無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

インド

-, ,

12/23ニューデリーで早速インド人に嘘をつかれまくった

   

投稿日:2014-03-10 更新日:

「昔のインド旅シリーズ」の2日目です。

いよいよインドの町中へ行きます。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

2007年12月23日 日曜日 ニューデリー空港(インド)

DSC00151
↑空港

おはようございます。
空港のベンチ泊はかなり疲れましたが、
これが正解だった事はあとで知りました。

DSC00147
↑空港

空港内の両替所でUSドルからインドルピーに両替しました。

売店でコーヒーを買おうと思います。

インドで初めての買い物なので、少し緊張しています。

DSC00149
↑おやつ

カプチーノ 15ルピー(≒45円)
甘くて美味しかったです。

が、

早速お釣りをごまかされました。

初めてのタイ旅の時だったら、けっこうショックを受けていたと思います。
参考記事:旅に出たきっかけとか 1:学生時代に旅に出るまでの話

 

ですが私もそこそこ経験を積んでいたので、

「お釣り足りないよ」

「あれ?ホントだね、ごめんね~」

ってやりとりをして、普通に切り抜けられました。

それに、
インド人はけっこうズルい
と予習していたので、これは想定内の出来事でした。

最初の買い物でいきなりやられるか~
という驚きは少しありましたが。

DSC00154
↑空港

明るくなってきたので空港を出ました。

当たり前ですがインド人ばかりです。
でもこれくらいで驚いたりはしませんでした。

DSC00158
↑バス

路線バスでニューデリー駅まで移動しました。
料金は50ルピー(≒150円)。

空港から町中へ移動するバスって好きなんですよねー。
色々考えてワクワクします。

 

ニューデリー駅の近所

DSC00161
↑街並み

ニューデリー駅付近で下車。
リクシャー(3輪タクシー)の客引きが凄い勢いで来ます。

しかも、
「ニューデリー駅まで5kmくらいあるよ」
とか、
「徒歩は超危険だよ!格安でホテルまで送るよ」
とか、色々言ってきます。

ですが
全部嘘だろう
と思っていたので、適当にあしらう事ができました。

DSC00166
↑街並み

ニューデリー駅前です。

やっぱりたくさん声をかけられますが、私は般若のような形相をして全部断りました。

するとけっこうあっさり引き下がるんですよね。

「インド人はしつこい」と聞いていたので、これは想定外でした。

DSC00168
↑街並み

安宿街のパハール・ガンジです。

声をかけてくる人は完全に無視しました。
ちょっと味気ないなあ、、、と思いましたが、安全第一です。

DSC00170
↑街並み

Payalホテルという所に行きました。
ドミトリーで1泊150ルピー(≒450円)でした。

一息ついたあと、ホテルのレセプションで相談してみました。

「列車のチケットを買いたいのですが、どうしたらいいですか?」

「じゃあ売り場に連れて行ってあげるよ」

というわけで写真左のおっちゃんに連れられて、どこかへ移動中です。

 

初日から色々起きますね

DSC00172
↑オフィス

30分くらいでどこかのオフィスへ到着。
ずいぶん遠いですね。

このオフィスのおっちゃんは、日本語を勉強中だそうです。

DSC00178
↑本

知っている漢字を書いてくれました。

日本語と英語で会話して、ほんわかしたムードになりました。

さっそく現地の人と交流できて嬉しいです。

でもね、、、

なかなか列車のチケットの話にならないんですよね、、、

 

そして気が付くと、高額なツアーの話になっていました。

私の行きたい場所を全部回るプライベートツアーで、総額670USドル(≒77,720円)だそうです。

ははぁ、、、そう来ましたか。

 

でもこの時の私はもう「ハッキリと断れる人」に成長済みでした。

要りません、さようなら、と言って立ち去りました。

せいぜい「時間を無駄にしたなあ」というくらいで、特にショックに感じる事もありませんでした。

ちなみに最初にチャイ(紅茶)を出してもらったのですが、睡眠薬とかの心配をして、飲むのはやめておきました。

DSC00176
↑朝食

コーラ 20ルピー(≒60円)
それと日本から持参したお菓子類です。

宿に戻るまでの間にも、何回も声をかけられました。

「そっちはマフィアが銃撃戦をしているから行くな!危ないぞ!」

とかね。
来た道を戻っているだけなのに、、、

ここまでの出来事で、
「インド人は嘘つきでズルい」
という印象を持ちました。

まあ想定内のことではありましたが、騙されないようにより一層、気を引き締めようと思いました。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-インド
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2021 AllRights Reserved.