無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/5-15は台湾旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

時事ネタ エジプト

-,

『王家の谷(ツタンカーメンの墓)』の場所とか豆知識

   

投稿日:2016-03-20 更新日:

こんにちは。
最近盛り上がっている『ツタンカーメンの墓』の話題に便乗して、『王家の谷』の話を書いてみようと思います。

エジプト考古省は3月18日、「王家の谷」にある古代エジプト王・ツタンカーメンの墓に、2カ所の隠し部屋がある可能性が高いと発表した。
記事引用元:ITmedia ニュース

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ルクソールにあります

160320tizu1
↑地図

『王家の谷』は、エジプト中部の町ルクソールの近郊にあります。
古代エジプトの王たちの墓が集まっています。

IMG_1906
↑街並み

ルクソールの街並みはこんな感じです。
観光地として、しっかり整備されています。
マクドナルドとかもあります。

IMG_1913
↑神殿

ルクソールには凄い神殿もあります。

160320tizu2
↑地図

王家の谷の場所はこちらです。
ルクソールの町中から、道のりだと10kmくらいでしょうか。

名前の響きから「とんでもない秘境にあるに違いない!」という印象になりがちですが、意外とアクセスは良かったりします。

DSC01365
↑船着場

私は自転車で行きました。
最初に渡し船に乗って、ナイル川を渡りました。

DSC01370
↑船

普通に地元の人が利用する船です。
料金は1ポンド(≒14円)でした。

DSC01377
↑街並み

ナイル川の西側。
川に近い部分は、緑が多いです。

IMG_2150
↑街並み

畑も多いです。

IMG_2148
↑街並み

王家の谷は、あの山の向こう側にあります。

IMG_2154
↑街並み

ナイル川から離れると、すぐに荒野というか砂漠というか、そういう世界になります。
私が行ったのは11月下旬(冬)でしたが、それでも暑くて大変でした。

IMG_2162
↑街並み

自転車は泊まった宿で借りて、1日25ポンド(≒338円)でした。

DSC01388
↑警備員さん

 

王家の谷です

IMG_2163
↑王家の谷

やっと駐車場に到着。
まあ、バスとかタクシーで来るのが普通ですよね。

DSC01391
↑王家の谷

現在は観光地でもあるので、売店も並んでいます。

DSC01392
↑王家の谷

2012年11月当時、入場料は80ポンド(≒1080円)でした。

DSC01399
↑王家の谷

というわけで、こちらがかの有名な王家の谷でございます。

DSC01400
↑地図

60以上のお墓が集まっています。
最初に買った入場券で、このうちの3つに入場する事ができます。

ただしツタンカーメンのお墓だけは、さらに100ポンド(≒1,350円)のチケットを買う必要があります。

160320tizu3
↑航空写真(Googleマップ)

王家の谷の全体図はこんな感じです。

DSC01401
↑王家の谷

でもって、こちらが話題の『ツタンカーメンの墓』でございます。
ここに隠し部屋が2つある!というニュースで盛り上がっているという訳です!

【今日のポイント】
・王家の谷へは自転車でも行ける
⇒ルクソールの中心部から意外と近い場所にある

・ツタンカーメンのお墓だけは追加料金が必要
⇒王家の谷でも特別な存在である

この話題で雑談する時に、ちょっとだけ得するかもしれない豆知識でした。

参考記事:11/23王家の谷へ 冬とはいえ、自転車での観光はけっこう疲れる

おしまい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-時事ネタ, エジプト
-,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.