:07、トラムで旧市街に戻ってもうちょっと観光しましょう。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ポーランド
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.