無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/5-15は台湾旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

台湾

-, , ,

礁渓(ジャオシー)旅の小まとめ(2018年9月) 懐かしい雰囲気で落ち着く町、台北からも気軽に行けます

   

投稿日:2018-11-06 更新日:

旅の小まとめシリーズ。

今日は礁渓(ジャオシー)の小まとめです。

各記事へのリンクは、タグの礁渓をご覧ください。

2018/9/10に日帰りで訪れました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

場所


↑地図

礁渓(ジャオシー)は台湾の北東部にある温泉地です。

最寄りの都市は宣蘭ですが、台北からも気軽に行ける距離です。

 

移動


↑電車

花蓮から

私は安めの特急に乗って、242台湾元(≒871円)でした。

所要1時間半くらいです。

花蓮から台北に移動する時に、礁渓(ジャオシー)で途中下車して散策を楽しみました。

 

台北へ

私は普通列車で移動して、所要2時間、128台湾元(≒461円)でした。

特急列車なら1時間ちょいなので早いです。

でもバスの方がもっと早くて、料金も安いみたいです。

 

観光

町歩き


↑駅前の街並み

礁渓の静かでのんびりした雰囲気がとても良かったです。

どことなく懐かしい感じもしました。

中心部はそれほど広くないので、ゆっくり歩いても1時間くらいで一回り出来ると思います。


↑食べ物

温泉地らしく、温泉卵などを売っています。

温泉野菜なんてのもありました。

 

湯圍温泉(湯囲温泉)


↑温泉

湯圍温泉(湯囲温泉)に立ち寄りました。

その時の記事はこちら

入浴料は80台湾元(≒288円)と、お手頃価格です。

 

台湾では『水着着用の温泉』が一般的なのですが、こちらは日本と同じように『裸で入浴する温泉』でした。

周囲にはドクターフィッシュとか、無料の足湯とかもあります。

のんびりくつろげる雰囲気が良かったです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

食事


↑街並み

私は礁渓では食事しませんでしたが、美味しそうな飲食店はあちこちで見かけました。

ちなみに『宣蘭餅』というパイみたいなお菓子が、この地域の名物だそうです。

 

宿泊


↑看板

私は日帰り散策でしたが、温泉旅館もたくさんあるので、ゆっくり1泊してみるのも良いと思います。

 

買い物

宣蘭餅


↑お店

駅の近くに宣蘭餅のお店があって、こちらでお土産を買いました。


↑お菓子

さっきも書きましたが、宣蘭餅はこの地域の名物で、甘くてサクサクしたパイです。

試食もさせてもらいました。とても美味しかったです。

4袋で120台湾元(≒432円)とお手頃価格だったので、お土産にも良いですが、ちょっとしたおやつにもオススメです。

 

エンターテイメント

盲人マッサージ


↑マッサージ

さっきの湯圍温泉の脇で、足マッサージをしてもらいました。

20分で300台湾元(≒1,080円)はちょっと高い気もしますが、風呂上りのマッサージはとても癒されます。

 

動画

のんびり散歩した様子など、ぜひ動画でもご覧ください!(後半は雨が降って大変でしたが)

台湾編2018は、こちらの再生リストにアップロード中です。

チャンネル登録もぜひぜひよろしくお願いします!

 

まとめ


↑広告バナー

Amazonのリンク⇒地球の歩き方 台湾編旅の指さし会話帳 台湾台湾のSIMカード

そんな感じの、礁渓の小まとめでした。

各記事へのリンクは、タグの礁渓をご覧ください。

 

ほんの数時間でしたが楽しく過ごせたので、行って良かったと思います。

台北からも気軽に行けますし、短期旅行の人にもオススメです!


↑設備

駅にはコインロッカーもありますし、

私みたいに『花蓮から台北の移動途中に立ち寄る』ってのもオススメですよ。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-台湾
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.