無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ケニア

-,

6/30ドバイ⇒ナイロビ3 無事にニューケニアロッジに到着して超安心、あと治安の第一印象の話

   

投稿日:2014-07-01 更新日:

6/30に、ドバイからナイロビに移動している話です。

ナイロビの空港からタクシーで町中へ移動している続きです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ナイロビです

DSC01445
↑街並み

ナイロビの公園は超危険で、集団の強盗に襲われることもあるそうです。

でも女性1人で歩いていますね。

現地の人は大丈夫なのかな?

DSC01448
↑街並み

空港から30分くらいで、ナイロビの中心部に到着しました。

DSC01450
↑街並み

ナイロビのシティセンターです。
ここら辺はけっこう安全で、問題なく歩けるとの事です。

DSC01451
↑街並み

確かに綺麗な都会という感じです。
今までイメージしていたケニアとは、だいぶ違います。

DSC01457
↑お店

お店も多いですし、普通の都会です。
本当に治安悪いのかな?

あと、やたらとスタイルの良い女性をたまに見かけます。

DSC01458
↑お店

ゴツい銃を持った警備員がいました。
やっぱり治安悪いんですね。

DSC01461
↑街並み

誰かがタクシーの近くに来るたびに怯えてしまいます。

実際は何事もありませんでしたが、
想像力を働かせて怯えてしまいます。

DSC01463
↑街並み

トゥクトゥク(3輪タクシー)みたいなのもあるんですね。

DSC01466
↑街並み

徒歩で街並みの写真を撮るのはリスクがあるので、
ここぞをばかりにタクシー内からたくさん写真を撮りました。

DSC01469
↑街並み

ここら辺から危険エリアのダウンタウンです。

これは服の露店だと思います。
略奪してるわけではないと思います。多分。

DSC01471
↑街並み

シティセンターと違って、
ダウンタウンは雑然としていて、少し怖い感じがします。

地球の歩き方には、
「最危険地帯のひとつで、決して行ってはいけない」
と書いてあります。

でも目当ての宿がこっちなんですよね、、、
なので仕方なくこちらに来ました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

安宿

DSC01472
↑街並み

目当ての宿が見えました。
ニューケニアロッジ
という宿です。

正面のNOKIAと書いてある青い建物の2階です。

DSC01475
↑宿

超緊張しながらタクシーを降りて、
迅速に階段を登ってチャイムを押して、
鉄格子の扉を開けてもらいました。

無事にニューケニアロッジに到着です。

DSC01474
↑おやつ

ホっとした所でコカコーラ。
宿で売っていました。
40ケニアシリング(≒46円)

ふ~~~落ち着きました。

・4コーラめ

DSC01476
↑部屋

ドミトリーで1泊750ケニアシリング(≒863円)

トイレとシャワーは共同、Wi-Fi無料、情報ノートあり。

朝は紅茶を無料で飲めるようです。

サファリなどを申し込めるツアーデスクも併設されています。

DSC01477
↑宿

日本人、中国人の宿泊者が1人ずついました。

スタッフもしっかりしている感じで、好印象な宿です。

でもあまり人気はないみたいです。

・危険な場所(ダウンタウン)にある ⇒ これはその通りなので仕方ないですね

・荷物を盗まれることが多いらしい ⇒ 最近は改善されたという噂です

 

ちなみにここ数年はジャングルジャンクションという宿が定番だったようなのですが、2013年頃から強盗にターゲットにされていて危ないという噂です。

ネットで調べたほかの宿も一長一短に感じたので、総合的に判断して私はこの宿に来ました。

かなり安心したので、とりあえず寝ました。

無事にナイロビの宿に着いた喜びをかみ締めました。

DSC01479
↑お店

16:00くらいから、近所のスーパーマーケットに買い物に行きました。

店内には警備員さんが多く、死角をつくらないようにしていました。

DSC01480
↑お店

夕食の時間に出かけるのは怖いので、
あらかじめ買っておきました。

DSC01481
↑街並み

スーパーの入り口から恐々と街並みを撮影。

そんな感じで超ビビっていますが、特にトラブルはありませんでした。

たかだか100メートルくらいを早足で歩いて往復しただけなので、まだ詳しい雰囲気などは分かりません。

でもそこまで恐れなくてもいいのかな?と思いました。

 

ナイロビに来る前の私の勝手なイメージでは、
「きっと20人に3人くらいが強盗なので、町を歩いたら確実に襲われる」
と思っていました。

でももちろんそんな事はなく、明るいうちに大通りをしっかり注意して歩けば、まあ大丈夫かな、という印象です。

ですが油断することなく、今後も最大限に警戒して行動しようと思います。

DSC01483
↑ノート

無駄に歩かないですぐに宿に帰着。

日本語の情報ノートがありましたが、最近は書き込みも少ないみたいです。

DSC01485
↑買ったもの

水 40ケニアシリング(≒46円)
水 30ケニアシリング(≒35円)
ビスケット 75ケニアシリング(≒86円)
パン 70ケニアシリング(≒81円)

それほど物価は安くないですね。

DSC01486
↑夕食

さっき買った大きなパンです。

マフィンみたいで甘くて美味しかったです。

一気に疲れが出たというか、力が抜けてしまったので、あとはひたすら寝て過ごしました。

 

本当に、本当に緊張してたんです。

今回の旅で一番の不安は、
「ナイロビの宿に無事に辿り着けるかどうか」
だったので、それを無事にクリアできて本当に良かったです。

特にトラブルもありませんでしたし、大変だったこともありませんでしたね。

でも「未経験な事は怖くて不安である」という事を、強く再認識しました。

DSC01487
↑虫除けグッズ

あとマラリアもかなり怖いので、虫除けグッズも過剰に持ってきました。

100円ショップの虫除けリングx4
850円くらいの虫除けリングx1
スプレー式の蚊取り線香
虫除けスプレーx3

DSC01264
↑虫除けグッズ

ケニアにいるときは、これをずっと装着しておこうと思います。

DSC01488
↑街並み

部屋の窓から撮影。
22時くらいのナイロビのダウンタウンです。

そこそこ明るし人通りもあるし大丈夫そうに見えますが、私は絶対に外出しません。

何があるかわかりませんからね。

 

そんな感じの1日でした。

ただ移動しただけの日なのに、やけに熱を入れて記事を書いてしまいました。

それぐらい重要な日と位置づけていましたので。

明日から早速サファリに参加しようかな?

とも思いましたが、ここは体をいたわって、もうちょっと先の日程にする事にしました。

のんびりしましょう。

おやすみなさい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ケニア
-,

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.