無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 10/3-16はヨーロッパ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ベトナム

-, , ,

ニンビン旅の小まとめ(2019年5月) 暑かったけど『旅してる感』も味わえて凄く楽しかった!

   

投稿日:2019-07-03 更新日:

ニンビン旅の小まとめをします。

各記事へのリンクは、タグのニンビンをご覧ください。

2019年5月18日に、ハノイから日帰りでニンビンを旅しました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

場所


↑地図

ニンビンはベトナム北部の町です。

ハノイから日帰りツアーでも観光できます。

 

移動

ハノイから電車で


↑電車

私はこんな電車で移動しました。

9:00ハノイ⇒11:30ニンビン 13.1万ドン(≒655円)

16:51ニンビン⇒19:12ハノイ 12.7万ドン(≒635円)

 

チケットは当日の朝にハノイ駅の窓口で買いました。

『ソフトシート』という種類の席で、けっこう快適でした。

『ハードシート』の方が安いですが、それなりに過酷という噂です。

 

観光

レンタバイク


↑オフィス

私はニンビン駅の正面のこちらのお店で、スクーターを借りました。


↑バイク

1日レンタル料金が10万ドン(≒500円)

借りるときにパスポートを預けました。

国際免許証の提示は求められませんでした。


↑給油

ほぼ空の状態で借りて、自力で給油します。

満タンにしてもらって、8万ドン(≒400円)でした。


↑景色

暑くて過酷でしたが、いい景色の中をのんびり運転するのは、とても楽しかったです!

ちなみにニンビン駅構内にツーリストインフォメーションがあって、地図を2万ドン(≒100円)で買いました。

大雑把な内容ではありますが、あった方が安心だと思います。

 

レンタバイクが不安な人は、レンタサイクルや路線バスという手もあります。

タクシーやバイクタクシーを活用するのもいいかも。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ムア洞窟


↑施設

ニンビンで唯一入場したのはムア洞窟です。

ニンビン駅からスクーターで20~30分くらいの距離です。

 

入場料は10万ドン(≒500円)でした。

敷地内にはカフェとか庭園とか色々あります。


↑洞窟

もちろん洞窟もあります。

唐突に行き止まりになったりして、意味不明な部分もありましたが、いい雰囲気でした。

水上通路も珍しいです。


↑山

ムア洞窟の裏山に登りました。

『タムコック』というエリアの、素晴らしい景色が見られます。

暑くて大変でしたが、行って良かったです。

 

チャンアン


↑船

こちらは『チャンアン』という景勝地です。

船に乗って奇岩を見たり、鍾乳洞に入ったりします。

川の水も綺麗ですし、楽しそうです。

私は時間が無かったので、道路からちょっと見学しただけで移動しちゃいました。

 

古都ホアルー


↑都

千年前の王朝の首都である古都ホアルーです。

こちらも時間が無くて、門の前で記念撮影しただけで帰っちゃいました。

 

謎の寺院


↑寺院

町の北の方に、謎の巨大寺院が見えました。

まるでタージマハルのように立派です。

残念ながら時間がなくて、近くに行くことすら出来ませんでした。

でもかなり気になったので、ぜひいつの日か確かめに行きたいです!

 

その他

バイディン寺というのも気になります。

東南アジアいちの広さの仏教寺院らしいので(さっきの寺院とは別物です)

 

食事


↑ベトナム料理

私は特に名物料理とかは食べずに、普通にフォーを食べたりコカコーラを飲んだりしたくらいです。

各観光スポットの近くには飲食店が並んでいるので、特に困ることは無さそうです。

 

宿泊

私はハノイから日帰りで訪れたので、ニンビンで宿泊はしませんでした。

でも時間が無くて観光できなかった場所も多いので、やっぱり1泊すれば良かったかなーと思います。

 

買い物

私は何も買いませんでしたが、各観光スポットの周辺や内部には、売店もたくさんありました。

 

動画

YouTubeの動画もアップロード済みですので、ぜひご覧ください!

チャンネル登録もよろしくお願いします!

 

まとめ

そんな感じの、ニンビン旅の小まとめでした。

各記事へのリンクは、タグのニンビンをご覧ください。

 

淡々と書いてしまいましたが、実際は超楽しかったです。

(動画の方が興奮がよく伝わると思います)

 

・世界遺産だけど、まだまだ穴場の町

・ベトナムらしい景色とか道

・レンタバイクで自力で観光

などの理由があり、『旅してる感』がとても強かったですから!

 

そういう意味で、バックパッカーの人に特にオススメの場所です。

もちろん普通の旅行者の人も楽しめますよ。

できればあまり暑くならない時期にしましょう。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ベトナム
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.