無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 4/12-21は旅します

無職旅2

中国

11/11黄龍を見学1 水の色が違って見えて不思議で綺麗で面白いです

   

投稿日:

img_1670
↑小屋

11/11に、黄龍を見学している続きです。

ロープウェイを降りて遊歩道を歩き始めたら、すぐ脇に小屋がありました。

看板を見たら『酸素バー』って書いてあります。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

 

img_1671
↑設備

詳細な使い方は分かりませんが、ここで酸素を吸入できるようです。

標高3,500メートルくらいありますので、こういう設備は必須ですね。

img_1673
↑景色

いい景色の場所に出ました。

今日も天気が良くて、山もとても綺麗に見えます。

でも黄龍は九寨溝と同様に、水を見る場所なのです。早く見たいです。

img_1676
↑景色

かなり下の方に、それらしき場所が見えました。

九寨溝に比べるとスケールは小さいですが、色合いが凄いことになっています。

早く近くに行きたい!

と思って速足で歩いたら、酸素が薄くてすぐに息が切れてしまいました。

落ち着いてゆっくり歩きましょう。

img_1684
↑看板

派手な落ち方ですね。
気を付けましょう。

img_1692
↑小屋

チベットっぽい雰囲気ですね。

実際にここら辺は、『アバチベット族チャン族自治州管轄下の県』らしいです。

img_1693
↑景色

遊歩道を30分くらい歩いて、やっと観光スポットの近くまで来ました。

ここからは少し階段を上ります。

img_1696
↑雪だるま?

 

五彩池

img_1719
↑景色

黄龍のいちばん奥の『五彩池』まで来ました。

すぐ水際から見学することもできますし、こうやって高台から見学することもできます。

驚いたのは、この場所で無料のWi-Fiが使えた、という事です。

中国ってやたらとネット規制が厳しい割には、意外とWi-Fiが充実してたりするんですよね。

img_1739
↑景色

というわけで、こちらが人気スポットの『五彩池』でございます。

確かに綺麗ですね。

場所によって水の色(池の色)が違って見えるのが面白いです。

また、天気(空の色)によっても、見え方が大きく変わるそうです。

img_1740
↑タブレットPCと黄龍

黄龍(黄龍国家級風景名勝区)は、世界遺産に登録されています。

やっぱりtype-Pじゃないとしっくり来ない……けど一応、この構図の撮影をしておきました。

img_1744
↑景色

地下水に、大量の石灰質が含まれています。

それが落ち葉とかと混ざって固まって、長い年月をかけてこうなったそうです。

トルコのパムッカレと似てますね。

img_1755
↑景色

雪山も含めて、とても良い景色です。

img_1759
↑看板(通過しない)

日本語の表示もあって親切です。
(微妙におかしいですが)

img_1762
↑お寺

黄龍には、いくつかのお寺があります。

img_1766
↑お寺

img_1770
↑景色

お寺や景色を見ながら、少しずつ山の斜面を下っていきます。

けっこう寒いですが、遊歩道が整備してあるので歩きやすいです。

img_1783
↑景色

もしかしてここら辺は本当は水が流れていて絶景なのに、雪がかぶさっているから見えないのでは……

正直なところ、ちょっと損した気分でございます……

img_1793
↑景色

そんな事をいいつつも、あっという間に入場から2時間が経過していました。

いい景色を見ながら山歩きするのは楽しいですね。

img_1799
↑お寺

チベット系な感じですね。

 

そんな感じで、黄龍の見学をしています。

つづく

【予告】
次の記事あたりから絶景が増えて盛り上がってきます。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-中国
-,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.