無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/2-15は東欧に行ってきます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

中国

11/16成都名物の火鍋を食べて大満足な話(红鼎坊火锅大酒楼というお店)

   

投稿日:

11/16の午後に、成都の宿でのんびり休憩している続きです。

今日は日本人旅人のヤマモトさんと一緒に、成都名物の火鍋を食べに行く予定です。

18時頃に合流して、宿の人にオススメを聞いてから出発しました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

红鼎坊火锅大酒楼

img_2894
↑飲食店

こちらのお店です。

新南門の成都旅游バスセンターの近所にある、红鼎坊火锅大酒楼というお店でございます。

トリップアドバイザーだと、成都2,907軒中414位のレストランです。

 

これが火鍋です

img_2895
↑夕食

あまり英語は通じませんでしたが、身振り手振りでなんとか意思疎通出来ました。

店員さんも親切に対応してくれて助かりました。

まずは基本となる鍋を頼みます。すでに色々と入っていますが、これは出汁とか香りづけっぽいです。

オススメっぽいのを頼んで、49元(≒760円)でした。

img_2896
↑夕食

お茶はサービスでした。

img_2897
↑店内

地元の人で賑わっています。

人数も多いですが、文字通り賑わっています。みなさん楽しく食事していて、とても良い雰囲気です。

 

雪花ビール

pb160171
↑夕食

瓶ビールは9元(≒123円)でした。

やや薄口で、ビールが苦手な私でも飲みやすいです。

 

毛肚

img_2898
↑夕食

地球の歩き方によると、
『四川人が必ず火鍋に入れるのは、タウナギ(鱔魚)、牛の胃(毛肚)、豚ののど(黄喉)』
だそうです。

なので筆談で、まずはそれらを注文しました。

これはその1つの牛の胃(毛肚)です。

高級なグレードのを頼んだみたいで、58元(≒899円)とお高かったです。

 

しっかし……けっこうグロいですね……

最初にこれが来たとき、「あれ?なんで雑巾?どうやって使うのかな???」って、本気で思ってしまいましたから。

『肉と魚はたいがい食べられるし、見てくれは全然気にしない派』の私でしたが、さすがにちょっとたじろいでしまいました。

なお、これは後で入れます。

 

タウナギ(鱔魚)

img_2899
↑夕食

続いてタウナギ(鱔魚)です。

お値段は20元(≒310円)

 

豚ののど(黄喉)

img_2900
↑夕食

そして豚ののど(黄喉)は、28元(≒434円)でした。

 

調理開始です

pb160174
↑夕食

店員さんに、「どうやって食べたらいいんですか?教えてください!」という気持ちをぶつけたら、親切に面倒をみてくれました。

まずは付けダレを作ってくれました。

缶に入ってるスープ 6元(≒93円)

これをベースとして、ネギとかニンニクとか酢醤油とかを調合してくれました。

pb160175
↑夕食

タウナギと豚ののどは沈めてよく煮て、牛の胃はしゃぶしゃぶっとして食べると教わりました。

pb160178
↑旅人と夕食

日本人旅人のヤマモトさん。(許可を得て名前と写真を掲載しています)

私もヤマモトさんも、「四川料理って超美味い!」と、いつも感動しています。

img_2902
↑夕食

火鍋がグツグツ煮えて、すごい迫力がありますね。

気になるお味の方ですが、全体的には『とても辛くてとても美味しい』という、予想通りな感じでした。

個別の感想はこうです。

・タウナギ
柔らかいけど適度にコシがあって、サッパリしてる、美味しい

・豚ののど
コリコリしててホルモンっぽい、美味しい

・牛の胃
見た目はグロいけど実はクセがない、歯ごたえはあるけど固くはない、美味しい

 

羊肉の串

img_2906
↑夕食

楽しく美味しく食事をしているので、色々と追加したくなりました。

これは羊肉の串で、お値段は16元(≒248円)でした。

柔らかくていい味でした。

 

ご飯

img_2907
↑夕食

ご飯はもしかしたら無料です。

火鍋はけっこう辛いですが、爽やかさも兼ね備えているので、割と普通に食べられました。

 

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ショーが始まります

img_2909
↑店員さん

「辛いけど美味しい!」って言いながら食事してたら、いきなり何かが始まりました。

店員さんが中国語で何かしゃべって盛り上げています。

img_2911
↑踊り

そして音楽と踊りが始まりました。

img_2912
↑踊り

私たちのテーブルのすぐ脇で踊ってました。特等席ですね。

img_2918
↑踊り

シュパパ!って、一瞬でお面が変わりました!

中国の演劇でよくあるやつですね。近くで見るのは初めてですが、かなりの早業でした。

img_2919
↑飲食店

踊りのあとは、お客さんに握手してまわっていました。

チップを集めて回るのかと思いきや、純粋に握手だけっぽかったです。

img_2923
↑書道

踊りのあとは、書道ショーみたいなのが始まりました。

観光地でもたまに見かけますね。

img_2924
↑店内

店員のおばちゃんも記念撮影してました。

もしかして有名な書道家の先生だったのかも?

img_2927
↑書道

意味はよく分かりませんが、きっとありがたいお言葉なのだと思います。

ネットで色々調べたら『頭當運鴻』という言葉がヒットしたのですが、これは企業名っぽいし違うかなあ。。

 

img_2928
↑夕食

「鍋の締めは、やっぱり麺だよね!」という事で注文しました。

うどんみたいな麺 6元(≒93円)

これから火鍋を食べる人に、強くアドバイスしたい事があります。

それは、
「麺を入れたら、あまり煮込み過ぎないように注意してください」
という事です。

『口に近づけただけで辛さを感じるくらい』の激しい味付けになってしまいますので。

 

牛肉

img_2929
↑夕食

普通の牛肉 18元(≒279円)

これは本当に普通の牛肉薄切りでした。しゃぶしゃぶみたいにして、美味しく食べました。

 

そんな感じの火鍋体験でした。

味だけでなく、ショーを見たり会話をしたりして、『食事を総合的に楽しんだ』という、とても満足した気持ちでお店を出ました。

熱くて辛いからゆっくり食べざるを得ませんが、それが逆に楽しさに繋がっているのだと思います。

なおお会計は、2人合わせて228元(≒3,534円)でした。

いつもの食事に比べるとかなり高いですが、値段以上の経験が出来たと思います。大満足!

 

アイスクリーム

img_2931
↑おやつ

帰り道にコンビニでアイスを買いました。4元(≒62円)

ヤマモトさんにおごってもらいました。ありがとうございました。

 

という1日でした。

四川省の、そして成都の名物である火鍋は、とても良かったです。

『味』だけでなく、『火鍋の経験』そのものが素晴らしい思い出になると思いますので、強くオススメです。

今回の旅は残り1日ちょい。

明日はパンダを見に行って、お土産物を買ったりして過ごします。

おやすみなさい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-中国
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.