無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

インド

-, ,

12/25ラージャスターンの砂漠に泊まる(ミスター・ガンガの家)

   

投稿日:2014-03-11 更新日:

「昔のインド旅シリーズ」の4日目の後半です。

ジョードプルの宿で急遽申し込んだキャメルサファリツアーで、ラクダに乗った続きです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ジョードプル近郊の砂漠のどこか

DSC00517
↑ラクダと少年

私はモーティ(ラクダ)とマリパル君(少年)と一緒に、どこだか分からないけど砂漠の中へ歩いていきました。

2人してモーティの背中に乗っています。

ジープを運転してきたガイドのシェンカさんは、どこかへ帰っていきました。

DSC00547
↑ラクダ

マリパル君の友達の家で休憩タイム。

チャイ(紅茶)を出してくれました。
でも飲めませんでした。

だってもしも、もしもですよ、

万に一つの可能性だとしても、

このチャイに睡眠薬が入っていたとしたら、大変な事になってしまいます。

身ぐるみを剥がされて放置されたら、ほぼ100%死んでしまうでしょう。

砂漠の中ですから通りすがりの人なんていませんし、公正な目撃者もいません。

 

というわけでコップに口をつける事もしませんでした。

マリパル君が一生懸命に勧めてくれればくれるほど、私の不安は増していきました。

「痺れを切らして武器で攻撃されたらどうしよう」なんて心配しながら、縮こまって座っていました。

DSC00576
↑家

15分くらいして休憩は終了。

またラクダに乗ってどこかへと歩いていきました。

結局、何も事件は起きませんでした。

ただ私が勝手に心配しすぎただけというか、取り越し苦労をしただけでした。

ここらへんで少し自分自身に対しての疑問が出てきました。

安全第一とはいえ、何か違うんじゃないかなぁ、、、と。

DSC00581
↑本とマリパル君

旅の指さし会話帳を持ってきたのですが、マリパル君はそれを熱心に読んでいました。

ヒンディー語の部分を熱心に音読していました。

もしかしたら「本」そのものが珍しかったのかもしれませんね。

DSC00615
↑ラクダ

どこかの丘の上に到着。
どうやらここで夕日を見るようです。

マリパル君に「何かおやつちょうだい」的な事を言われたので、チーかま(チーズかまぼこ)とチョコレートをプレゼントしました。

残念ながらチーかまは、マリパル君の口には合わなかったようです。

まるで毒物を口にしてしまったかの如く、超本気で吐いてました。

チョコレートは普通に喜んでくれました。

DSC00623
↑少年

どこからともなく、少年達が近寄ってきました。

少年強盗団だったらどうしよう、、、
と不安でしたが、ごく普通の一般的な砂漠っ子でした。

みんなマリパル君の友達のようです。

DSC00626
↑少年

センターの少年がリーダー格のようですね。
表情から解るように、左側の少年は立場が弱い感じでした。

DSC00628
↑少年

個別撮影をリクエストされました。

強い少年達が撮影の順番争いをしているなか、弱い少年達がちゃっかりカメラ目線になっていました。

DSC00632
↑夕日

砂漠のサンセットは美しかったです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ミスター・ガンガの家に到着

DSC00643
↑焚き火

暗くなる寸前で、どこかの家に到着しました。

私の他に欧米人の観光客が何人かいました。

ここで本来のツアーに追いついた形となったのですね。

仲間ができてとてもとても安心しました。

ホントに。

DSC00657
↑家

みんなで砂漠ディナーです。

一番右の白い帽子の人が、
この家の主のミスター・ガンガです。
マリパル君のお父さんでした。

DSC00651
↑夕食

安心したところでビールも飲んで、
ほろ酔い気分で超楽しくなりました。

食事もガチでインド的で美味しかったです。
(少し変な匂いもしましたが)

DSC00660
↑封筒

ミスター・ガンガの家の住所です。

砂漠の中でも配達してくれるのですね。
(郵便局留めかも?)

DSC00665
↑スコットランド人とオーストリア人

合体太鼓の芸を見せてくれました。

英語がうまく話せなくて歯がゆかったですが、
とても楽しいひとときを過ごせました。

DSC00668
↑寝室

22時頃、そろそろ寝る時間です。
私の寝床はここでした。
屋外です。

DSC00670
↑屋根と月

砂漠の夜はとても冷え込みました。
でもベッドの中から見る月と星は、とても綺麗でした。

無事に砂漠を楽しむ事ができています。
来て良かったです。

おやすみなさい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-インド
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2021 AllRights Reserved.