無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 10/3-16はヨーロッパ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

フランス

-, , ,

10/5ルーヴル美術館の見学2019後編、初めて絵画に見とれました(トーマス・ローレンス作品)

   

投稿日:

2019/10/5に、パリのルーヴル美術館を見学している続きです。

彫刻エリアを歩いていたら、大きな階段のところに出ました。

ここも超有名な彫刻が展示されています。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ルーヴル美術館

サモトラケのニケ


↑彫刻

『サモトラケのニケ』です。

ルーヴル美術館を代表する作品のひっとつです。

美ヶ原高原美術館にもレプリカが展示されていますね。


↑彫刻

ここでも見とれちゃって、20分くらい見ていました。


↑美術館

ルーヴル美術館を見学するのは3回目なのですが、今回はこんな作戦にしました。

・一通り回ろうとしない

・目当ての作品を決めない

・オーディオガイドを使わない

気ままに歩いて、できるだけ自然な気持ちで芸術鑑賞する狙いです。

 

そもそもルーヴル美術館は巨大ですからね。

1日で全てを見学するのは不可能ですし。


↑彫刻

YouTubeの『令和の虎』の志願者で、こういうお顔の人がいた気がします。


↑絵画

彫刻エリアが終わって、絵画エリアに来ました。

迫力がある絵に、心を引き付けられています。

ストーリーや背景を想像してしまいます。


↑絵画

なんか見覚えあるなーと思ったら、ローマのナヴォーナ広場でした。


↑絵画

これも見覚えあるなーと思ったら、ヴァティカン市国のサンピエトロ大聖堂でした。

9ヶ月前に訪れた場所ですね。


↑絵画

ウエストを計っているように見えます。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

トーマス・ローレンス作品


↑絵画

実写どころか『人間がそこにいる』ように感じて、見とれてしまいました。

今回のルーヴル美術館で、いちばん心を強く打たれたのはこの絵画です。


↑絵画

トーマス・ローレンスさん。

調べてみたら、18世紀~19世紀に活動したイギリスの凄い肖像画家だそうです。

 

私の今回の見学スタイル、大正解でした。

過去の見学よりも、何倍も強く感動できていますから。

『観光』ではなく『芸術鑑賞』してる実感があります。

絵画に見とれてしまうのも、生まれて初めての経験でしたし。


↑彫刻

これはフィレンツェの市場のイノシシにそっくりですね。

その原型かな?

 

2時間半くらい見学して展示エリアを出ました。

あまりにも列が長いので、モナリザは見に行きませんでした。

 

でも凄く良い見学ができたと思います。

朝のうちはどうするか迷っていたのですが、ルーヴル美術館に来て本当に良かったです。

大満足な気持ちです。


↑売店

出口付近にもミュージアムショップがありました。

色々なグッズが売られています。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

デパート


↑デパート

地下の出口からルーヴル美術館を出ました。

綺麗なデパートと繋がっています。


↑お店

これ掃除用品のお店っぽいです。

こういうお店までオシャレにしちゃうんだから、改めてパリの凄さを感じました。

 

パリ


↑街並み

地上に出ました。

雨は止んでいて、空が青く綺麗になっていました。

時刻は15時を過ぎたところです。


↑街並み

電動のキックボードを輸送している人がいました。


↑おむすびごんべい

見た目のとおり、おむすび屋さんかな???


↑街並み

ちょっと遅めのお昼ごはんということで、とあるビストロに歩いて向かっています。

トリップアドバイザーで調べたお店です。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-フランス
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.