無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/2-15は東欧に行ってきます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

中国

11/17成都の寛窄巷子でお土産を探す1(パンダのお茶セットとかお酒セットとか)

   

投稿日:2016-11-20 更新日:

img_3259

11/17に、成都パンダ繁育研究基地を見学したあとの話です。

バスと地下鉄で、寛窄巷子(かんさくこうし)というショッピングエリアに来ました。

3日前にも来ましたが、古い街並みを再現した楽しい場所でございます。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

寛窄巷子

img_3261
↑人

おおっ!このおじさんは、『三大炮をやたらと高く投げる人』ではありませんか!

参考記事

達人のオーラが出ててカッコいいですね。

img_3263
↑街並み

左に大道芸人?の人がいます。

金属っぽい外観にしていますが、正直なところ塗りがちょっと甘いなという印象です。

10元くらい払うと、ポーズをとって一緒に撮影させてもらえるようです。

img_3264
↑人

こちらは劇場っぽい場所の記念撮影サービスの人。

前に来た時は男性でしたが、今日は女性でした。

化粧も衣装も、文句無しにハイレベルだと思います。

 

Panda House

img_3266
↑お店

ではそろそろ買い物を。

寛窄巷子には、パンダグッズを売っているお店だけでも10店舗以上あります。

お店によって値段とか品揃えとかが違うので、何周もしてじっくり吟味しました。

こちらのPanda Houseは、特に良いものを売っているという印象です。

img_3267
↑商品

パンダのぬいぐるみは色々な種類がありますが、小さくてシンプルな物は10元(≒1550円)くらいです。

基本的には『大きくなると値段が上がる』と思っていたのですが、それよりも『いい服を着ると値段が上がる』という傾向がある気がします。

このサイズで158元(≒2,449円)もするのは、この界隈ではかなり高い方です。

ちなみにチャイナドレスを来たパンダは、もっと高くて250元くらいしていました。

img_3269
↑商品

素敵なお茶セット。

そういえば友人のカイタロウ君が、『小ぢんまりとしたカフェだかバーだかを開業する』って言ってたのを思い出しました。

なのでこの写真をLINEで送って聞いてみました。

「こういうお茶セット欲しいですか?」

「欲しいです。これは本当に欲しいです」

というわけで、お土産に買う事にしました。

ちなみにカイタロウ君はちょっと前に、『巨大な牛のツノ』とかを引っ越し祝いにもらって、とても戸惑っていました。

img_3274
↑商品

あ、でもバーなら『とっくりセット』の方がいいですかねえ。

う~ん、、、悩むなあ。

値段は98元(≒1,519円)です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑お土産

悩んだ結果、お茶セットを買いました。158元(≒2,449円)です。

パンダの絵柄も入っていて、とても可愛らしいです。

しっかりした箱に入っていますし、お土産物とか記念品に良いですね。

img_3275
↑店先

そして『とっくりセット』の方も買ってしまいました。

いや……その……値段はいいんですけどね……思ったよりも箱が大きくて困ったなぁ……

昨日買ったスーツケースの容量をかなり消費してしまいます。

ところでクレジットカードで支払おうと思ったのですが、VISAやマスターは使用不可でした。

中国で一般的なのは銀聯カード(ぎんれんカード)ですが、これを持っている旅行者は少ないと思いますので、余裕めに現金を準備しておいた方が良いですね。

img_3279
↑昼食

昼食に、魚をカリカリに焼いたやつを買いました。10元(≒155元)でした。

旨みが凝縮されていて美味しかったです。

img_3280
↑地図

寛窄巷子では路上で無料Wi-Fiが使えるので、休憩しながら家に電話して、リクエストを聞いたりしました。

ところで中国では強いネット規制があり、LINEやFacebookなどは接続できなくなっています。

私はVPN接続を利用して、LINEなどを使いました。それについては、また後日解説したいと思います。

まだまだ買うもの一杯あるので頑張ります。引き続き寛窄巷子を散策します。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-中国
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.