無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/5-15は台湾旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

台湾

-, , ,

9/10礁渓(ジャオシー)の温泉に入って盲人按摩してもらって、宣蘭餅(名物)を買って駅に戻ります

   

投稿日:2018-09-18 更新日:

2018/9/10の午後に、礁渓(ジャオシー)に到着した続きです。

花蓮から電車で1時間半くらいかかりました。

少しひっそりした駅の雰囲気が、旅気分を盛り上げてくれます。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

礁渓(ジャオシー)


↑地図

礁渓(ジャオシー)はここら辺にあります。

台北からバスや電車で1時間くらいの場所です。


↑街並み

というわけで、礁渓(ジャオシー)の駅前です。

温泉地って雰囲気がありますねー。

写真中央の池みたいなのは、もしかして足湯なのかな?


↑看板

温泉旅館(ホテル)がたくさんあります。

『東京温泉』っていうのもあるんですね。


↑ホテル

ゆるキャラがいました。


↑商品

温泉たまごを売っていました。

色々な種類があります。


↑商品

これも温泉たまご???

謎の何かに包まれています。


↑街並み

日帰り入浴できる施設まで歩いて移動します。

どことなくですが、鬼怒川温泉と似てるような雰囲気に思いました。


↑ホテル

こちらのホテルはパンダがお出迎えしてますね。

そそられます。


↑ホテル

『天然』なのは温泉であって、旅館は人工物なのでは?と思いました。

言葉選びの感覚が、日本とはちょっと違うのですね。

 

なんてのんびり町歩きしてたら、突然の大雨です。

温泉施設に急いで移動しましょう!

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

湯圍温泉(湯囲温泉)


↑温泉

というわけで、湯囲温泉にやってきました。

入浴料は80台湾元(≒288円)です。

ロッカーは有料で20台湾元(≒72円)でした。


↑湯船

さすがに浴室では撮影できないので、館内写真を撮影して掲載します。

台湾の温泉は水着の着用が一般的ですが、こちらは裸で入浴するスタイルでした。

 

お湯はぬるっとしてて、匂いもいかにも温泉っぽい感じです。

43.2℃と熱めながらもいいお湯で、リラックスしてのんびり過ごせました。

やっぱり温泉は気持ちいいですね。

 

盲人按摩


↑マッサージ

敷地の脇に、『盲人按摩』のコーナーがありました。

目の不自由な方のマッサージ屋さんです。


↑マッサージ

足マッサージをお願いしました。

20分で300台湾元(≒1,080円)です。

風呂上がりのマッサージはとても癒されます。


↑野菜

マッサージが終わるころ、激しい豪雨になりました。

そういえば『温泉野菜』なんてのもあるんですね。


↑温泉

敷地内には無料の足湯コーナーもあります。

雨が止むのをしばらく待ったのですが、弱まるどころかむしろ強まっているので、雨具を装備して外に出ました。

 

礁渓(ジャオシー)のお菓子屋さん


↑お菓子

大雨のなか、急いで駅まで歩きました。

美味しそうなお菓子屋さんがあったので立ち寄りました。

 

お茶をもらって、お菓子も試食させてもらいました。

薄いパイで甘くてサクサクしてて、とても美味しいかったです。


↑お店

さっき食べた宣蘭餅というお菓子は、この地方の特産品らしいです。

少しお腹が減ったので、駅弁のかわりに買ってみましょう。

4袋で120台湾元(≒432円)でした。


↑お店

買い物したお店、実は『地球の歩き方に載ってる人気店』と間違って入店していました……

でも美味しかったし、店員さんも親切だったので、これはこれでOKです!

 

礁渓(ジャオシー)駅


↑駅

17時頃、礁渓(ジャオシー)駅に戻ってきました。

礁渓は『温泉地ですっていう雰囲気』が、分かりやすくていいなと思いました。

台北からも遠くないし、半日くらいの小観光に来ても楽しそうです。

 

では私はいよいよ台北に行きます!

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-台湾
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.