無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/2-15は東欧に行ってきます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

インド パキスタン

4/10ラホール⇒シャリマール庭園⇒ワガ国境(リクシャーで移動)

   

投稿日:2014-04-13 更新日:

2014年4月10日 木曜日 ラホール(パキスタン)

おはようございます。

昨日パキスタンに来たばかりですが、小心者の私は1日だけでインドに戻ることにしました。

ラホールは比較的安全な町だと思っていたのですが、意外とそうでもなかったみたいです。

後で外務省の海外安全ホームページを見て驚きました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ラホールで起きたテロ情報

2011年1月 市場で爆弾テロ、16人死亡
2011年3月 塔付近で爆弾テロ、3人死亡
2012年4月24日 駅付近で爆弾テロ、3人死亡
2013年7月6日 市場で爆発、5人死亡
2013年10月10日 市場で爆発、1人死亡
2014年4月1日 「武装勢力が外国人を狙ったテロをする」という情報をアメリカ大使館が入手し注意喚起

これらは全てラホールについての事です。

こんなにたくさんあったのですね、、、

事前に知っていたら、来るのをためらったかもしれません、、、

IMG_2411
↑街並み

インドへ出発する前に、朝食を食べに外出しました。

同じ宿のドイツ人のべラットさんと一緒です。

IMG_2412
↑飲食店

IMG_2413
↑飲食店

このお店にします。

 

朝食

IMG_2415
↑朝食

甘いポテト、豆のカレー、揚げたパンのセットです。

パンを1回おかわりして、料金は54パキスタンルピー(≒57円)でした。

揚げたてのパンが美味しかったです。

カレーもいい味していました。

IMG_2416
↑朝食

ラッシー 60パキスタンルピー(≒63円)

ヨーグルト飲料のラッシー。

とても美味しかったのですが、この量はヤバいのでは?と思いました。

これから長距離移動するので、お腹がゆるくならないか心配です。
(でも大丈夫でした)

IMG_2417
↑飲食店

野菜を切っているおじさん。

IMG_2419
↑飲食店

ラッシーをかき混ぜるおじさん。

IMG_2421
↑飲食店

ちょうど席が空いていますが、地元の人で賑わっていました。

最後にこういうお店で食事をできて良かったです。

でもドイツ人のべラットさんはこういうのに不慣れなのか、あまり食が進んでいない感じでした。

 

観光してからインドへ移動します

IMG_2424
↑宿の前

宿の支配人のサジェッドさんに、リクシャー(3輪タクシー)を手配してもらいました。

宿⇒庭園観光⇒国境というコースで、1人600パキスタンルピー(≒630円)です。

べラットさんと2人で乗ります。

多分もう少し値切れたと思いますが、パキスタンでは言い値でOKした事が多かったです。

そういう気分だったのかも。

10時頃に宿を出発。

IMG_2430
↑リクシャー

リクシャーの後ろにちょこんと並んで乗ってるのが可愛いです。

IMG_2432
↑リクシャー

こちらは大荷物ですね。

IMG_2435
↑街並み

30分くらいで最初の目的地に到着。

シャリマール庭園というところです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

シャリマール庭園

IMG_2436
↑庭園

入場料は200パキスタンルピー(≒210円)。

左がべラットさん、右がリクシャーの運転手さんです。

IMG_2439
↑庭園

広くて立派な庭園です。

IMG_2442
↑庭園

いつの間にか一人増えました。

中央の青い人は、ガイドさんのようです。

 

……これはまずい

料金の話とかもせず、いつの間にか自然な流れでガイドが始まっています。

これは最後にガイド料金で揉める可能性が高いです。

 

もし私一人だったら、
「いや、ガイドいりませんので、、、ごめんなさい」
って断るのですが、べラットさんがしっかり説明を聞いているので、そういう訳にもいきませんでした。

IMG_2448
↑庭園

中東の造園技術は、けっこう高いと思います。

IMG_2463
↑庭園

イランもそうでしたが、花壇の出来も素晴らしい事が多いんですよね。

中東の人は意外と花が好きなのかも?

