無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

その他

7/11ネットでの殺害予告を通報した体験談

   

投稿日:

こんにちは。

久々のブログ記事なのに、内容が穏やかでなくて恐縮です。

ですがどなたかの役に立つかもしれないと思ったので、体験談として記します。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

殺害予告

2020/7/10(金)の21:30~22:32、YouTubeのライブ配信を行いました。

その中で殺害を意図するコメントがありました。

 

サイバー犯罪相談窓口

同日22:35、警察への通報を行いました。

緊急性はないと思い、都道府県警察サイバー犯罪相談窓口へ電話しました。

電話番号等の一覧はこちら⇒http://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm

 

電話はすぐに繋がりました。

丁寧に話を聞いてもらえたので、しっかりと内容を伝えられました。

『殺害』に関係する内容なので、『110番』に電話を転送してもらう事になりました。

 

110番

110番に電話が繋がりました。

ここでも丁寧に話を聞いてもらえました。

そして担当の方に、こう言って頂きました。

「殺害予告は単なるイタズラの可能性もありますが、そうでなく本気の可能性もあります。そういう最悪の事態を想定して、念のためパトカーをご自宅に向かわせます」

 

10分くらいで、覆面パトカーが来てくれました。

それに乗って、所轄の警察署へ移動しました。

 

警察署

警察署に到着しました。

23時過ぎでしたが、担当の方が親身になって丁寧に対応してくれました。

とても頼りになると感じました。

市民の味方だなあと思いました。

 

当該コメントのスクリーンショットなどを見せながら、改めて詳しく状況説明しました。

法律的には、『脅迫罪の害悪の告知』『威力業務妨害』の構成が考えられると教わりました。

 

実情や経験則も含めて1時間くらいしっかり話してくれたので、とてもよく理解できました。

僕の気持ちも落ち着いて安心できました。

この時は『警察に相談した記録を管理表に残してもらう』というまでにとどめました。

被害届を出して刑事事件にするかどうかは検討中です。

 

日付が変わり0:35頃、また覆面パトカーで自宅に送って頂きました。

 

感想など

何回も書いていますが、警察の方がしっかり対応してくれた事が嬉しいです。

「些細な事は、いちいち相手にしてもらえない」という不安がありましたが、全然そんな事なかったです。

というか『殺害予告』ですから、些細な事ではないのですね。

 

この体験談が、同様のトラブルでお悩みの方のご参考になれば幸いです。

日中ならば、最寄りの警察署の『生活安全課』に行くのが良いそうです。

殺害予告など深刻な内容の場合は、ちゅうちょせず110番に通報するのが良いそうです。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-その他

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.