無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 7月はタイ旅します

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

中国

11/17成都の寛窄巷子でお土産を探す2(パンダグッズとかぬいぐるみとか、その他諸々安くて良いです)

   

投稿日:

img_3281

11/17に、成都の寛窄巷子でお土産などを探して歩いている続きです。

手持ちの現金をほとんど使ってしまったので、銀行のATMでお金を引き出しました。

VISAのクレジットカードは、買い物では使えなかった事が多いですが、ATMでのキャッシングではだいたい使えました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

寛窄巷子

img_3283
↑街並み

お金も準備できたので、散策と買い物を再開します。

思い切って1000元(≒15,500円)も引き出してしまいました。

私は『現地通貨はピッタリ使い切るようにする』を心がけていますが、これはさすがに多すぎです。

絶対に使い切らないと思います。

img_3284
↑お店

ですが寛窄巷子には魅力的なお店がたくさんあります。

だから「残金が心配だから買い控えよう」という気持ちを抑えこむためにも、思い切って大金を引きだしたのです。

ここもパンダグッズのお店なので、入ってみました。

他のお店よりも内装が地味である分、値段も安くて良かったです。

img_3285
↑商品

この携帯電話ケースは可愛いと思うのですが、首ちょんぱするのはどうかと思いますね……

ところで『首ちょんぱ』について改めて調べて見たところ、それは『トンボ鉛筆のオマケのおもちゃの名前』である事が判明しました。

このおもちゃが流行ったため、『首と動体が分離する現象そのものを、首ちょんぱと呼ぶようになった』のだそうです。

img_3287
↑お店

別のお店に行ってみました。

商品にはばらつきがあるので、値段だけでなく、クオリティを見定める必要があると思いました。

img_3288
↑商品

パンダの指輪 10元(≒155円)

値段も手ごろなので、1つ買ってみました。

これは親戚の子供(5歳)にあげるつもりですが、正直なところ「5歳の女の子とはいえ、これで喜ぶかなあ?微妙なんじゃないかなあ?」と心配でございます。

【後日談】
帰宅して家族に見せたら、姉がこれを強く気に入ったため、結局は姉のものになってしまいました。
喜んでくれたのは良い事ですが、色々と複雑な心境です。

img_3290
↑人

文字通りの看板娘ですね。

たくさんの人に注目されて、撮影されていました。

これは昔の王族とか、あるいは神話系の衣装でしょうか?

img_3293
↑お店

精巧な飴細工を作る人。

かれこれ寛窄巷子のエリアを5周くらいしていますが、そこら中に楽しいものがあるので、全然飽きません。

成都では錦里というエリアも魅力的でしたが、個人的には寛窄巷子の方が強く気に入りました。

参考記事:11/8成都の武候祠博物館からの錦里(きんり)、とても凄くてとても楽しい

img_3294
↑お店

ひとつ前の記事で記念撮影サービスをしていたお店は、飲食店だったようです。

奥のステージで、何かを表演していました。

img_3296
↑お店

こちらはアクセサリーとか小物などのお店。

店員さんが衣装を来てカゴを持っていて、お客さんがお店に入ると、付き添ってサポートしてくれます。

気合が入ってますね。

img_3297
↑お店

かなりたくさん歩いて、やっと納得できるお店を発見しました!

寛窄巷子の端の方にある、こちらのお店です。

値段も安いですし、クオリティの高い(仕上がりの良い)物が多く置いてある印象です。

image
↑ぬいぐるみ

パンダがレッサーパンダを着ているぬいぐるみ 35元(≒543円)

これヤバいですよね!パンダとレッサーパンダの可愛さを兼ね備えているんですから!超可愛いです!!

なお、もっと大きなサイズ、もっともっと大きなサイズの物もありました。

一番大きくても100元前後だったと思います。

img_3301
↑布

母からは「布類が欲しい」と言われていたので、並びのお店で買いました。

白い綺麗な布 35元(≒543円)

実は見知らぬお姉さんがこれを手に取って、5分くらい悩んで買うのをやめていたんです。

「結局買わなかったけど、女性から見てかなり魅力的な布に違いない!」と推測して、これを買う事にしました。

img_3302
↑小物入れ

同じお店で安かったので、これを買いました。

小物入れ 10元(≒155元)

なんか見た事あるような柄ですが、コピー品とかじゃないですよね?

【後日談】
帰宅後に開けてみたら、小物入れではなくて財布でした。
そしてこれも姉のものになりました……

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑爪切り

これはパンダ&レッサーパンダと同じお店で買いました。

パンダの爪切り 1つ5元(≒78円)

特に誰向けという事もないのですが、安くて可愛かったので3つ買ってみました。

【後日談】
ひとつ姉のものになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑お土産

これもパンダ&レッサーパンダのお店で購入。

パンダの吊り下げる系の何か 15元(≒233円)

パンダが幼稚園児みたいな恰好をしていて可愛いです。

 

あと写真を撮り損ねてしまいましたが、『顔が瞬時に切り替わる孫悟空人形』を、20元(≒310円)で買いました。

img_3298
↑街並み

あー、楽しかった!!

まだまだ買い物したい気分ですが、スーツケースの容量が心配ですし、けっこう疲れてしまいました。

これくらいにして、いちど宿に戻りましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑タクシー

今回の成都旅で初めてタクシーを利用しました。

寛窄巷子から宿(新南門の成都旅游バスセンターの近所)まで、14元(≒217円)でした。

タクシーは超快適でした。

ボッタクるとか意地悪されることなんて全然なく、むしろ親切に愛想よくしてくれて、とても良かったです。

値段も安いし、こんなことならもっと頻繁にタクシーに乗っても良かったなあ。

成都中心部の観光地ならば、8~15元くらいでだいたい移動できると思います。

 

16:40ごろ、宿に戻りました。

ブログを書く体力が残っていなかったので、部屋でゆっくり休憩しました。

同じ宿の日本人旅人と夕食に行く約束をしたので、それまで寝ようと思います。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-中国
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.