無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 4/12-21は旅します

無職旅2

中国

4/13麗江のママナシゲストハウスで、ママの料理をみんなで食べます

   

投稿日:2017-04-13 更新日:

↑食卓

2017/4/13の夜に、雲南省の麗江の宿でブログを書いたり昼寝したりして、ゆっくり過ごしている続きです。

ママナシゲストハウスに泊まっています。

この宿の名物(?)に、ナシ族のママが作ってくれる夕食があります。

宿泊客が集まってテーブルを囲んで食事するので、とても楽しいです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

夕食

↑ナシ族の料理

雲南省にはたくさんの少数民族が済んでいます。

たぶんこれらは、ナシ族の料理なのだと思います。

この他に、あと4皿くらい運ばれてきました。

料金は1人25元(≒400円)で、確認したわけではありませんが、たぶん食べ放題です。

↑夕食

取り皿はないので、ごはん茶碗におかずを乗せて食べます。

イスラエル人2人、カナダ人4人くらい、ポーランド人2人、ドイツ人2人、そして私という構成でした。

 

ちょっと気になったのは、私以外は誰も煮魚を食べなかったという事です。

ママも「みんなは魚を食べないけど、中国と日本は食文化が似てるから、キミは魚を食べるんだね」と言ってました。

はて? 欧米の人も魚は食べると思うんですけど、何がひっかかったんですかねえ?

(私だけが知らない重大な事実とかありませんように)

↑夕食

食後はメロンをいただきました。中央部はごっそり取っちゃうんですね。

ママの料理は特徴的な味付けなのですが、それでいて食べやすくて、けっこう美味しかったです。

ごちそうさまでした。

 

食事中と食後は、みなさんに交じって少し会話をしました。

私はあまり英語は得意ではありませんが、頑張ってこんなことなどを話しました。

・日本に行きたいんだけど物価が高いんだよね⇒スイスよりは安いですよ⇒笑う(これは個人的には定番のやりとりです)

・日本語と英語は発音?周波数?が違うから、日本人は英語が苦手なのです。なので例えばスペイン語の方が会話しやすいです(個人の感想)

 

夕食おしまい

そして20時半ごろ、部屋に戻りました。

↑小物

日本を出発前に100円ショップで見つけたので、買っておきました。

お世話になった人とか、親日的な旅人とかに、プレゼントしようと思っています。

そういえば今日の昼間に『宿探しで助けてくれたおばちゃん』にはとても感謝しているので、後日プレゼントしに行こうかなあと思います。

↑備蓄食料

これも100円ショップで購入。

私の定番の備蓄食料は『オレオ』なのですが、衝動的に『たべっ子どうぶつ』を買ってしまいました。

美味しくて勉強になるので好きです。

↑地図

ところでこちらは、私が宿探しをするときに頼りにした地図です。

紙の下の方に、★が見えるでしょうか。

そこが宿の位置という事なのですが……

↑Googleマップ

なんか全然違いませんか!?

つまりさっきの紙の地図って、大体の位置関係を記しただけって事なんですよね。

『海賊の宝の地図』くらい抽象的です。

そもそも宿以外の部分も、実際の地形と全然違いますし。。そりゃ迷うのも無理ないです。

 

そしてシャワーを浴びて、部屋でブログを書いて現在に至ります。

今日の分を寝る前に仕上げられて、ホっとしました。

道に迷ったのはつらかったですが、麗江の印象はとても良いです。

 

明日は身軽な装備でじっくり麗江古城を見学するか、それとも先に香格里拉(シャングリラ)に行ってしまうか。

そんなことを考えながら早めに寝ようと思います。

あと、ほんのり喉が痛いのですが、風邪じゃありませんように。

おやすみなさい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-中国
-

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.