無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

マラウイ

-

7/21ンカタベイの町の素朴さが良すぎてヤバい

   

投稿日:2014-07-23 更新日:

7/21に、ンカタベイの宿(BIG BLUEバックパッカーズ)でのんびりしている続きです。

IMG_5632
↑街並み

15:30くらいから外出しました。

宿の近所には木製のシマウマが置いてありました。

ここら辺は木工屋さんが集まっているようです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ンカタベイの中心部

IMG_5636
↑露店

湖で獲れた魚を並べていました。
干物っぽいですね。

IMG_5637
↑街並み

ここら辺がンカタベイの町の中心部です。

小ぢんまりとした感じが、インドのハンピに近いものを感じます。

ハンピは今年の3月に行った町で、かなり大当たりだったところです。

参考記事:3/28ハンピ到着 ここは絶対に楽しいと確信した!

IMG_5639
↑街並み

のんびり町歩き。
超癒されます。

IMG_5639b
↑子供

 

銀行もあります

IMG_5641
↑銀行

今日は心の底からリラックスして過ごしています。

素晴らしい一日です。

今までもそういう場所には多々行きました。

しかしいつも、
「のんびり楽しむ事に一生懸命になってしまう」

というか、
「必死になってリラックスしようとする」

という不自然な部分があったのです。

 

「しっかり海で遊ばなきゃ!」とか、

「あれもこれもやらないと!」とか、

謎の義務感で動いてしまって、ただリラックスするという事ができませんでした。

IMG_5642
↑街並み

でも今日は違います。

何のプレッシャーもなく、心の底からリラックスしています。

ンカタベイはちょうどいい町なんですよね。

何もかもが適度なんです。

DSC02352
↑おやつ

フライドポテト 300クワチャ(≒75円)

散歩の途中に、
そこら辺の露店で適当におやつタイムです。

DSC02354
↑お店

露店の中に座らせてもらって食べました。

DSC02355
↑芋

日本のジャガイモと、ちょっと感じが違いますね。

皮をむいて切ったあとは、写真左上のバケツに入れていました。

だいぶ濁ってますね、、、

でも火を通しているし、たぶん大丈夫でしょう。
(実際にお腹を壊すこともありませんでした)

IMG_5644
↑露店

皆さんの素朴な感じがとても良いです、

DSC02356
↑商品

そこら辺の売店にも、適当に立ち寄ってみました。
この乾電池はかなりパワーがありそうですね。

DSC02357
↑おやつ

脂っこいものを食べたあとは、
コカコーラで爽やかになる必要があります。
130クワチャ(≒33円)

中が少し凍っているくらい冷え冷えで美味しかったです。
・25コーラめ

DSC02358
↑商品

この袋はウガリかな?
と思って聞いたら、砂糖だそうです。

IMG_5646
↑木

木に直接貼紙が貼ってありました。

ホントにいいですね。

ゾクゾクしてしまうくらい、何もかもがいい感じです。

これぞ素朴なアフリカです。

ンカタベイに来て良かったと思います。

 

特に見所みたいなものは無いんですけどね。

適度に便利で適度に素朴なのが、私の好みにピッタリはまったのだと思います。

IMG_5647
↑公園

町のはずれに公園を発見しました。
子供たちがサッカーをやっていました。

ボールの空気圧は低いように見えました。

IMG_5649
↑公園

女の子も一緒にサッカーしていました。

IMG_5650
↑公園

暇な子たちはゴールで遊んでます。

そんな感じで、ンカタベイをとても楽しく散策しています。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-マラウイ
-

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.