無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

マラウイ

-

7/21ンカタベイの宿が快適すぎてやばい

   

投稿日:2014-07-22 更新日:

2014年7月21日 月曜日 ンカタベイ(マラウイ)

おはようございます。

湖の音を聞きながら、グッスリ寝られました。

BIG BLUEバックパッカーズという宿に宿泊しています。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

朝食

DSC02350
↑朝食

9:00頃に部屋を出て、
宿内のレストランで朝食を頼みました。

紅茶が400クワチャ(≒100円)。
調味料とかと一緒に、やたらと大きなお皿に乗ってきました。

DSC02351
↑朝食

目玉焼き&トースト 800クワチャ(≒200円)
まあ無難な美味しさです。

マラウイが、、、というかこの宿がでしょうか。

ちょっと物価高い感じがしますね。

これが200円なら、日本でも同じ値段で食べられそうです。

名古屋のモーニングだったら、確実にもっとお得でしょうし。

 

午前中からお昼にかけてはほぼ動かずに、ネットをしたりブログを書いたりして過ごしました。

湖のすぐ脇という事もあって、やたらとやたらとリラックスできます。

今回のアフリカ旅で、一番いい感じかもしれません。

 

すると昨日国境で会ったカツオさんがやってきました。

同じ時刻に国境を通過したのに、たった今、ンカタベイに到着したそうです。

カツオさんは大型バスに乗っていて、しかも荷物が信じられないくらい積載されていて、国境でそれのチェックに10時間くらいかかったそうです。

 

大きな国際バスは便利ではありますが、国境で時間がかかるというデメリットがあります。

それにしても10時間とは、、、大変でしたね。

 

地図と基礎データ

140722tizu_u2
↑移動経路

ここでマラウイの基礎データを。

国名:マラウイ共和国
首都:リロングウェ
人口:1600万人くらい
面積:北海道+九州くらい
言語:チュワ語、英語
通貨:クワチャ(1クワチャ ≒ 0.25円)
治安:多分アフリカの中だといい方だと思う

 

私が治安を『アフリカだといい方』と判断した材料は、主にバックパッカーの評判です。

「タンザニアからマラウイに入って、急に人が親切になって癒された」
みたいな話をよく聞きますので。

ここまでの私の体感としても、だいたい同意です。

IMG_5620
↑部屋

気ままに昼寝したりして、優雅に過ごしました。

そういえば今日あたりが、今回の旅の折り返しくらいですよね。

後半戦に備えて、ゆっくり充電しようと思います。

IMG_5621
↑宿

15:30くらいから活動を開始しました。

庭ではスタッフのおっちゃんが電線を直していました。

だいたいの人は目が合うと、気持ちいい挨拶をしてくれます。
嬉しいです。

IMG_5623
↑宿

シャワーとトイレです。

IMG_5625
↑宿

スタッフの人がカヌーを運んでいました。

IMG_5626
↑景色

宿のレストランから見える風景です。

湖のすぐそばで爽やかな風も吹いてきて、しかもWi-Fiも使えてもの凄く快適です。

IMG_5628
↑湖

地元の人がカヌーで出撃していました。

「カモン!レッツゴー!」
とか言っているので、後ろにだれかいるっぽいのですが、なかなか現われません。

IMG_5629
↑湖

3分くらいして、カナダ人カップルのカヌーが来ました。

でもなかなか進まないし、転覆しそうです。

波もあるし、けっこう難しいのでしょうね。

私も明日、やってみたいと思います。

IMG_5630

↑湖

いやー、ホントに超快適です。

きっと今後も何回も同じフレーズを書くと思います。

IMG_5631
↑宿

ヘアスタイルを整えていました。
すごい迫力ですね。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-マラウイ
-

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.