無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 10/3-16はヨーロッパ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ナミビア

-, , ,

8/5ナミブ砂漠4 Dune45の朝日とブルース・リー

   

投稿日:2014-08-08 更新日:

2014年8月5日 火曜日 ナミブ砂漠のセスリム(ナミビア)

おはようございます。

レンタカーによるナミブ砂漠ツアーの2日目でございます。

DSC02839
↑朝食

4:50起床です。

とりあえずチョコレートを食べて、身体を温めました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

砂漠へ出発

DSC02840
↑道路

5:30にセスリムのキャンプサイトを、レンタカーで出発しました。
砂丘で朝日を見たいと思います。

BlogPaint
↑地図

1番のセスリムのキャンプサイトに宿泊しました。

その左側にゲートがあって、
オープン:日の出1時間前 この日は5:30
クローズ:日没1時間後 この日は18:30
となっています。

なのでゲートオープンと同時に、砂丘の見学スポットの方へ向かいました。

最初の目的地は3番の、Dune45という砂丘です。

IMG_7577
↑砂漠

少しずつ空が明るくなってきます。

 

Dune45

IMG_7578
↑砂丘と車

ゲートから40分くらいで、Dune45の駐車場に到着しました。
「Dune」は、「丘」という意味だと思います。

IMG_7580
↑砂丘

どこで見学するのが最適か分かりませんが、みんなが砂丘を登っていたので、我々も登ることにしました。

たぶん最初に来た人が別の場所に向かっていたら、それに着いていく人が続出したと思います。

IMG_7591
↑砂丘

砂丘の稜線を、奥へ上へと進んでいきます。

IMG_7595
↑砂丘

てっぺんまで着きました。
だいたい120~130メートル登りました。
少し疲れましたが、昨日に比べるとだいぶ楽です。

ここで朝日が登るのを待ちます。

IMG_7609
↑type-Pと砂丘

ナミブ砂海(Namib Sand Sea)は、世界遺産に登録されています。

今まで撮ったtype-P写真の中で、一番カッコいいかも??

IMG_7690
↑砂丘

朝日に照らされて、砂丘が赤くなりました。

でも正直なことをいうと、
ホワイトバランスとかを極端に調整した写真ですので、
肉眼ではここまで赤くはありませんです。

IMG_7649
↑砂丘

でも「赤」か「黄色」かと言われたら、
間違いなく「赤」の方が近いです。
そういう幻想的な色でした。

IMG_7639
↑砂丘と旅人

一緒にまわっているりょうたさん。
(本人の許可を得て写真を掲載しています)

アフガニスタンで買った服とマントが、やたらと砂漠にマッチしていたので、写真を掲載させていただきました。

映画のワンシーンみたいです。

IMG_7658
↑砂丘

反対側を見るとこんな感じです。

こっちは「赤」というよりは「黄色」ですよね。

キラキラ輝いていたので、むしろ「黄金色」に思えました。

日の当たり方で、ずいぶん色が違って見えます。

さっきみたいに「赤く染まる砂丘」が見られるのが、ナミブ砂漠の代表的な魅力の1つです。

IMG_7678
↑砂丘

奥に見えるのが駐車場です。
そこに降りて、下から砂丘をウォッチングしてみます。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

砂丘を降りました

IMG_7679
↑境目

地面は堅い土みたいな感じです。
砂丘の境目はこんなふうに、けっこうハッキリしていました。

IMG_7686
↑砂丘と駐車場

さっきは、あのてっぺんのさらに奥まで行っていました。

IMG_7687
↑子供

欧米人の観光客もかなり多いです。

こちらの子供は、ママとケンカしてしょげていました。

地面を何回も蹴っていて、分かりやすかったです。

パパとママは困った表情をしていました。

そんな感じでDune45を見学したので、続けてさらに奥の別のスポットに行きます。

レンタカーに乗り込みました。

 

送迎車の場所

IMG_7695
↑送迎車

Dune45から25分くらいで、公園の奥の駐車場に到着しました。

ここから先は未舗装の悪路なので、ごっつい4WDでないと通行できません。

我々の車は普通の2WDの乗用車なので、送迎車を利用する事になります。

 

送迎料金は往復で100ナミビアドル(≒950円)だそうです。

ちょっと高いですね。

係員のおっちゃんの一人がボソっと、
「ブルース・リー……」
とつぶやきました。

私はこれを挑発行為と受け取りました。

P8050905
↑おっちゃんと無職旅

「アイム ブルース・リー ディスカウント プリーズ」

私は予備校生の頃、かなり熱心なブルースリーマニアでした。

本気でモノマネしてみました。

でも、
「キミはブルース・リーじゃないから値下げできないよ」
と言われました。

口で言って分からないなら、行動で示すしかありませんね。

P8050900
↑おっちゃんと無職旅

「ホワアアアアア!!!!」

かなり本気でやりました。

おっちゃんたちも最初はニヤニヤしていましたが、ここら辺から大声で笑い始めてくれました。

よし、これなら行ける!

P8050897
↑おっちゃんと無職旅

「ホワチャァアアアアア!!!」

右手には手ぬぐいで作った即席のヌンチャクも持っています。

私のありったけのリー魂を表現しました。

考えるよりも感じ取ってもらおうとしました。

「あはははは、キミは確かにブルース・リーだね、認めるよ。
映画でたくさん稼いだんだから、送迎料金は200ナミビアドル(≒1900円)ね」

逆に値上がりしてしまいました。

相手の返し方が一枚上手でしたね、、、

IMG_7697
↑おっちゃん

ブルース・リーの後は、
一緒にジャッキーチェンごっことかもしました。

今回の旅で、アフリカ人と一番触れ合ったひと時でした。

超喜んでくれたので、良いことをしたと思います。

遠めに見てた欧米人観光客も笑ってました。

IMG_7698
↑送迎車

結局、正規料金の100ナミビアドル(≒950円)で、
送迎用の4WDに乗り込みました。

ちなみに距離は5kmくらいなので、
歩いて行けないこともないみたいです。

DSC02841
↑道路

メインスポットのソススフレイに向かって出発!
ナミブ砂漠のクライマックスです。

確かに悪路なので、2WDでは無理ですね。
ランドクルーザーでさえ、たまにスタックしてましたし。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ナミビア
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.