無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

インド

-,

12/27ジャイプル観光して、今日も疑問が湧いてきた

   

投稿日:2014-03-13 更新日:

「昔のインド旅シリーズ」の6日目です。

全13日間なので、これで半分くらいまで来ましたね。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

2007年12月27日 木曜日 ジャイプル(インド)

おはようございます。

かなりハイペースで旅しているので、心身共に疲れています。

DSC00921
↑新聞

いいホテルなので、部屋に新聞が届きました。

クリケットはインドの人気スポーツです。

DSC00923
↑街並み

ジャイプルにはもう1泊する予定です。

もう少し安い宿を探しましょう。
もしくは素敵な宿を。

DSC00939
↑いいホテル

せっかくなので砂漠の宮殿っぽいホテルに泊まろうと思いましたが、
満室だったり高額すぎたりで諦めました。

 

駅の宿泊施設へ

DSC00943
↑駅

1時間半くらいホテルを探し歩いて収穫無し。
結局、ジャイプルの駅に来てしまいました。

DSC00944
↑部屋

ジャイプル駅の2階に宿泊する事にしました。
シングルルームで料金は150ルピー(≒450円)でした。

インドの大きな駅には、宿泊施設が併設されている事が多いです。

DSC00950
↑街並み

今日はジャイプルを観光しようと思います。

DSC00952
↑おやつ

ビスケット 10ルピー(≒30円)

DSC00956
↑街並み

サイクルリクシャー(自転車タクシー)で、
わざわざ新市街の方に行ってみました。
料金は50ルピー(≒150円)。

DSC00964
↑昼食

パスタ 90ルピー(≒270円)
マンゴーシェイク 40ルピー(≒120円)

地球の歩き方に載っているレストランで食事しました。

インドのパスタの味はなんというか、、、普通でした。

カレーの味もせず、とても無難な美味しさでした。

DSC00969
↑車内

普通のリクシャー(3輪タクシー)で駅に戻りました。
料金は30ルピー(≒90円)。
自転車タクシーよりも速くて安いです。

 

ジャイプル観光ツアーに参加します

DSC00973
↑ツアーバス

駅の窓口で、「ジャイプル半日観光ツアー」を申し込みました。

料金は120ルピー(≒360円)。
激安ですね。

しかし外国人向けというよりはインド人向けのツアーです。

私以外の参加者は、全員インド人でした。

13時頃、オンボロバスでジャイプル駅を出発です。

DSC00984
↑宮殿

風の宮殿。
ジャイプルのシンボル的な宮殿なのですが、チラっと見ただけで通過してしまいました。

DSC01002
↑天文台

続いてジャンタル・マンタルという場所に来ました。

こちらは300年前くらいに作られた天文台で、世界遺産にも登録されています。
入場料は100ルピー(≒300円)でした。

写真に写っている構造物は、星の観測に使う装置です。

DSC00992
↑ガイドさん

一生懸命説明してくれているのですが、
ヒンディー語なので全然解りません。

たまに思い出したように英語も使ってくれるのですが、単語5個くらいで、すぐにヒンディー語に戻ってしまいました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

とあるお土産物屋さんでモヤモヤ

DSC01013
↑展示物

ツアーが次に立ち寄った場所はお土産物屋さんでした。

あー、なるほど。

ツアー代金が激安だったのは、ここに寄るからだったのですね。

こういう作戦は日本でも普通に行われていますし、全世界共通ですね。

 

でも、
「どうせボッタクリ価格なんだろう」とか、
「妙な物を売りつけられそうになったら困る」とか思ったので、
私はバスで待つ事にしました。

でもちょっとだけ気になったので、やっぱりお店に入ってみることにしました。

DSC01020
↑店内

ツアーの他の参加者の皆さん、超楽しそうに買い物していました。

商品の値札を見たところ、インドの標準的な相場よりも高いと思いました。

品質もまあ普通に見えました。

でも「せっかくジャイプル観光に来たんだし」という雰囲気で、楽しそうにご当地物を買っている人が多かったです。

 

う~ん、、、

私が一番遠くから来た参加者なのですから、本来は一番興奮しててもいいはずなのに、一番冷めているという、、、

インド→お土産物屋さん→ボッタクリ→買い物しちゃダメ

という図式が私の中にありましたが、、、

 

う~ん、、、

昨日に引き続いて今日も、
「自分はこれでいいのだろうか?」
という疑問が湧いてきました。

DSC01040
↑城

次はアンベール城に行きました。
入場料は100ルピー(≒300円)。

DSC01057
↑城

まあまあでした。

DSC01104
↑ビルラー寺院

最後にヒンドゥー教の寺院に立ち寄って、
ジャイプル半日観光ツアーは終了です。

一番印象に残ったのは、「ガイドさん」でした。
理由は、私のおじいちゃんに似ているからです。

DSC01129
↑街並み

ツアーのあと、ひとりでジャイプルの町を散策。

DSC01136
↑お店

私は基本的に怯えて警戒して過ごしていましたが、
少しずつインド人と打ち解けてみようと思い、
買い物とかに挑戦してみました。

意外と怖くなくて大丈夫でした。

DSC01141
↑買ったもの

靴下とパンツ2枚 50ルピー(≒150円)
ラクダ革のサンダル 190ルピー(≒570円)

もちろん値切り交渉はしましたが、最初の提示額もそれほど高くありませんでした。

もっと非常識な値段をふっかけられるかと思ってましたが、
そうでもなくて安心しました。

DSC01139
↑駅

ジャイプル駅に戻りました。
駅の2階のシングルルームが今日の寝床です。

ですが今更になって気付きました。

駅ってけっこううるさいんですね。

夜中でも列車が頻繁に発着して、そのたびに警笛も鳴らしています。

そんな中頑張って寝ました。

おやすみなさい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-インド
-,

Copyright© 無職旅2 , 2021 AllRights Reserved.