無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/2-14は真冬のロシア旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

カタール ドイツ

9/8ドーハ⇒ベルリン Blacklane社の一流の送迎で安宿に移動

   

投稿日:2015-09-08 更新日:

9/8に、ドーハ空港で飛行機に乗る続きです。

IMG_0152
↑飛行機

カタール航空で、いよいよドイツに向かいます。

ちなみに『↑飛行機』みたいに画像の下にひとこと説明があるときは、ノートPC(VAIO type-P)でブログを書いています。

それが無いときは、iPhoneでブログを書いています。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

カタール航空の機内

IMG_0154
↑朝食

機内食。
チキンソーセージとかを頼みました。
とても美味しかったです。

ちなみにヨーグルトとフルーツが一緒に出てきたときは、混ぜて食べると欧米っぽくなります。

IMG_0155
↑おやつ

またお菓子の配布がありました。
いわゆる『神対応(とても親切で丁寧な対応)』だと思いました。

ここまでカタール
******************

ここからドイツ

IMG_0158
↑空港

ドーハから約7時間、やっとドイツのベルリンのテーゲル空港に到着です。

羽田空港を出発してからだと、約21時間かかりました。

 

飛行機からボーディングブリッジで空港に入りました。
いきなり列が出来ていました。

「なんだろう?」
と思ったら、まさかの入国審査窓口でした。

飛行機を降りてトイレもベンチもなく、まず最初に入国審査です。

こういうのは初めて遭遇しました。
珍しいと思います。

外国人の入国審査は、けっこう念入りに行われていました。

じっくり話をしながら、ひとり1~3分かけているので、なかなか列が進みません。

 

ようやっと私の番が来ました。

特に質問されたりはしませんでしたが、小型顕微鏡みたいな特殊器具で、パスポートの構造をチェックされました。

写真のところをじっくり調べていたので、偽造かどうかを調べていたのだと思います。

1分くらい調べてOKだったようで、スタンプを捺してもらって入国しました。

窓口のすぐ裏が、荷物引取り所でした。

そしてすぐ出口になりました。

予想外に小ぢんまりとした構造でした。

 

送迎!

IMG_0161
↑紳士

ところで今回は、送迎サービスを利用してしまいます。

なんとベルリンのBlacklane(ブラックレーン)社様から、フリーモニターのご提案をして頂いたのです!

HPはこちら⇒https://www.blacklane.com/en

事前にオンラインで送迎申し込みをしておきました。

紳士がパネルを出してお出迎えしてくれました。

IMG_0162
↑紳士

ドライバーのYaziciogluさん。
『寡黙で信頼感のある紳士』という印象です。

IMG_0163
↑パネル

ほら見てください!
MUSYOKUTABI
って書いてありますよ!

私は300回くらい?もっとかな?飛行機に乗っていますが、空港でお出迎えしてもらった事は、たぶん10回もないと思います。

なのでとても新鮮かつ嬉しいです。

IMG_0165
↑車

そんなわけで、超快適に空港から移動でございます。

ブラックレーン社様は、
『世界180以上の都市で、空港送迎や貸切乗車を提供している移動サービス会社』
です。

https://www.blacklane.com/en
こちらのHPから場所と日付を入力して、クレジットカード決済で送迎を申し込むことができます。

日本も対応しているようです。

150908bl
↑HP

私はテーゲル空港からベルリン中心部の宿まで、この車をお願いしました。

普通に申し込むと39.99ユーロ(≒5,500円)のようですが、これを無料でご提供して頂きました。

タクシーよりも少々お値段は高いのかもしれませんが、快適度とか信頼度を考慮すると、むしろ割安であるように思います。

IMG_0168
↑街並み

ベルリンの壁跡のようです。

IMG_0169
↑車

そんなこんなで、空港から30分くらいで目当ての宿に到着です。

とても素晴らしい送迎をして頂いて、大満足でございます。
ありがとうございました。

IMG_0170
↑宿

一流の送迎サービスで向かった先は、ベルリンでも格安のホステルでございます。

IMG_0172
↑宿

チェックインホステルという宿です。
エクスペディアで予約しました。

詳細はこちら⇒チェックイン ホステル

IMG_0173
↑部屋

ドミトリーで1泊14.5ユーロ(≒1950円)です。
トイレ・シャワーは共同、Wi-Fiは無料です。

レンタサイクルとか、色々と取り扱っていて便利で快適そうです。

一休みしてブログを書いて現在に至ります。

IMG_0175
↑窓からの街並み

この宿は、たぶんユダヤ博物館の近くです。
ベルリン中心部も徒歩圏内っぽいので、これから歩いて行ってみようと思います。

まずは靴を買わないと!

ではまた後ほど

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-カタール, ドイツ
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.