無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/5-15は台湾旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

イラン

-, , ,

12/1夜行列車の仲間に大相撲カードをプレゼント、そしてマシュハド駅に到着して町を歩く

   

投稿日:2013-12-03 更新日:

2013年12月1日 日曜日 夜行列車の中(イラン)

おはようございます。

もう12月なんですね。早いなぁ。

DSC00441
↑車内

夜行寝台列車で、
エスファハーンからマシュハドに移動しています。

イラン人青年3人組と同じ部屋です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

夜行寝台列車です

DSC00443
↑景色

荒野を進んでいます。

DSC00447
↑車内

食堂車に来てみました。

 

朝食

DSC00446
↑朝食

イラン朝食セット 2万リアル(≒68円)

定番のイラン朝食です。

DSC00448
↑イラン人

ここでも撮影をリクエストされました。

DSC00450
↑イラン人

自分の部屋に戻って寝ていたら、同室のイラン人が朝食を勧めてくれました。

「もう食べてきたしお腹いっぱい」
と言っているのに、熱心に勧めてくれました。

親切なのはもちろん嬉しいことなのですが、たまに疲れることもあります。。

DSC00451
↑イラン人と無職旅

言葉は全然通じなかったですが、とても仲良くなれました。

イラン人はいい人が多いです。

DSC00452
↑イラン人

通りすがりの人に、撮影をリクエストされました。

イラン人はガチで写真好きなようです。

いや、写真が好きなんじゃなくて、もしかすると、
「外国人のカメラで撮られること」
が好きなのかも??

 

大相撲カードをプレゼント

DSC00454
↑イラン人

親切にしてくれたお礼に、大相撲カードをプレゼントしました。

例によって喜び具合は微妙でしたが。。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

マシュハドに到着

DSC00457
↑駅

12:20、マシュハド駅に到着しました。

エスファハーンから20時間かかりました。

サービスは至れり尽くせりだったし、
同室のイラン人も楽しくて親切だったし、
とてもいい移動になりました。

DSC00458
↑チケット

駅構内で、すぐに次の夜行列車のチケットを買いました。

日時と目的地を言うだけで、簡単に買えました。

明日の夜にテヘランに移動しようと思います。

エスファハーンの駅と比べるとだいぶ開放的というか、明るい雰囲気がします。

町中にあるせいかもしれません。

DSC00460
↑イラン人

この町でも早速の撮影リクエスト。

IMG_4578
↑八百屋さん

目当ての宿までタクシーで行くと10万リアル(≒339円)だそうです。

荷物もあるし乗っちゃっても良かったのですが、歩いて移動することにしました。

ちなみに路線バスもあるのですが、そちらはよく分わかりませんでした。

IMG_4580
↑街並み

マシュハドはイラン第2くらいの都市だったと思います。

今までと比べて、道幅も広く近代的になりました。

IMG_4581
↑街並み

交通事情はよろしくないかも。
よく渋滞しています。

IMG_4583
↑街並み

綺麗なショッピングセンターです。

IMG_4585
↑広場

この先にハラメ・モタッハル広場があります。

ちらっと見るだけでも、とても立派な感じが伝わってきます。

あとでじっくり見学しましょう。

IMG_4588
↑街並み

廃墟っぽいビルもありました。

IMG_4589
↑街並み

近代的ですねー。

IMG_4590
↑街並み

聖地が近いということもあり、
みなさんの服装がピシっとしてる気がします。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-イラン
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.