無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ケニア

-,

7/1ナイロビ初めての町歩き 危険だけど北斗の拳よりは平和(治安の考察してみた)

   

投稿日:2014-07-02 更新日:

7/1に、宿でまったりブログを書いたりした続きです。

お腹も減ったので、15:00頃から外出しました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

宿です

DSC01491
↑貼紙

ニューケニアロッジという宿に泊まっています。

ドラッグは当然としても、アルコールも禁止。

タバコもダメみたいですし、意外とお堅いんですね。

 

ナイロビのシティセンター

DSC01492
↑街並み

宿は治安が悪いダウンタウンにあります。

早足でシティセンターの方に行きました。

「ここなら大丈夫かな?」
と思い、恐々とデジカメを出して街並みを撮影しました。

DSC01493
↑ポスト

普通ですね。

DSC01494
↑街並み

シティセンター付近は普通に整っていて綺麗な街並みです。

特に危ない様子は無いのですが、
「治安が悪い」という予備知識のため、
かなりビビっています。

たまにツアー会社の客引きに声をかけられますが、恐れと緊張のため完全に無視しちゃっています。

表情もこわばって、全然笑顔になれません。

こういう感覚も久しぶりですね。

DSC01495
↑お店

だいたいのお店は鉄格子でガードされています。

 

意外と大丈夫そう?

DSC01498
↑街並み

警備員的な人もけっこう多いですし、
そこまで不安にならなくてもいいかも?

少しだけリラックスしてきました。
少しだけ。

DSC01499
↑お店

サブウェイ発見。

DSC01500
↑お店

ケンタッキーフライドチキン発見。

ここで食事しましょう。

入り口には金属探知機?を持った警備員さんがいます。

でも武装している様子はありません。

 

昼食

DSC01501
↑店内

値段は日本より少し安いくらいでしょうか。

DSC01502
↑昼食

ウガリとチキンのセット 350ケニアシリング(≒403円)
コカコーラ 100ケニアシリング(≒115円)

真ん中の白いのが「ウガリ」で、東アフリカの代表的な主食です。

そばがきに似た感じですが、あまり味はしないです。

「具無しハッシュドビーフ」みたいなのと合わせて食べました。

それなりに美味しかったです。

・5コーラめ

DSC01504
↑店内

町もお店もけっこう綺麗なんですよね。

場合によっては東欧よりも整っているかも?

DSC01505
↑ケニア人

髪型がいかにもアフリカな感じです。

身なりが綺麗でおしゃれな人が多いです。

お腹も満たされたところで、宿の方に戻ることにしました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ナイロビのダウンタウン

DSC01506
↑バス

凄いバスですね。

ここら辺からダウンタウンなのですが、少しだけリラックスできてきたので、何枚か写真を撮りました。

DSC01508
↑街並み

ここら辺がダウンタウンです。
あちこちで露店が営業していました。

DSC01509
↑街並み

さっきのシティセンターのあたりとは、
だいぶ雰囲気が違いますね。
雑然としています。

DSC01510
↑商品

スーパーマーケットに立ち寄り。
さっき食べたウガリの粉がありました。

DSC01511
↑街並み

店先に商品が並べられていました。
セキュリティがちょっとゆるいような。

DSC01512
↑買ったもの

ポテトチップ 75ケニアシリング(≒86円)
トイレットペーパー 25ケニアシリング(≒29円)
ビスケット 20ケニアシリング(≒23円)
エナジードリンク 135ケニアシリング(≒155円)

DSC01513
↑買ったもの

エナジードリンクはサイの絵が描いてあります。

缶の手触りはザラザラしています。

これはかなりエナジーがチャージできそうですね!

DSC01514
↑貼紙

宿に貼ってある紙。
サファリツアーと宿泊費についてです。

3日間~7日間まで、色々な種類のサファリツアーを申し込めるようです。

DSC01516
↑街並み

宿の屋上から、ダウンタウンを撮影しました。

DSC01517
↑街並み

雑然としてはいますが、
「そこまで危険という事はないのでは?」
と思いました。

DSC01518
↑街並み

地球の歩き方には、
「ダウンタウンには決して行ってはいけない」
と書いてあります。

実際に治安は悪いと思います。

しかし私個人の印象としては、
ニューケニアロッジ周辺は、ギリギリ大丈夫なエリアだと感じました。

 

【根拠】
・お店の警備員が銃を持っていない
・鉄格子の無いお店もある
・店先に商品を並べてあるお店もある
・露店があちこちで営業している
・ハンドバッグを持った女性が一人で歩いていたりする

 

スリ、引ったくり、強盗が日常的に発生する地域だとしたら、もうちょっと違う感じになっていると思うのです。

少なくとも商業活動が可能なくらいのレベルではあるので、「北斗の拳の世界」と比べると、かなり平和だと思います。

油断することなく最大限警戒して行動しようと思いますが、神経をすり減らすほど恐れなくてもいいと思いました。

ただ、ここよりももっと奥地にいくとスラム街などもあるようです。

そちらには決して近寄らないようにします。

DSC01520
↑夕食

とはいえ、17:00以降は外出しないようにします。
さっき買ったものを食べました。

そしてネットしたり洗濯したりして、まったりと過ごしました。

宿のツアーデスクで、サファリツアーも申し込みました。

明後日、いよいよ野生動物を見てきます。

早くもアフリカ旅のクライマックスです。

そんな感じでございます。

おやすみなさい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ケニア
-,

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.