無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/2-15は東欧に行ってきます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

インド

4/15バナーラス(バラナシ)到着 また日本人宿に泊まります(サンタナ)

   

投稿日:2014-04-16 更新日:

2014年4月15日 火曜日 列車の中(インド)

おはようございます。

ニューデリーからバナーラス(バラナシ)まで、夜行寝台列車で移動中です。

エアコン2段寝台の下段はとても快適に寝られました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

移動中です

P4150938
↑景色

7時頃になると、外はだいぶ明るくなっています。

 

バナーラスに到着

IMG_2748
↑駅

7:50頃、バナーラス駅に到着です。

定刻から30分くらい遅れただけなので、とても優秀だと思います。

駅ではインタビューみたいなのをしていました。

P4150941
↑おやつ

コカコーラ 33ルピー(≒56円)
朝の空腹時に飲むコーラは最高です。

・32コーラめ

 

運転手さんが嘘をつく

IMG_2750
↑リクシャー(3輪タクシー)

早速、安宿のあるエリアに行こうと思います。

リクシャーの運転手さんが、
「町まで50ルピー(≒85円)で行くよ」
と声をかけてきたので、着いていく事にしました。

地球の歩き方の目安金額よりも安いので、何かあるとは思いましたが、予想通りあれこれ言ってきました。

 

「ゴードウリヤーまで行ってください」

「いや、そっちは行けない!通行止めだから2km手前までしか行けないんだよ!」

地図を見た限りでは、今いる駅からゴードウリヤーまでが2kmくらいなんですけどね、、、

 

「お前はツーリストだろ?いいホテル連れてくぞ!設備も素晴らしくて安いぞ!」

「もうホテルは決めているので、ゴードウリヤーに行ってください」

「そっちはヤバイぞ!超汚いしジャンキーばっかりで危険だぞ!」

「それでもいいからゴードウリヤーに行ってください」

「だから通行止めで行けないんだって!嘘だと思うならポリスに聞いてみろ!」

P4150942
↑ポリスとリクシャーのおっちゃん

本当にポリスに聞いてみました。


「彼はこう言ってますが、本当ですか?嘘ですよね?」

「……」

返事に困ってしまったポリス。

きっと彼にも色々な立場があるのでしょう。

 

10秒後くらい沈黙したあとにボソっと、

「リクシャー乗り場はあっちだよ」

と、別のリクシャーに乗ることを薦めてくれました。

リクシャーのおっちゃんは引き続き何かを熱弁していますが、残念ながらあなたのリクシャーには乗りません。

P4150944
↑街並み

サイクルリクシャー(自転車タクシー)で移動しました。

こっちの方が少しだけ安いです。

バナーラス駅前からゴードウリヤーまで50ルピー(≒85円)

しかしこのおっちゃん、相当運転が荒いです。

ライバルのサイクルリクシャーがいるらしく、お客さん(私)が乗っているのにレースを始めました。

かなり攻めたコース取りをするせいで、何回か転びそうになりました。

 

「あいつより俺の方が速いだろ!スゲーだろ!ウォーッ!ワォーッ!」

「レースはいいから安全運転してください!!」

私は生まれて初めて、インド人相手に怒鳴ってしまいました。

あと背中をひっぱたいてしまいました。

IMG_2753
↑街並み

ギリギリ無事にゴードウリヤーに到着。

降りるときに「チップ10ルピーちょうだい」って言われたので、

「あげないよ!危険運転で怖かったから嫌だよ!」

と言ったら、おっちゃんは納得した表情をしていました。

IMG_2756
↑牛

あと最初のリクシャーのおっちゃんの言っていた、
「通行止めだよ」
ってのは、もちろんガセでした。

でも、
「超汚いしジャンキーばっかりだ」
というのは、ある意味正解かもしれません。

IMG_2758
↑街並み

とても魅力的な街並みですが、まずは宿探しです。

IMG_2760
↑看板

サンタナという日本人宿に宿泊しようと思います。

ニューデリーで泊まったサンタナと同じ系列です。

少し分かりづらい場所にありますが、要所要所に看板があったので困りませんでした。

IMG_2761
↑街並み

牛が行く手を遮ります。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

安宿(日本人宿)のサンタナ

P4150950
↑部屋

無事にサンタナに到着。

日本人スタッフのレイコさんが対応してくださいました。

ドミトリーで1泊200ルピー(≒340円)。安いっ!!

Wi-Fi無料、トイレ・シャワー共同、朝食付きです。

その他ツアーとかチケット手配とか、色々な相談にも乗ってくれます。

地球の歩き方には次号(2014~15年版)から掲載されるそうです。

公式HP
http://www.indiasantana.net/varanasi.html

P4150951
↑部屋

各ベッドに扇風機がついてます。

宿泊費が安いのに、設備はかなり充実しています。

ドミトリーの他にシングルルームや、エアコン付きの部屋もあるそうです。

P4150947
↑朝食

宿泊者の皆さんに混じって、早速朝食を頂きました。

基本セット(チャイ、パン、スープ)は無料です。

私は追加でヨーグルトを頂きました。15ルピー(≒26円)

P4150949
↑宿

人がいなくなった時に撮りましたが、このテーブルを囲んで皆で一緒に食事しました。

修学旅行みたいで楽しかったです。

全体的にクオリティが高いです。

管理人さんもスタッフの皆さんも、かなり親切丁寧ですし。

 

私は、
「200ルピーって安すぎませんか?もっと値上げしてくださいよ!」
って何回も言ってしまいました。

もちろん安いことは嬉しいことなのですが、200ルピーでは申し訳ない気持ちになってしまうくらい、

あれこれ素晴らしいです。

P4150948
↑街並み

宿の屋上から見たご近所さん。

味のある街並みです。

バナーラス(バラナシ)まで来たら絶対にダラダラする!

と決めていたので、早速昼寝しました。

ブログとか観光は後回しにしちゃいます。

極楽極楽です。

この町には3泊してゆっくりします。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-インド
-, , , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.