無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 5月は日本にいます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

中国

4/19成都の陳麻婆豆腐店で、辛くて安くて美味しいものを食べて、おかしな表現で褒める

   

投稿日:2017-04-20 更新日:

2017/4/19の夕方に、パンダ基地からバスと地下鉄に乗って、成都の中心部に戻ってきた続きです。

なんか同じような自転車がたくさん停まっていました。

たぶん公共のレンタサイクル、しかもスマホを使った管理システムだと思います。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

陳麻婆豆腐店

↑飲食店

はいはいはい、やって来ました陳麻婆豆腐店でございます。

2016年11月の成都旅でも一日おきに来ていた、超お気に入りのお店です。

麻婆豆腐発祥のお店としても有名な、成都を代表する人気店です。

18時頃に行きましたが、待たずに案内してもらえました。

麻婆豆腐


↑夕食

麻婆豆腐(小) 12元(≒192円)

久々で油断していたという事もあり、軽い気持ちで一口目を食べてしまいました。

そしたら超辛くて超刺激的で、かなり咳込んでむせてしまいました。

「これは人間が食べられる辛さじゃないよ!」って、心の中で訴えてしまいました。

 

そういえば前に食べた時も、『破壊的で暴力的な美味しさ』とか書いた気がするのですが、我ながら上手い表現をしたなと思います。

もちろん褒め言葉のつもりですが、本当にそれくらい辛いんです。

これが遊びじゃない本当の闘い、本当の麻婆豆腐なんだなと思いました。

回鍋肉


↑夕食

回鍋肉 20元(≒320円)

こちらも辛いといえば辛いのですが、比較的平和な雰囲気でした。

カリカリなのにジューシーな肉、そしてピーマンなどが、とても美味しかったです。

全体


↑夕食

ご飯たくさん 2元(≒32元)
コカコーラ 5元(≒80円)

心が辛さに負けないように、辛さに打ち勝てるように、自分を鼓舞するためにコカコーラも追加で頼みました。

食べていくその一口ごとに、自分が生物として進化しているような実感がありました。


↑夕食

時間はかかりましたが、ご飯も含めて完食しました。

お腹いっぱいです。ごちそうさまでした。


↑飲食店

地元の人でにぎわっています。

そりゃそうですよね。

だってあれだけ食べて、全部で39元(≒624円)なんですから。

5ヶ月前も「安すぎておかしい」と思いましたが、今回はさらに強くそう思います。

ブログを続けて読んで頂いてる方にも、「他店と比べて高いどころか、むしろ安いよね」と思って頂いてるのではないでしょうか。


↑ショッピングセンター

Twitterより
戦いを終えたかのような清々しい気持ちで、夕方の成都を散歩します。

麻婆豆腐がどんなに辛くても、完食したらノーサイドです。

私は料理に心から感動すると、おかしな事を言い出す傾向があるようです。

でもこれは一見すると冗談っぽいですが、ちゃんと理屈があるんですよ。

麻婆豆腐は凄く辛かったのですが、後味がスッキリで辛さが後をひかないんです。

お店を出て数分歩いただけで、口の中は完全に平常時に戻っていますから。

ヒリヒリしたりしてないです。

そういう面でも、「さすが陳麻婆豆腐店!」と思います。


↑ショッピングセンター

無印良品とかH&Mとかが入っています。

前も思ったのですが、大きさの割にお客さんが少なくてちょっと心配です。


↑バス

55番のバスで、新南門にある宿の近所に戻りました。

交通カードで支払って、料金は1.8元(≒29円)でした。


↑街並み

宿の近所の橋より。


↑街並み

川沿いはのどかです。

宿(ミセスパンダホステル(熊猫夫人青年旅舎))に戻って、食休みしたりブログを書いたりしました。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-中国
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.