無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/2-15は東欧に行ってきます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ポーランド

9/10クラクフ⇒タルヌフ⇒ザリピエ、ポーランドで最も美しい村のザリピエ、ダヌータさんの家を見学など

   

投稿日:2017-09-15 更新日:

2017年9月10日 日曜日 クラクフ(ポーランド)

おはようございます。

ポーランドで迎える最初の朝です。

昨晩は疲れていたうえに酔ってしまったので、服も脱がずにベッドに横たわって、そのまま寝てしまいました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

クラクフの素晴らしい宿

旧市街広場に面した宿の、Hostel Rynek 7に泊まっています。

場所が素晴らしく、部屋も快適で、しかも朝食まで付いて35ズウォティ(≒1,050円)です。

ポーランドって、『コストパフォーマンスが超高い宿』が多いという印象です。


↑朝食

宿の無料朝食セット。

シンプルだけど美味しいです。


↑街並み

宿の延泊手続きを済ませて、10:40頃から外出しました。

クラクフも非常に魅力的ですが、今日は別の町に行こうと思います。

 

バスターミナル


↑バス

まずはクラクフのバスターミナルへ行って、バス移動です。

クラクフ⇒タルヌフ 15ズウォティ(≒450円)

タイミングが悪くてけっこう待ちまして、12:00にクラクフを出発です!

 

タルヌフ


↑街並み

クラクフから1時間半くらいかかって、13:30頃に到着しました。

『ルネッサンスの真珠』と呼ばれる町のタルヌフです。

 

この町も非常に非常に魅力的なのですが、今日の目的地はまた別の場所なのです!

ザリピエという町に行ってみます!

 

ミニバス


↑ミニバス

バスターミナルから北東にちょっと歩くとバス停があります。

地球の歩き方によると、そこからザリピエ行きのミニバスが、1~2時間に1便あるようです。

 

ちょうどミニバスが来たので、乗ってみました。

運転手さんはポーランド語のみを話すので全然理解できないのですが、

「ザリピエには行かないよ。でも大丈夫だから乗りな!」

と言っている気がしたのです。

ミニバス 4ズウォティ(≒120円)

 

Dabrowa Tarnowska


↑バス停

14:10頃、見知らぬ土地で、ミニバスを降りるように指示されました。

明らかにザリピエではないので、やっぱりここで乗り換えろって事ですね。


↑バス停

時刻表っぽいものがあって、その中にザリピエ(Zalipie)って書いてありました。

通りすがりのご婦人に見方を教わったところ、ザリピエ行きのバスは45分後(14:55)に来るようです。

けっこう不安でしたが、これで一安心です。

なんとかザリピエまで辿り着けそうです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ザリピエ


↑看板

というわけで、やっとザリピエに到着です。

ミニバスは時刻通りに来て、料金は3.5コルナ(≒105円)でした。

15:05くらいに到着しました。


↑街並み?

運転手さんが、帰りのバス時刻を教えてくれました。

親切で助かりました。

といった所で、張り切ってザリピエの観光スタートです!

ここまで苦労したこと、のどかで雰囲気が良いことで、とても興奮しています!

 

バス停から最初の集落までは、こんな道が続きます。

けっこう歩きます。


↑家

ザリピエは、ポーランドで一番美しい村、と言われています。

こんな風に、家のカベなどにペイントしてあるのが、大きな特徴です。

 

ダヌータさんの家


↑ご家庭

道を歩いていたら、とあるご婦人が私を呼びます。

ポーランド語なのでさっぱり理解できませんが、どうやら家を見学させてくださるようです。


↑ご家庭

お言葉に甘えて、色々見せて頂きました。

もちろんペイントも綺麗なのですが、元々のデザインも良くて、全体的に可愛さが溢れていると思います。


↑ご家庭

なんと!!!

家の仲間で見学させてくださいました!!!


↑ご家庭

壁だけでなく、小物なども綺麗にペイントされています。

綺麗な物を見られたというだけでなく、貴重な体験が出来た嬉しさもありました。

だってこちら、博物館とかじゃなくて普通のご家庭ですからねー。


↑本

日本のガイドブックがあり、こちらのダヌータさんの家が紹介されていました。

こんな感じで、観光客を招いて見学させてあげてるみたいです。

素敵なおばさまですね。


↑鳥

ダヌータさんの家では、ペイントされた小物をいくつか販売していました。

・大きな鶏 25ズウォティ(≒750円)
・鳥 20ズウォティ(≒600円)

 

ダヌータさんは「よかったらどう?」という感じで、押し付けてくるような強引な感じは全然ありませんでした。

それに私も何か記念品が欲しかったですし、とても良い買い物が出来たと思います。


↑ダヌータさんとアルパカ

せっかくなので、岩下の新生姜アルパカちゃんを持って、記念撮影さえてもらいました。

このあと手作りチーズケーキみたいなのをご馳走になりました。


↑街並み

ダヌータさんによくお礼を言ってから、家を出ました。

引き続き、ザリピエ村の散策をしたいと思います。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ポーランド
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.