IMG_2468
↑庭園

マジックで落書きがたくさんしてありました。

IMG_2454
↑パキスタン人

「写真撮ってくれよ」のジェスチャーに応えました。

べラットさんは彼らを無視しましたが、私は撮影しました。

IMG_2469
↑庭園

アイス屋さんのイラストが独特です。

IMG_2474
↑ガイドさん

ガイドをしてもらったのだから、お金を払うのは当然だと思います。

でも私の残金は60パキスタンルピー(≒63円)しか無いんです。

なので頃合を見て、こう言っておきました。

「庭園の説明ありがとうございます。でも私は60ルピーしか持っていないので、これ以上あなたの説明を聞く資格はありません。ごめんなさい」

ガイドさんは少し気まずそうな表情をしたものの、とりあえず納得してくれたようです。

IMG_2478
↑庭園とtype-P

シャリマール庭園は世界遺産に登録されています。

IMG_2486
↑庭園

IMG_2489
↑庭園

40分くらいで、ざっとシャリマール庭園の見学が終了しました。

なかなか良かったです。

ここで私はガイドさんに60パキスタンルピー(≒63円)を、チップとして支払いました。

ガイドさんは少し物足りない様子でしたが、私は実際にこれしかお金が無いので仕方ありません。

お金を受け取ったあと握手して終了です。

 

で、それを見ていたべラットさん、
「え!?お金払う必要があるの!?」
と言ってしまいました。

ガイドさんはその態度が気に入らなかったのか、
「そうですよ、ガイド料は200パキスタンルピー(≒210円)ですよ」
と、強気に出てきました。

IMG_2492
↑庭園

べラットさんはガイド料の支払いに超困ってしまいました。

彼の残金は40パキスタンルピーしかありませんでしたので。

バッグを開けて、必死で小銭を探しています。

 

「ガイド料高いよ」
とか、
「お金ないから払えないよ」
とか、
「有料なら最初に説明すべきでしょ?」
とか、
「彼は60ルピーしか払ってなかったよ」
とか、
そういう抗議もせずに、ただただ困っていました。

 

結局はリクシャーの運転手さんに借金をして、ガイド料を支払っていました。

べラットさんは34歳のドイツ人男性で、身長も185cmくらいあります。

でもあまり強気になれない性格のようです。

意外でした。

助け舟を出そうかとも思いましたが、これは彼ら2人の問題ですので、私は静観する事にしました。
(私もお金を持っていませんし)

IMG_2498
↑デコトラ

そんなこんなで庭園見学を終えて、国境に向かいました。

べラットさんはリクシャーの運転手さんに借金をしましたが、
借りたお金が200パキスタンルピー(≒210円)なのに、
なんやかんや言われて、
結局はしぶしぶ350インドルピー(≒595円)を返済していました。

 

国境

P4100826
↑国境施設

1日ぶりのワガ国境です。

まずはパキスタン側の国境施設に入りました。

入国時と同じ書類を記入して、パスポートにスタンプを捺してもらって、あっさり手続きが終わりました。

税関の検査は何もありませんでした。

IMG_2500
↑国境

例のセレモニーをやる国境ゲート施設です。

さようならパキスタン。

1泊2日だけでしたが、強烈に印象に残りました。

行って良かったです。

ここまでパキスタン

ここからインド

IMG_2502
↑門

ここで日本人旅人とすれ違いました。

彼はこれからパキスタンに入国し、ペシャーワルに行って峠を越えて中央アジアに行くそうです。

って、つまりアフガニスタンに行くって事でしょうか!?

名前も聞きませんでしたが、どうかお気をつけてください。

あと40ルピーありがとうございました。

IMG_2503
↑門

ただいまガンジー。

これからインドの入国手続きです。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-インド, パキスタン
-, , , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.