無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 次の旅は9月ごろ?

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

シンガポール

-, ,

3/26セントーサ島で鼎泰豊を見つけたのでルール通り入店した

   

投稿日:2014-03-27 更新日:

2014年3月26日 水曜日 シンガポール(シンガポール)

おはようございます。

6:30に起きました。

早起きしてセントーサ島に行こうと思ったのですが、宿の屋上の鍵が閉まっており、洗濯物の回収ができませんでした。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

朝食

IMG_0110
↑朝食

宿のいつもの無料朝食セット。

そういう訳で朝はブログを書いたりして、ゆったり過ごしました。

IMG_0111
↑宿

3泊お世話になった、
ジ・イン・クラウド・バックパッカーズ・ホステル
ともお別れです。

とても良い宿でした。

私が泊まった安宿の中で、トップ20には入ると思います。

IMG_0112
↑コンビニ

隣のインド人従業員のコンビニともお別れです。

IMG_0116
↑服屋さん

リトルインディア地区がけっこう好きなので、そこを離れるのはちょっと寂しい感じがします。

まあ今晩には本物のインディアに行くんですけどね。

IMG_0117
↑飲食店

地下鉄でハーバーフロント駅まで来ました。

日本のお店もけっこう多く入ってました。

 

セントーサ島へ

IMG_0120
↑遊歩道

最後のシンガポール観光として、またセントーサ島に行こうと思います。

昨日はセントーサ・エクスプレスという列車で行きましたが、こんな遊歩道を歩いて行くこともできます。

気候的には蒸し暑いのですが、潮風が心地よいです。

IMG_0124
↑遊歩道

ゴミ箱もおしゃれです。

IMG_0129
↑遊歩道

セントーサ島の入り口です。

意外と近くて、ハーバーフロントの商業施設から徒歩10分ちょいでした。

入島料は1シンガポールドル(≒80円)。

いつも地下鉄に使っている交通カードで支払えました。

IMG_0132
↑島

セントーサ島に入場です。
「SENTOSA」の文字がいいですね。ハリウッドみたいで。

IMG_0136
↑島

昨日利用したセントーサ・エクスプレスですね。

IMG_0142
↑飲食店

美味しそうなホットケーキです。

IMG_0145
↑島

広い場所に出ました。

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールがありますね。

日本のUSJよりも空いているので、さくさくアトラクションに入場できて快適という噂です。

私も一日遊びたいところなのですが、、、

残念ながら今日は移動日なので不可能です、、、

IMG_0147
↑島

ここら辺は飲食店が並んでいます。

セントーサ島の昨日散策したあたりも楽しかったですが、ここら辺はさらにワンランク上の楽しい雰囲気です。

完全にテーマパークですね。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

大好きなお店で昼食

IMG_0148
↑飲食店

おおおおお!これは鼎泰豊(ディンタイフォン)じゃありませんか!!!

台湾の美味しい小籠包(しょうろんぽう)のお店です。

そういえば、
「ディンタイフォンを見つけたら、できるだけ入店するルール」
を作っていた記憶があります。

入りましょう。
入りましょう。

けっこう綺麗なレストランではありますが、庶民的な雰囲気もあるので、1人でも気軽に入れました。

IMG_0149
↑昼食

冷水 0.5シンガポールドル(≒40円)

日本語メニューもあって、とても分かりやすいです。

用紙に数量を記入してオーダーします。

IMG_0151
↑昼食

小籠包10個 9.8シンガポールドル(≒784円)

えっと、、、どうやって褒めたらいいですかね。

多分いつも使っているフレーズと同じだと思うのですが、

幸せの味

がしました。

 

口のなかに小籠包を入れて噛むと、皮が破れてじゅわーっと濃厚スープが出てきます。

激烈に美味いです。

「美味しさ」を追求すると、こういう味に行きつくという事なのでしょう。

節約派の旅人にとっては、かなりの贅沢です。

でもこの味でこの値段なら、むしろ安いくらいだと思います。

北海道のウニと同じくらいの満足度です。

IMG_0154
↑昼食

汁なし麺 6.5シンガポールドル(≒520円)

「麺が美味しい!」の一言です。

究極の麺があれば、スープも具も不要だったのですね。

ちゅるちゅるしててモチモチしてて。

日本のラーメン屋さんにも、こういう路線を狙うお店がもっと多くてもいいと思います。

3品で16.8シンガポールドルでしたが、税金とサービス料が加算されて、総額19.5シンガポールドル(≒1560円)でした。

IMG_0159
↑厨房

これからも美味しい小籠包をよろしくお願いします。

ちなみに日本だと、銀座に支店があります。

って書こうと思って調べてみたら、ずいぶん増えていたのですね。

新宿、横浜、名古屋、京都などなど。

帰国後もぜひ行きたいと思います。

公式サイト(日本語)
http://www.dintaifung.com.tw/jp/default.htm

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-シンガポール
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.