無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 5月は日本にいます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

その他

9/7尿管結石の入院レポート 3日目 地味だけど長い1日

   

投稿日:2016-09-07 更新日:

2016年9月7日 水曜日

おはようございます。

夜中に具合が悪くなるという事もなく、わりとよく寝られました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

入院中

朝ごはん。

入院してると、食事の時間がけっこう楽しみです。

ふだん自主的にさつま揚げを食べる事はほとんどないのですが、とても美味しくて気に入りました。

あと、ご飯もとても美味しいです。

体拭き用にタオルを頂きました。

今日で入院3日目ですが、院内で入浴する機会はありませんでした。

 

さて、、、だいぶ具合は良くなってるのですが、やっぱりカテーテルが気になります。

 

【以下、医療的表現があるので閲覧注意】

まずカテーテルが太いんですよ。

小指と同じくらいの太さがあるんですよ。

そんなものが尿道から体内に通じてるとか信じられません。

怖くて根元を見られませんでした。

 

そして、赤い液体がドバドバ出てきてるんです。

血の割合はそれほど多くない(心配するほどではない)のでしょうが、気持ちが落ち込む程度には赤いです。

 

あと、カテーテルはいつか抜かなくてはいけないのですが、それがとても痛いっぽいのです。

同室に似たような症状で入院してきた男性がいて、ついさっきカテーテルを抜いてもらってました。

 

「かなり痛いです!!!痛み止めをもらえませんか!?」

と言っていたので、とても痛そうで怖くなってしまいました。

 

あー、そういえば手術直後に先生にその質問をしたのを思い出しました。

「カテーテル抜く時って痛いですか?」

「痛いですよー」

「でも尿管結石の痛みよりはゆるいですよね?」

「いやー、どうかなあ、、、かなり痛いですよー。でも一瞬ですから」

お医者さんは『患者さんを不安にさせないこと』も職務のひとつだと思うのですが、それなのにこの発言、、、ガチで痛いんでしょうねー。

9:30頃、担当の看護師さんが来ました。

カテーテルを抜いてくれます。

私は目を瞑り、歯を食いしばって、痛みに備えていました。

「ホワッチャーッ!!!」

あまりにも痛くて、ブルース・リーのような奇声(怪鳥音)を発してしまいました。

ほんの一瞬でしたが、鋭い激しい痛みがありました。

 

例えるならば、『力士に背中を派手にひっぱたかれる』のと同じくらいの痛みだと思います。

ほんの一瞬ですが、悶絶してしまう痛さです。

しかしカテーテルが取れて、体だけでなく気持ちもだいぶ楽になりました。

なので昼食もウキウキしながら食べられました。

スープの出汁がとても良かったと思います。

 

実は朝食のとき、漬物が苦手で残してしまいました。

なので10時頃に栄養士さん(?)が部屋に来て、好き嫌いを聞いてくれました。

そのため、椎茸抜きで作ってもらえました。

こういう細やかな配慮が、とても助かります。

午後。

気分もだいぶ軽くなったので、2日ぶりに売店に行ってみました。

『お菓子とかジュースを選んで買う』というだけの事が、やたらと楽しくてウキウキしてしまいました。

本当はカップ麺とかベビースターを食べたかったのですが、一応病人ですので、それっぽいチョイスにしておきました。

 

同じ病棟の4階におじいちゃんが入院しているので、お見舞いに行きました。

病院の人(リハビリ担当の人?)に、戦時中の話をしていました。

私も一緒に聞いていたのですが、自分の具合が悪くなってきたので、病室に戻りました。

あとカテーテルが取れたので、普通にトイレで用を足せるようになりました。

尿は看護師さんに観察してもらうため、流さずに透明なパックに溜めておくというルールになっています。

何回もトイレに行って足していったら、今日だけで4リットルくらいになりました。

多いなあと思いました。(たくさん水分を取って、たくさん輩出するように指導されています)

 

一度、排尿の最中に点滴から血液が逆流して、軽く慌てました。

看護師さんに対応してもらって、そして安静にするように言われました。

そうこうしているうちに、夕飯の時間になりました。

相変わらず美味しいです。

 

食後にまたおじいちゃんのお見舞いに行ったのですが、すでに寝ていました。

久々に缶コーヒーを飲みました。

甘い飲み物とても美味しいです。

20:30頃、ついに点滴が取れました。

微熱はあるものの、だいぶ元気になった気がします。

やはり体に何も付いていないと、気持ちが軽いです。

 

21時に消灯になりました。

入院最後の夜なので、院内を散策しようかと思ったのですが、無意味に徘徊するのは良くないと思い、自重しました。

そしてお茶を買って部屋に戻り、ブログを書いて現在に至ります。

とても長い1日でした。

ふと気づいたのですが、たくさんツイートしたり、ブログを書いたりすると、1日が長く感じるのかもしれませんね。

記憶として定着するというか、有意義な感じが増えるというか、そういう理由でしょうか。

 

ほとんど寝ていたのに、なんだか旅に出ていた時と同じような、不思議な時間の流れ方をしていたと思います。

さて、明日はいよいよ退院予定です。

『入院生活が名残惜しい』という事はないはずなのですが、なんとなく、ちょっとだけ寂しい気がします。不思議ですね。

帰宅したら安静にしつつも、色々とやって楽しもうと思います。

しっかり回復したら、早めに旅にも出たいですね。

そんな感じです。

おやすみなさい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-その他
-,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.