無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

タンザニア

-, , ,

7/19ムベヤに到着して安宿を探してから町歩き

   

投稿日:2014-07-22 更新日:

7/19に、ダルエスサラームから列車でムベヤに移動している続きです。

DSC02279
↑街並み

もうじきムベヤに到着な感じになりました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

列車です

IMG_5600
↑列車

私がいた4人1室のコンパートメントはこちらでございます。

同室のおばちゃんに、
「私はムベヤより前に下車するから、無人になってから部屋を撮影しなさい」
と言われたので、その通りにしました。

ちなみにそのおばちゃんご一行は、私と同じくムベヤで降りました。

最初のやりとりは何だったんだろう、、、

 

ムベヤに到着

IMG_5601
↑駅

17:50、ムベヤ駅に到着です。

長かったです。
ダルエスサラームから28時間もかかりました。

バスだと10~12時間くらいらしいので、
だいぶゆっくりな列車でしたね。

列車はさらに24時間くらいかけて、
ザンビアのニューカピリムポシへと向かいます。

IMG_5602
↑駅

IMG_5604
↑駅

駅の出口のところが改札になっていたので、
駅を出るために長い列ができました。

DSC02280
↑駅前

さて、、、これからどうしたものか。

目的地は隣国マラウイなのですが、
もう夕方なので、これから移動するのはリスクがあります。

駅前に何台かミニバスが停まっていて、
マラウイ行きもありましたが、
それに乗るのはやめておきました。

DSC02281
↑駅

インフォメーションみたいなのは、、、
残念ながらありませんね。

IMG_5605
↑駅前

全く情報がない町に来ると不安ですね。
(しかもアフリカですし)

とりあえずムベヤの町中へ移動してみましょう。

DSC02282
↑バス

「ムベヤのタウンへ行く」というバスに乗りました。

バスまで案内してくれた人は、

「5000タンザニアシリング(≒300円)だよ」

と言ってきたのですが、経験則からいうとあり得ない金額です。

 

支払いを保留して乗客の様子をみていたら、400タンザニアシリング(≒24円)みたいなので、

私もそれだけ支払いました。

危うく騙されるところでした。

 

ムベヤのバスターミナル

DSC02285
↑バスターミナル

15分くらいで、ムベヤのバスターミナルに到着です。

ですが、ここから先もどうしたものか、、、
全く情報がありませんです。

「安い宿を探しているのですが、知りませんか?」
とそこら辺の人に聞いたら、
親切に案内してくれました。

なぜか2人がかりで。。。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

安宿

DSC02289
↑宿

バスターミナルのすぐ目の前にある、
MJOMBA GUEST HOUSEという宿に来ました。

DSC02287
↑部屋

シングルルームで1泊14,000タンザニアシリング(≒840円)。
蚊帳付き。
トイレ・シャワーは共同です。
Wi-Fiは使えません。

さっきの人たちに、
「案内したからチップちょうだい」
と言われたので、少しだけ支払いました。

 

ちなみに宿帳に「TRIBE(部族)」を書く欄がありました。

どう書いたらいいものか困っていたら、「日本には部族とか無いの?珍しいね」って言われました。

DSC02290
↑街並み

バスターミナル周辺には、いくつも安宿がありました。

実は案内してもらう必要は全然ありませんでした。

でも到着した時点では、
「近所に安宿があるかどうか」
でさえ知らないわけです。

 

バックパックを背負ったまま見知らぬ土地を、しかも夕方に移動するのは、かなりリスクがあります。

スムーズに宿も見つかったわけですし、結果オーライとしておきましょう。

DSC02293
↑街並み

手持ちのタンザニアシリングが、底を尽きてしまいました。

宿から10分くらい坂をのぼった所が町になっていて、
銀行のATMで無事にお金を引き出せました。

DSC02296
↑街並み

タンザニアと日本の国旗が並んでいます。
こういうの見ると嬉しくなりますね。
しかも上にサイも乗っていますし。

DSC02298
↑買ったもの

暗くなる前に、売店で買いこんでおきました。
・ビスケット 1000タンザニアシリング(≒60円)×2
・水 1000タンザニアシリング(≒60円)
・コカコーラ 1000タンザニアシリング(≒60円)

DSC02299
↑夕食

部屋でひっそりと夕食にしました。
移動で疲れて乾いた体には、コカコーラが必要です。

・24コーラめ

宿のシャワーは水しか出ないのですが、低い水道からはお湯が出ました。

バケツで混ぜてかぶったら、けっこう気持ちよかったです。

 

そんな感じの1日でした。

タンザン鉄道がゆっくりだったため、ほぼ移動しただけでしたね。

明日は早朝のバスで隣国のマラウイに向かいます。

おやすみなさい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-タンザニア
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.